「 2017年05月 」一覧

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「空気を読む」って?①~日本人のコミュニケーション法

日本のコミュニケーションの土台は「空気を読む」?最近あまり使われなくなりましたが、空気を読めない、という意味で KY という表現の仕方もありましたし、政治絡みで言うと「忖度」というワードもありましたね。共通するのは「同調圧力」という認識だと思いますが、日本はこれが強いのかもしれませんね。

外国語活動と総合的な学習の時間②

前回のニュースからの考察の続きです。どうも現政権は「東京オリンピック」をだしにして、何でも自分たちの思いどうりに政策を進めようとしているようです。でなければ、授業の「コマ数が足りない!」などの状況が起こるはずがないのです。言語学習の改革をこのように無理やりに行う必要はあるのでしょうか。

外国語活動と総合的な学習の時間①

2017年5月17日付の時事通信による『小学英語「総合学習」でも=来年度から年15こま増ー新指導要領移行措置案・文科省』という記事を読んでの考察です。外国語活動が導入された経緯、そしてなぜか東京オリンピックが実施される2020年を見据えた計画、などについて述べています。

4つの力をいかに統合するのか③~指導の継続性

私たちは指導する前に、まず「生徒にどんな力をつけさせたいのか」というゴールをまず持たなければなりません。そのゴールは生徒にも明示し、共有しそのゴールに向かって共に進んで行こう、というスタンスで授業に取り組まなければならないのではないでしょうか。そこから授業は始まります。

中1英語の「読む力」について②~4つの実践例から

中1英語の「読む力」についての2回目。今回は私が教師であったときの4つの実践例です。地域性や学校サイズにより、さまさまな指導法が生まれてきますが、この実践例(特別変わったものではありませんが)が何らかの参考になってくれればいいと思います。興味のある方どうぞ読んで見てください。