関係副詞〜基本編

・今回から、「関係副詞」について解説しています。
まずは、「基本編」!
👉中学校では、よく「ここの関係代名詞が・・・・・」と
先生方が説明したりしますが、
この「関係代名詞」と「関係副詞」との違いがはっきりわかりますか?
中学校では、出てこないこの「関係副詞」について、
用語の説明も含めて、基本的な部分を取り上げていきます。

▶︎この関係代名詞と関係副詞をまとめて、
関係詞と呼びますが、この「関係詞」の役割から見てみましょう。

関係詞=関係代名詞(中学校で学習)+関係副詞(高校で学習)

関係詞の役割

・もともとの
「関係詞」とは、何かを簡単に説明しましょう。

関係詞とは、説明(文)を加える接着剤

・「関係詞」の「関係」とは、
「説明を加える名詞(先行詞)」と「説明(文)」つなげるという意味です。

▶︎英語の「説明の加え方」の基本は、
「形容詞の前置方法」を除くと、ほぼ「後ろに置く(後置方法)」がメインです。
・英語での「名詞」の説明の加えた方には次のようなルールがあります。

a. 冠詞 b. 形容詞 名詞 その説明

🔸a. 冠詞の部分には
・a/an, the
・「この」「あの」にあたる、this (these), that(those)
・所有を示す my, your や Ken’s など
・数を示す some, a lot of, many, two など
が置かれます。

🔸b. 形容詞の部分には
・young, old などの形容詞
・sleeping, standing などの現在分詞(1つ)
・broken, baked などの過去分詞(1つ)
が置かれます。

この他に、
名詞に「説明」を加える場合は、
その後ろに並べるのですが、その説明は下記の6種類があります。

冠詞形容詞名詞 その説明
a good bookstore ①前置詞+名詞〜 👉near my house
②過去分詞〜 👉built just last year
③現在分詞〜 👉standing by the sea
④to 不定詞〜 👉to visit
⑤関係詞〜 👉which has a lot of books
⑥主語+動詞〜 👉my father likes very much

 

・このように、
関係詞とは、
「名詞(先行詞)」と「その説明の文(節)」をつなげる接着剤のことなのです。
※⑥の「主語+動詞〜」の説明の加え方は、
関係代名詞の目的格が省略されたものと考えていいものです。

関係代名詞と関係副詞の違いは?

・では、関係代名詞の例文を見てみましょう。

関係代名詞のつなぎ方

▶︎the girl ⇦ who played with a dog
【先行詞】⇦【関係代名詞(主語)+動詞+〜】
(犬と遊んでいた⇨少女)

👉「先行詞」が “the girl” で、
それに「説明を文の形で」加えます。
「説明」は、”she played with a dog” です。
➡️ the girl と 代名詞 she が同じ人です。
➡️「代名詞(主格)」で文をつなげる接着剤 who(関係代名詞)を使います。
➡️ the girl who played with a dog となります。

・では、関係副詞ではどうでしょう?

関係副詞のつなぎ方

▶︎the house ⇦ where she lives
【先行詞】⇦ 【関係副詞(場所)主語+動詞】
(彼女が住んでいる家)

👉「先行詞」が “the house” で
それに「説明を文の形で」加えます。
「説明」は、”she lives in it” です。
➡️ the house と in it の it は同じものです。
➡️ in it は場所を表す表現(副詞句)で、文をつなげる接着剤 where(関係副詞)を使います。
➡️ the house where she lives となります。

結局、その違いは?

・違いをまとめると、次のようになります。

🔴「関係代名詞」
▶︎説明文の中で、その関係詞が、代名詞の役割をするをするもの。
(その関係代名詞が、
・主語の働きをするものを「主格」
・目的語の働きをするものを「目的格」
・所有格の働きをするものを「所有格」
と呼ぶ。)

🔴「関係副詞」
▶︎説明文の中で、その関係詞が、副詞の役割をするもの。
・「場所」を表す部分を where
・「時」を表す部分を when
・「理由」を表す部分を why
・「方法・手段」を表す部分を how
という関係副詞を用いて表現することができる。

関係副詞には、関係代名詞で表現できるものもある

・上記の「関係副詞」の例として挙げた
the house where she lives は、
“the house” にだけに注目すると、関係代名詞 which で表現することもできます。

the house + she lives in it
▶︎「場所」を強調して:the house where she lives
▶︎「家」を強調すると:the house in which she lives

このように、
文によっては、「関係副詞」の英文を、「関係代名詞」を用いて表現することが
できるものあります。

関係副詞の種類

・関係副詞には、下記の4種類があります。
具体的な解説は、別にしますが、今回は、
「先行詞」とそれに伴う「関係副詞」を紹介します。

先行詞 場所を表す語 時を表す語 reason(s) なし
関係副詞 where when why how

次回から、
この4つの関係副詞について、1つずつ解説して行きます。

今回はここまで。

※関係副詞については、本記事を含めて下記の6つの記事があります。
興味がある方はどうぞクリックしてご覧ください。
関係副詞〜基本編
関係副詞〜where
関係副詞〜when
関係副詞〜why
関係副詞〜how
関係副詞〜コンマの有無

 

中学校英語の基礎固め用のブログを作りました!
ブログ「5問で復習-中学校英語の基礎」

このブログは、
中学生を対象としたものです。
英語の基礎固めを目的として、
毎回のテーマに合わせた問題が
5問出題され、
次のページでそれに対する
解答・詳しい解説がなされる、
という構成になっています。
興味がある方は、
どうぞ訪問してみてください。

関係副詞高校
スポンサーリンク
keiをフォローする
英語の素 eigonomoto.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました