「 2017年07月 」一覧

スポンサーリンク
スポンサーリンク

WH疑問文について~when①

WH疑問文について、今回からは when を扱います。when は「時」をたずねる便利な疑問詞で、「いつ」という意味です。記事の中では、英語の基本語順の中での「時」を示す場所(決まっているんです)、と be動詞を用いた疑問文を扱っています。どうぞご覧ください。

WH疑問文について~who④

WH疑問文、who についての4日目で、今回が who の最後です。what の時、What is in the box? のような質問に答える時は要注意、という話をしましたが、それでは Who is in this room? のような質問には、どのように答えればいいのでしょうか、というのが今回のテーマです。

WH疑問文について~who③

WH疑問文、今回は who の3回目です。今回は、who が主語の場合です。日本語でも「これを壊したの誰ですか(誰がこれを壊したのですか)。」のように、who が主語になる文を普通に用いています。英語の場合、その時語順が変わるので注意しましょう。また、答えるときは「代動詞」をチェック!

WH疑問文について~who②

WH疑問文、who の2回目です。前回は、be動詞を用いた who の疑問文でしたが、今回は、一般動詞を用いた who の疑問文についての説明です。what の時と、「一般動詞の疑問文」の作り方を確認していますが、もう大丈夫だという人はその部分を飛ばして、次の項目を読んで見てください。

WH疑問文について~who①

WH疑問文、今回から who に入ります。who は「人が誰であるか」をたずねる疑問詞です。「もの」をたずねる what と同じように who の疑問文の作り方とそこから答え方を確認し、be動詞を用いた who の疑問文について述べています。記事を読みながら what と使い方は同じであることを再確認しましょう。

WH疑問文について~what⑥

WH疑問文、what の6回目で、最後です。今回は、その他の what を使った表現を取り上げました。どれも中学校のテストなどでよく出題される形(会話形も含む)を掲載しましたので、どうぞチェックして見てください。

WH疑問文について~what⑤

WH疑問文、what の5回目です。今回は、what が主語で What + be動詞〜?の形、とその答え方(これは今までちょっと違うので要注意の表現です)、それと「その他の what を用いたよく出る表現」を取り上げました。どれも良く見かけるけど、実はあまりわかっていないんじゃないかな、という表現です。

WH疑問文について~what④

WH疑問文、what の4回目。今回は what が「主語」の場合です。what が「主語」となる場合は、 What +動詞+〜?の形になるのですが、英文をよく見て判断しないと間違えてしまいます。また、答え方では、「代名詞」ではなく「代動詞」を用いることが多いので確認して答えられるようにしましょう。

WH疑問文について~what③

WH疑問文、what の3回目です。今回は 「what +名詞」の形を取り上げました。生徒は what に「何(疑問代名詞)」という意味と「何の(疑問形容詞)」の2つがあることを丁寧には教えられていないようです。そのため 「what は what だけで使う」という変な固定観念に取りつかれてしまうようです。

WH疑問文について~what②

WH疑問文のうち what を扱った2回目です。今回はまず最初に一般動詞の疑問文の作る方を確認しています。これは、WH疑問文の大部分は、「WH疑問詞+疑問文?」の形なので、「疑問文」の形が理解されていないとWH疑問文もできないからです。基本的な部分で、再確認しましょう。

WH疑問文について~what①

WH疑問文の今回は what を扱います。WH疑問文では、その文のでき方がわからない人が多いので、よくテストに出る「下線部をたずねる英文を作りなさい」の形式に答える形で、1つ1つ丁寧にWH疑問文ができるステップを紹介しています。この考え方は全てのWH疑問文に共通するので、要チェック!

WH疑問文について~④「疑問文」とその「答え方」の確認

WH疑問文の基礎編の最後です。今まで取り上げてきた「WH疑問文の作り方の2つのルール」と「WH疑問文の答え方の4つのルール」を再確認しましょう。この「作り方」と「答え方」のルールをしっかりと覚えておけば、後はそれぞれのWH疑問詞の特徴を押さえておけば大丈夫です。この後はそれぞれのWH疑問詞を扱います。

WH疑問文について~③基礎編その3「答え方」

WH疑問文は、その作り方も苦手としている生徒が多いのですが、それ以上に「答え方」がわからない、という人が多いようです。実は「答え方」は、そのWH疑問文をしっかり見るとわかるようになっているのです。疑問文の「主語」「動詞」「目的語」を見て、必要なものは代名詞に換えれば大丈夫です。

WH疑問文について~②基礎編その2

WH疑問詞は大変便利な言葉で、一言で自分が「欲しい情報」を得ることができるものです。今回は、 基本的なWH疑問詞の役わり(何が欲しい情報なのか)とその「情報」が5つの成分(主語、動詞、動詞を補足するもの、場所、時)であれば、どこに当てはまるのかを確認しています。

WH疑問文について~①基礎編その1

教員だった時、生徒がつまづくのは「WH疑問文」でした。WH疑問詞そのものが種類が多く、時間をかけて指導できなかったため、生徒が苦手としていたようです。今回は、そのWH疑問詞を出来るだけ詳しく、かつ簡潔に説明して行きたいと思います。まずはWH疑問文と5W1Hもについてです。

3学年の1学期に押さえたいポイント⑤

3学年の1学期に押さえたいポイントの最後は「自己表現活動の充実」です。学年が上がって、表現方法が多くなればなるほど、それを定着させるためには、やはり「自己表現」活動を取り入れることが重要だと思います。3年生であれば、受験指導もあって忙しいと思いますが、時間を有効に使って行きましょう。

3学年の1学期に押さえたいポイント④

3学年の1学期には、現在完了の他に受動態(教科書会社によっては2年生の最後に出てくるところもあります)、と第5文型がポイントとなります。中学校では5文型を教科書では扱わないのですが、高校では必ず覚えなければならないものなので、基本的なことは学んでおいてもいいかと思います。

3学年の1学期に押さえたいポイント③

現在完了の3つ目「完了」のポイントです。現在完了の3種類の中で、一番わかりにくい種類だと思いますが、基本的な意味は、「過去のある時点から始まって、今それが完了した」というものです。just や already、また yet は否定文と疑問文では意味が変わる単語なので気をつけましょう。

3学年の1学期に押さえたいポイント②

中学校では現在完了には3つの種類があると教えられます。それは「継続」「経験」「完了」のことですが、今回は「経験」についてのポイントです。現在完了の3種類には、それぞれにあった「ともに使われる表現、語句」があるので、それも一緒に覚えて活用できるようになりましょう。