中1英語の「話す力」について①~押さえておくべき4ポイント

今回から「話す力」についてお話します。

話す力について

現在では、どの中学生も「外国語活動」を経験してきているので、
それ以前の子どもたちと比べると、「英語を話す」ということに
対しての「経験値」は、間違いなく高くなっています。

ところが、経験値が高くなると、
子どもによって、それが「プラス」に働く場合と、
「マイナス」に働く場合が起きてきます。

「プラス」とは、


→外国語活動の「話す」活動の成功経験を土台として
中学校英語に積極的に、意欲的に、取り組める、と言う意味です。

「マイナス」とは、


→2年間の外国語活動の「話す」活動で、うまく自分を表現することが
できず、「英語」に対して最初から何らかの抵抗感を既に
持ってしまっている、という意味です。

 

この現実が、中学校の英語教員からすれば、
「外国語活動が始まったせいで、入学時に既に英語嫌いが
いて、指導しづらい」と言わせる原因です。

ですから、
中学校の英語教員は、その事実を織り込み済みで
生徒たちを指導する必要があるのです。

4つのポイント

それでは、どのようなポイントを押さえて、指導しなければ
いけないのか。以下のような4つのポイントがあります。

①外国語活動で経験してきた活動を土台とする。 ②ペアでの活動を重視する。 ③「話す」と「聞く」をきちんと関連づける。 ④教科書よりも「話す」「聞く」の部分は文法的に先行すること。

 

次回から、
この4つのポイントについて順にお話します。

 

「中1英語の『話す力』について」は「①」から「⑤」まであります。
時間のある方は、下記をクリックして「②」を読んでみてください。

 

中学校英語の基礎固め用のブログを作りました!
ブログ「5問で復習-中学校英語の基礎」

このブログは、
中学生を対象としたものです。
英語の基礎固めを目的として、
毎回のテーマに合わせた問題が5問出題され、
次のページで
それに対する解答・詳しい解説がなされる、
という構成になっています。
興味がある方は、どうぞ訪問してみてください。

中1の4つの力指導法
スポンサーリンク
keiをフォローする
英語の素 eigonomoto.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました