22 -ラジオ英会話 3/1

今日の「ラジオ英会話」の勉強内容です。
tweet で発信してきたものを、
ブログで、まとめたものです。
(基本的に、テキストに書かれているものは省略しています)

2月のテーマは受動態・比較

👉2月号のテーマは「受動態・比較」。
– 今まで学んだ配置の知識を使って表現の場を広げていきます。

lesson 学習内容
2月 ( Week 1) Lesson 201 〜 204 受動態①〜④
2月 ( Week 2) Lesson 206 〜 209 受動態⑤〜⑧
2月 ( Week 3) Lesson 211  比較①:比較表現のバリエーション
Lesson 212 〜 214 比較②〜④:as 〜 as … 表現
Lesson 216 〜 219 比較⑤〜⑧:as 〜 as … 表現

▶︎先週に続き、今週も引き続き「比較」を学びます。

Lesson 222  比較⑩:比較はバランスを大切に(比較級)

Opening で

Roza
▶︎ Hey, everyone. Akino Roza here.

Chris
▶︎ Chris McVay here. I’m glad you could remember your name, Roza.
And a question for you : How would you rate my computer skills?

Roza
▶︎ Umm… I think you should stick to real paints and brushes.

Chris
▶︎ That wasn’t the answer I was hoping for.

Dialogue で

① Bob, look at this watercolor painting.
👉 watercolor painting「水彩画」というわけです。
こういう表現を素通りをしないで、しっかりと1つ1つ身につけてください。
知っていれば、必ず使う機会はあります。

② No, my daughter Kaylie did.
👉 my daughter Kaylie -「同格」です。
my daughter – それを Kaylie という名前で説明しているわけです。
👉そして、did でこの文は終わっています。
もちろん、前の Did you paint it? – この paint it を受けて、
did と言っているわけです。
▶︎こうやって受ける単語で練習することは大切です。

③ It looks like a real watercolor.
👉 looks like「〜のように見える」というわけです。

④ I‘m terrible with computers.
👉 I’m terrible with 〜 というフレーズが出てきました。
be terrible with – これは「〜が苦手」という表現ですね。
「私は terrible だ」と言っているわけです。そして「コンピュータと
一緒の状況」が頭の中で、想像されているというわけです。

 

 

 

 

Ending

Onishi
▶︎ You know, it’s much more fun to watch Chris play table tennis
than to play it with him.

Chris
▶︎ Umm… You don’t want to play table tennis with me?

Roza
▶︎ ‘Cause he doesn’t wanna lose. That’s why!

Onishi
▶︎ That’s right!

Words and Phrases

① rate
👉〜を評価する
② stick to 〜
👉「〜にくっつく ⇨こだわる・固執する・忠実に守る」
③ time-consuming
👉時間がかかる

 

これで、
Lesson 222 は終了!

中学校英語の基礎固め用のブログを作りました!
ブログ「5問で復習-中学校英語の基礎」

このブログは、
中学生を対象としたものです。
英語の基礎固めを目的として、
毎回のテーマに合わせた問題が
5問出題され、
次のページでそれに対する
解答・詳しい解説がなされる、
という構成になっています。
興味がある方は、
どうぞ訪問してみてください。

ラジオ講座21年度ラジオ英会話
スポンサーリンク
keiをフォローする
英語の素 eigonomoto.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました