WH疑問文について~①基本編その1

今回から 夏期講習~「WH疑問文について」
お話していきます。

よろしくお願いします。

まずは、疑問文の種類について。

4種類の疑問文

疑問文には、大きく4つに分けて
① Yes / No Question
→ 答えが Yes / No で答えられる疑問文
ex.  Does Emi like cats ?   Yes, she does. / No, she doesn’t.

② WH 疑問文
→ WH疑問詞で始まり、Yes / No で答えられない疑問文
ex. How is the weather today ? It’s rainy.

③ 選択疑問文
→ 答えが 2者択一で答える疑問文
ex. Did you come to school by bus or on foot?  On foot.

④ 付加疑問文
→ 相手に同意を求めたり確認したりする、疑問文
ex. Ken looks tired, doesn’t he?  Yes, he does.

があります。

WH疑問文の WH って?

今回は、この4種類のうちの WH疑問文を
扱いますが、最初にこのWH について確認しましょう。

WH疑問文の WH とは、

疑問詞、または WH 疑問詞のことを言います。

よく、「文を書くときは、5W1Hを意識して」とか
言われますが、その 5W1Hのことです。

具体的に見ると、
who:「だれ」・・・「人」をたずねます
what:「なに」・・・「物の名前」をたずねます
when:「いつ」・・・「時」をたずねます
where:「どこ」・・・「場所」をたずねます
why:「なぜ」・・・「理由」をたずねます
※これが 5Wです。

how:「どのような、に」・・・「感想、状態、程度、手段」をたずねます
※これが 1Hです。

すなわち、WH疑問詞とは
様々な情報を求める時に使われる言葉です。

この6つの疑問詞が基本ですが、
この他にも、

which:「どちら/ どれ」・・・「限定された選択肢」から選びます
※2つとは限りません。2つ・人以上のものからの選択です。
・how:「程度」をたずねる言葉なので、いろんな言葉と
くっついて様々な「程度」をたずねることができます。
ex.1 how many +複数形:「数」
ex.2 how much:「値段」
ex.3 how long:「期間」「長さ」
ex.4 how old:「年齢」「古さ」
ex.5 how tall:「身長」
などなど・・・・

があります。

今回は、ここまで。
次回は、基礎編の「2」として、
基本的な WH 疑問文のたずね方をお話します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする