「 2018年 」一覧

スポンサーリンク
スポンサーリンク

比較〜最上級

「比較」表現の最後は、「最上級」です。もちろん、基本的な最上級の表現の仕方も大切ですが、その他の「強調」する表現や、よく使われる表現なども、例文と詳しい解説を読みながら確認してみましょう。

比較〜比較級

比較表現の3回目。今回は「比較級」を取り上げました。「比較級」にも3種類あります。① -er で終わる比較級 ②長い単語の比較級 ③不規則な変化をする比較級 どちらのしっかりと確認し、その他にた大切な表現も解説しています。どうぞご覧ください。

比較〜as…..as の表現

比較表現の2回目。今回は、同程度の示す as ..... as を取り上げました。なぜこのような形の文になっているのから始め、基本から、少し応用的な表現まで幅広く as ..... as の使い方について解説しています。どうぞご覧ください。

比較〜基礎編

今回から、「比較」について解説していきます。最初は「基礎編」として、「比較」とはどんな表現方法なのか、そして語形変化について説明しています。どうぞご覧ください。

未来進行形について

「時」表現の最後、「未来」における「進行形」についてです。この形は中学校では出てこないのですが、基本的なニュアンスはほぼ同じなので、あえて取り上げました。基本的な部分を理解してくれればそれで十分だと思います。どうぞご覧ください。

will と be going to について

「時」表現が、「未来」に入ります。英語には「未来形」というものはありませんが、どうしてでしょう?また、英語での代表的な「未来」を示す表現方法には何があるのでしょうか?そのようなことを例文を使い、詳しく説明しています。どうぞご覧ください。

過去形と過去進行形との違い

今回は、「過去形」と「過去進行形」の違いを扱いました。「過去形」のもつニュアンス、「過去進行形」のもつニュアンスを再確認し、その違いを例を示して解説しています。また、「進行形」の部分においては「高校レベル」の内容にまで踏み込んでいます。どうぞご覧ください。

過去進行形について

今回は過去進行形を扱いました。現在進行形と、基本的に同じニュアンスをもっているので、現在進行形をしっかりとチェックできた人は過去進行形も大丈夫です。それでは確認のためにご覧になってくください。

過去形について

「時」表現、今回から「過去」の分野に入ります。「過去」の表現、第1回目は、「過去形」についてです。「過去形」は、だた「過去」のことを表現するだけの形ではなく、もっと大きなニュアンスをもっています。例文を含めて解説していますので、どうぞご覧ください。

現在形と現在進行形との違い

今回は、現在形と現在進行形の違いを扱っています。注意しないと、どちらの表現を使えばいいのかわからなくなる時もありませんか。できるだけそのような部分を詳しく説明しています。どうぞご覧ください。