21-ラジオ英会話「 語順」の Review ㉓

1週間の「ラジオ英会話」の文法内容を復習として
「語順」の Review をします。
基本的には、
週末に tweet で発信してきたものを、  
ブログで、まとめたものです。

それでは第23週 ( 9月 Week 3 )の復習です。

🔴「基本」
・「基本文型を拡張」
・「文の説明」
・「動詞句の説明」
・「名詞の説明の仕方」
・「関係代名詞節の修飾の仕方」
・「関係副詞節の修飾の仕方」
・「関係詞節修飾の非制限用法」
・『「指定」する「形容詞」の使い方』は
今まで学習してきた内容の紹介です。
必要ない方は、飛ばして「Week 23『語順』の review」をご覧ください。

基本

🔴4月、5月で学んだ「修飾語順規則」「基本文型」の基礎的内容
を学びました。

基本文型を拡張

🔴6月では、5月に学んだ「基本文型」を、節・to不定詞・動詞-ing形・過去分詞を
を使って拡張しました。
4月、5月の「基本」と6月の「基本文型の拡張」についてチェックしたい人は、
下記をクリックしてください

👉語順の基本とその拡張

文の説明

🔴7月からは、説明ルールをさらに具体的に学んでいます。
※文の説明については、
下記でまとめましたので確認したい人は、クリックしてください。

👉「文の説明」まとめ

動詞句の説明

🔴「文の説明」の次には、「動詞句の説明」について勉強しました。
※「動詞句の説明」については、
下記でまとめましたので確認したい人は、クリックしてください。

👉「動詞句の説明」まとめ

「名詞」の説明の仕方

🔴「動詞句の説明」の次には「名詞」の説明の仕方を学びました。
※「名詞」の説明の仕方については、
下記でまとめましたので確認したい人は、クリックしてください。

👉名詞」の説明の仕方

「関係代名詞節」の修飾の仕方

🔴8月は1ヶ月かけて「関係代名詞節修飾」について学びました。
※「関係代名詞節」の修飾の仕方については、
下記でまとめましたので確認したい人は、クリックしてください。

👉「関係代名詞節」の修飾の仕方

「関係副詞節」の修飾の仕方

🔴「関係代名詞」の後には、「関係副詞」について勉強しました。
※「関係副詞節」の修飾の仕方については、
下記でまとめましたので確認したい人は、クリックしてください。

👉「関係副詞節」の修飾の仕方

「関係詞節修飾」の非制限用法

🔴「関係詞節」の最後には、「非制限用法」について学びました。
※「非制限用法」については
下記でまとめましたので確認したい人は、クリックしてください。

👉「関係詞節修飾」の非制限用法

「指定」する「形容詞」の使い方

🔴9月からは、「指定ルール」についての学習が始まりました。
最初に取り上げたのは「形容詞」の使い方です。
※「形容詞」については
下記でまとめましたので確認したい人は、クリックしてください。

👉「指定」する「形容詞」の使い方

 

さて、今週のまとめです。

Week 23 の「語順」review

・「指定ルール:指定は前に置く」
– このルールは修飾の語順一般を決定する重要ルールです。
– Week 21 からは、この「指定ルール」について勉強します。

Lesson 111 副詞⑤:確信の度合いを表す副詞

🔴「副詞」とは「名詞以外」を修飾する要素のこと
🔴「副詞」も「名詞以外」のものの前に置いて、「名詞以外」を指定します。
※「副詞」⇨「名詞以外のもの:形容詞、前置詞句、動詞句など」

🔵確信のレベルを表す副詞は、常に「前置き」です。
👉こうした副詞は文頭に置くことも可能
※特に perhaps や maybe などは文頭が好まれる傾向があります。

[Key] You probably think I’m crazy for dumping her, right?
※あなたはおそらく、私が彼女をふるなんて正気ではないと思っていますよね?
▶︎ probably「たぶん・おそらく」は、
かなり高い確信を表す副詞です。
– probably が think の前に置かれているのは、
単に「思う」ではなく、「おそらく思う」と、後続内容について
確信のレベルを指定しているため。

[1] We will definitely [surely/certainly] vote for you.
※私たちは 絶対[きっと / きっと]あなたに投票します。
▶︎ definitely を vote for you の前に置いて、
単に「vote for you」ではなく、「絶対レベルで vote for you」と
レベル指定しています。

[2] Perhaps we will vote for you.
※おそらく私たちはあなたに投票します。
▶︎こうした副詞は文頭に置くことも可能。
– 文頭に置いて、文全体をしても意味は変わりません。

 Lesson 112  副詞⑥:話し手の評価

🔴「副詞」とは「名詞以外」を修飾する要素のこと
🔴「副詞」も「名詞以外」のものの前に置いて、「名詞以外」を指定します。
※「副詞」⇨「名詞以外のもの:形容詞、前置詞句、動詞句など」

🔵話し手の文全体に対する評価を表すフレーズは、文頭が定位置

[Key] Obviously, you need to be more focused on this mission.
※当然のことながら、あなたは今回の任務にもっと集中する必要があります。
▶︎この文の obviously で話し手は、
後続する文全体について、「明らかに」という評価を行なっています。
– 文全体に対して「明らかに」と指定するため、「指定ルール」により
文頭が定位置

[1] Happily, no one was badly injured.
※幸運なことに、誰もひどいけがをしなかった。
▶︎ happily が文頭に置かれ、文全体への評価が示されています。

[2] Unfortunately, almost nobody uses word processors now.
※残念ながら、今ではほとんど誰もワープロを使っていません。
▶︎ unfortunately が文頭に置かれ、文全体への評価が示されています。

 Lesson 113  副詞⑦:話し手の発言態度

🔴「副詞」とは「名詞以外」を修飾する要素のこと
🔴「副詞」も「名詞以外」のものの前に置いて、「名詞以外」を指定します。
※「副詞」⇨「名詞以外のもの:形容詞、前置詞句、動詞句など」

🔵発言態度を表すフレーズには、さまざまなものがあるが、やはり文頭が定位置
👉as far as I know, as far as I am aware, to the best of my knowledge などの
フレーズは、リスク回避を行うための便利な表現でもある。

{Key] As far as I know, it is the oldest site in the world.
※私が知るかぎりでは、世界最古の遺跡です。
▶︎この文では、
as far as I know が文頭に置かれ、どういった態度で発言をしているのかを明示。
– 文頭に置かれているのは「指定ルール」で、文全体を指定しているから。

[1] Seriously, you should lose some weight.
※真面目な話、あなたは少し体重を落とすべきです。

[2] Honestly, I have no idea where she went.
※正直なところ、私は彼女がどこに行ったのかまったくわかりません。

[3] To tell the truth, he is a real jerk.
※本当のことを言うと、彼は本当に嫌なヤツなんです。

[4] To put it mildly, it’s the worst Chinese food I’ve ever had.
※控え目に言って、私がこれまで食べた中国料理の中で最悪のものです。

 

 

 

 

 Lesson 114  否定①:基礎

🔴 not は否定したいフレーズの「前」に置かれる。「指定ルール」から
🔴 否定の not を語順どおり意識し並べること。

[Key] I didn’t watch any TV yesterday.
※私は昨日、テレビは何も見ませんでした。

 

 

これで、
Week 23 の「語順」review は終了!

 

👉 Week 24 は、
「否定②:否定は「前」が定位置」から始まります。(9月20日〜)

中学校英語の基礎固め用のブログを作りました!
ブログ「5問で復習-中学校英語の基礎」

このブログは、
中学生を対象としたものです。
英語の基礎固めを目的として、
毎回のテーマに合わせた問題が5問出題され、
次のページで
それに対する解答・詳しい解説がなされる、
という構成になっています。
興味がある方は、どうぞ訪問してみてください。

語順の Reviewラジオ講座
スポンサーリンク
keiをフォローする
英語の素 eigonomoto.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました