冠詞と名詞〜①複数形と a/an, the

冬季講習のテーマ編
「冠詞と名詞」を、今回から始めます。

a/an, や the, そして復習形などの形が
一旦出揃うのは、

中1の2学期です。

そこで、
「冠詞と名詞」の第1回目は、
「指導法」の
「各学期ポイントー1年2学期」
ですでにアップしたものを、
少しリメイクして、掲載します。

「複数形」の概念から、
「単数形」の考えも確認していくという形に
なってますので、
ここからを土台として、

さらに「冠詞と名詞」について
深めて考えていきます。

それでは、
どうぞ。


複数形の概念を押さえる

日本語にはない、

単数形と複数形の違い

を名詞の使い方のポイントとして押さえることはとても大事なことです。

この場合一番大きな基本的なポイントは、
「英語では、一般的な話をする場合、名詞は複数形」という
部分を理解しているかどうかなんです。

日本語には複数形がない!

考えてみると、
日本語には、「複数形」がありません
(若者たち、のように「たち」をつけて「複数」であることを強調することもできますが、「若者」でも一般的に複数を意味します。)

日本語は、
「数+名詞」の形で、複数形を表現しますし、
「数がはっきりしない、一般的なもの言う」場合は、ただ単に「名詞」で表現します。

例1 私は二匹の猫を飼っています。・・・「数+名詞」=「二匹の+猫」
例2 私は猫が好きです。・・・「一般的な猫」=「猫」

この「一般的なもの」を表現する場合、
英語では、「複数形」を用いるのです。

英語の「複数形」は「一般的なもの」を示す

英語の「複数形」の一番大きな役割は、
「一般的なもの」を示す、という点です。

ex. 1  Ken likes dogs.   ・・・ケンは、「一般的に言う」犬が好きです。
ex. 2  Teachers are busy.・・・「一般的には」先生は忙しい。

これに、少し条件をつけると
ex. 3 Ken likes some dogs. ・・・ケンは「ある種の」犬が好きです。
→ケンには好きな犬もいます。
ex. 4 Many teachers are busy.  ・・・「たくさんの」先生方は忙しい。
のような表現もできます。

・・・ここで少し some についてのお話を。

some は「いくつかの」ではない!

・some の意味は、中学校では「いくつかの」で
ほぼ間違いなく教えていると思いますが、そこもまた違います。

some は「~というのもある / いる」という意味なんです。

英語では
「複数形」だけであれば・・・一般的なこと、全体的なものを指しますが、
some +「複数形」であれば・・・その一部がそうである、というニュアンスになるのです。

ここから、「~というのもある / いる」という意味が出てきます。

ex. 5  I have four rice balls and some grapes. from New Crown 1  Lesson 4
ー4つのおにぎりとブドウもあります。
ex. 6  I see some plastic bags.     from New Crown 1  Lesson 4
ービニール袋も見えますね。

話を戻しましょう。

それでは、

「単数」の形はどんな時に使われるのか?

・当然、「単数」は「物や人」が1個・1人の時に使う形でしょう!
となるのですが、ここで注目することは、

英語では「単数形」をそのままで使うことはない!
必ずその前に a/an , the, one などが付くのです。

ex.1  I like cats. ・・・私は「一般的に言う」猫が好きです。

ex.2  I like a cat.・・・私は「不特定の1つの」猫が好きです。

ex.3  I like the cat.・・・私は「特定の1つの」猫が好きです。

ex.4  I like one cat.・・・私は(1つという数字を強調して)猫が好きです。

のような意味になります。

英語の名詞が、「複数形」が「一般的なもの」を示すのであれば、
単数形の前につく a/an や、the、one は
「一般的なもの」から「1つ」のもの・人に焦点化させるもの
ということになります。

 

それでは、さらに詳してく a/an、one、the を見てみましょう。

a/an、one と the の基本性格

※ a/an と one は同じ語源から来ている
・a/an と one は語源が同じです。そこから共通の性格があります。
その共通の性格(特徴)は、
「会話に新しい話題を投げ込む」というものです。

ex.1 I have a cat.
・・・「私」は猫を飼っていますが、そのことを新しい話題として「今初めて」言ったという状況
ex.2  One chicken is crossing the road.
・・・「一羽の鶏」が道を横切っている、ということ新しい話題として「今初めて」言ったという状況

※これと真逆の性格(特徴)を持っているのが、the
・the の特徴は、
「会話でもう既に話題に出たことを示す」というものです。

ex.3  ( I have a cat. ) The cat is very cute.
・・・上記の ex.1 からつなげるとこのような例文ができます。もう既に「話題にでました」と示しています。

この a/an、one、the の後の単数形がくると・・・

上記の例文 ex.1 ~ ex.3 を使ってお話します。

※ a/an +単数形であれば・・・
ex.1  I have a cat.
【一匹の「猫」を新しい話題として出して、その「猫」がどの猫か「相手」が1つに決められない。】

※ one +単数形であれば・・・
ex.2  One chicken is crossing the road.
【一羽の「鶏」を新しい話題として、その「鶏」が道路を横切っている唯一の鶏である。】

※ the +単数形であれば・・・
ex.3  The cat is very cute.
【一羽の「猫」がすでに話題として出ていて、その「猫」が既に特定されている<ここでは、話者の「I」が飼っている猫である。>】

まとめると

① a/an +単数形
→「会話に投げ込まれた新しい話題」で「相手」が1つに決められないもの

② one +単数形
→「会話に投げ込まれた新しい話題」で唯一・独自のもの
(「1」という数字だけを強調する場合もある。)

③ the +単数形
→「会話にすでに出た話題」で1つに特定できるもの

ということになると思います。

このように、単数形に a/an、one、the などをつけることにより
「一般的なこと」を示す「複数形」を焦点化するという役割をしているのです。

 

複数形と単数形のポイントを話をしている間に、
細かすぎる内容になってしまいました。

中学生では、ここまでこと細かい部分まで説明する必要はありませんが、その背景にこのような考え方があるというのは知っている必要はあると思います。

今回はここまで。

 

おまけ・・・I like cats. と I like a cat. の違い

複数形は「一般的ななもの」、a/an 単数形は『新しい話題で「相手」が1つに決められないもの』ですから、どちらもほぼ「私は猫が好きです。」という意味になります。

細かい違いを言えば・・・
I like cats.・・・「一般的な」猫が好きである。
I like a cat.・・・「新しい話題」で、「I」が好きな「猫」は頭の中にあるが、それが「会話の相手」にはわからないので1つのものに絞れない。
~という状況です。

ですから、
「会話の相手」は、I like a cat. と言われれば、その後に何らかの「猫の情報」が来るだろうと推測しているのです。

今回はここまで。

「冠詞と名詞」は、「①」から「⑤」まであります。
次の「②」の記事も読みたい方は、下記をクリックしてください。

中学校英語の基礎固め用のブログを作りました!
ブログ「5問で復習-中学校英語の基礎」

このブログは、
中学生を対象としたものです。
英語の基礎固めを目的として、
毎回のテーマに合わせた問題が5問出題され、
次のページで
それに対する解答・詳しい解説がなされる、
という構成になっています。
興味がある方は、どうぞ訪問してみてください。

中学校 冠詞と名詞
スポンサーリンク
keiをフォローする
英語の素 eigonomoto.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました