「 2017年07月 」一覧

スポンサーリンク
スポンサーリンク

WH疑問文について~when①

WH疑問文について、今回からは when を扱います。when は「時」をたずねる便利な疑問詞で、「いつ」という意味です。記事の中では、英語の基本語順の中での「時」を示す場所(決まっているんです)、と be動詞を用いた疑問文を扱っています。どうぞご覧ください。

WH疑問文について~who④

WH疑問文、who についての4日目で、今回が who の最後です。what の時、What is in the box? のような質問に答える時は要注意、という話をしましたが、それでは Who is in this room? のような質問には、どのように答えればいいのでしょうか、というのが今回のテーマです。

WH疑問文について~who③

WH疑問文、今回は who の3回目です。今回は、who が主語の場合です。日本語でも「これを壊したの誰ですか(誰がこれを壊したのですか)。」のように、who が主語になる文を普通に用いています。英語の場合、その時語順が変わるので注意しましょう。また、答えるときは「代動詞」をチェック!

WH疑問文について~who②

WH疑問文、who の2回目です。前回は、be動詞を用いた who の疑問文でしたが、今回は、一般動詞を用いた who の疑問文についての説明です。what の時と、「一般動詞の疑問文」の作り方を確認していますが、もう大丈夫だという人はその部分を飛ばして、次の項目を読んで見てください。

WH疑問文について~who①

WH疑問文、今回から who に入ります。who は「人が誰であるか」をたずねる疑問詞です。「もの」をたずねる what と同じように who の疑問文の作り方とそこから答え方を確認し、be動詞を用いた who の疑問文について述べています。記事を読みながら what と使い方は同じであることを再確認しましょう。

WH疑問文について~⑩what その6

WH疑問文、what の6回目で、最後です。今回は、その他の what を使った表現を取り上げました。どれも中学校のテストなどでよく出題される形(会話形も含む)を掲載しましたので、どうぞチェックして見てください。

WH疑問文について~⑨what その5

WH疑問文、what の5回目です。今回は、what が主語で What + be動詞〜?の形、とその答え方(これは今までちょっと違うので要注意の表現です)、それと「その他の what を用いたよく出る表現」を取り上げました。どれも良く見かけるけど、実はあまりわかっていないんじゃないかな、という表現です。

WH疑問文について~⑧what その4

WH疑問文、what の4回目。今回は what が「主語」の場合です。what が「主語」となる場合は、 What +動詞+〜?の形になるのですが、英文をよく見て判断しないと間違えてしまいます。また、答え方では、「代名詞」ではなく「代動詞」を用いることが多いので確認して答えられるようにしましょう。

WH疑問文について~⑦what その3

WH疑問文、what の3回目です。今回は 「what +名詞」の形を取り上げました。生徒は what に「何(疑問代名詞)」という意味と「何の(疑問形容詞)」の2つがあることを丁寧には教えられていないようです。そのため 「what は what だけで使う」という変な固定観念に取りつかれてしまうようです。

WH疑問文について~⑥what その2

WH疑問文のうち what を扱った2回目です。今回はまず最初に一般動詞の疑問文の作る方を確認しています。これは、WH疑問文の大部分は、「WH疑問詞+疑問文?」の形なので、「疑問文」の形が理解されていないとWH疑問文もできないからです。基本的な部分で、再確認しましょう。