「 2017年 」一覧

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関係代名詞について~who主格①

関係代名詞について、who の主格の1回目です。関係代名詞とは、説明を加える時の接着剤ですから、who は、当然「人」に説明を加える時に使われる関係代名詞です。またその後に続く「主格」とは、 「主語」のことで、「付け加える説明の文の中で who は主語の働きをします」という意味の言葉です。

関係代名詞について~基本編

関係代名詞についての基本編です。この基本編では、基本的な関係代名詞とどんな種類があるのかを説明しています。関係代名詞も、結局も「名詞」に対する説明の付け加えかたの1つです。その特徴として、文の形で接着剤(関係代名詞)を用いて説明を加えるという部分です。どうぞご覧ください。

3学年の2学期に押さえたいポイント②

3学年の2学期に押さえたいポイント。第2回目の今回は「現在分詞と過去分詞の後置修飾」をテーマとしました。後置修飾と難しい言葉が出てきますが、結局は名詞に対する説明の付け加え方にすぎません。そこで、現在分詞と過去分詞とは何かを確認した後に、名詞に対する修飾の仕方を説明しています。

3学年の2学期に押さえたいポイント①

3学年の2学期に押さえたいポイントの第1回目。今回のポイントは「形式主語の it」です。せっかく it が出てきたので、最初は、今まで学んできた it の使い方を確認しています。その後から、本題の形式主語の it についてできるだけ詳しく説明しました。どうぞご覧になって、参考にしてください。

2学年の2学期に押さえたいポイント③

2学年の2学期に押さえたいポイント。第3回目のテーマは「目的語を2つとる動詞」についてです。目的語を2つとるのですから、結局第4文型SVOOの説明となっています。それを動詞によって①「移動」バージョン ②「してあげる」バージョンの2種類に分けて、それぞれを説明しています。

2学年の2学期に押さえたいポイント②

2学年の2学期に押さえたいポイント。今回はその2回目で、「動名詞」を扱います。動名詞が出てくると生徒が混乱するのは進行形の ing形との違いです。その部分の違いから、動名詞がどのような意味を持ち、どのような場所(英語は語順が命なので)で、どのように使われるのかを示しています。

2学年の2学期に押さえたいポイント①

2学年の2学期に押さえたいポイントの第1回目です。今回のポイントは「to 不定詞」です。to 不定詞はとても重要な表現で、これを活用することにより表現力も高まります。ここでは、to 不定詞が持っている基本的な役割、そこから導き出される3つの用法を簡潔に説明していますので、どうぞご利用ください。

1学年の2学期に押さえたいポイント④

1学年の2学期に押さえたいポイントの4回目。今回のテーマは「WH疑問文とその答え方」です。WH疑問文は教科書では以外と軽く扱われていますが、英語力を高めるためにはとても大切な分野です。WH疑問詞の役割、やWH疑問文の構造などについて例文を用いてできるだけ詳しく解説しています。

1学年の2学期に押さえたいポイント③

1学年の2学期に押さえたいポイントの3回目。今回のテーマは「人称代名詞の変化」です。日本語は代名詞に適切な助詞を加えることにより、「主語」になったり、「目的語」になったりしますが、英語では「主格」「所有格」「目的格」でそれぞれの形に変化します。それをどのように定着させるか、について説明しています。

1学年の2学期に押さえたいポイント②

1学年の2学期に押さえたいポイントの2回目。テーマは「3単現の概念を押さえる」です。3単現は、あまり人称(1人称、2人称、3人称)にこだわりがない日本語を母語とする日本人としては、理解しづらいポイントです。これを「人称」とは?から始まり、できるだけ詳しく説明しています。

文の種類~感嘆文

文の種類、最後は感嘆文についてです。感嘆文とは、何かに感動、強い印象・驚きをもって、相手に「そのことを強調して表現する」文のことで、「まあなんて〜!」のような意味になります。さて、感嘆文には what で始めるものと how で始まるものがありますが、その違いがわかるでしょうか。

1学年の2学期に押さえたいポイント①

1学年の2学期に押さえたいポイントの1回目は、「複数形」を扱います。日本語にはもともとそんなに「複数形」を意識しない言語です。英語の「複数形」にはどんな意味があるのか、それとともに a / an / the と単数形はどんな時に使われるのかを具体的に説明しました。どうぞ参考に読んでください。

文の種類~命令文②

文の種類、命令文の2回目です。前回は、命令文の基本を扱いましたが、今回は、命令文に何かを加えた表現を説明しています。Let's と命令文、please と命令文 などの表現について解説をしています。例文を示して、できるだけわかりやすく説明していますので、どうぞお読みください。

文の種類~命令文①

文の種類、今回から命令文に入ります。命令文は、相手に何かの行動をすることを強いる文のことで、「〜しなさい」否定形であれば「〜するな」のような意味になります。ここでは、どうして命令文は動詞の原形から始まるのか、否定の命令文の作り方、それを強調した表現などを説明しています。

文の種類~疑問文⑥付加疑問文

文の種類、今回は疑問文の最後で、「付加疑問文」についてです。付加疑問文は、前にある文に、疑問形を付け加えて、「〜ですね」と相手の同意や確認を求める文のことです。前にある文が、肯定文か否定文で、付加疑問文の作り方も違うので気をつけましょう。