WH疑問文について~who①

今回から

WH疑問詞 who を扱います。

whoを使うWH疑問文

について見ていきます。

・基本的には、
whoは「誰」という意味で、
「人」の情報を求める疑問詞です。

・whoを用いたWH疑問文の作り方と、
それに対する答え方の作り方を例文を用いて示します。

<例文>Tim took May to the museum yesterday.
※下線部をたずねる英文をつくりなさい。
下線部は、”May”で「人」なので、
「人」をたずねるwhoを用います。
仮に May の部分に who を置きます。
Tim took who to the museum yesterday. (仮の形)
→ 疑問文を作ります。
(took は take の過去形なので、did と take を使います。)
Did Tim take who to the museum yesterday?  (仮の形)
→ who は一番前にやってきますから、移動させます。
Q:Who did Tim take to the museum yesterday?
(ティムは昨日誰を美術館に連れていったのですか。)

※上記の英文に答えなさい。
主語は Tim だから、代名詞 he に代えます。
did と take があるので、動詞は take の過去形 took になります。
He took ~.
新しい情報は “May” なので took の後ろに置きます。
He took May to the museum yesterday.
→ to the museum は代わりの言葉 there にします。
Q:He took May there (yesterday).

 

この形に従って、例文を用いて
文の作り方を説明していきます。

be動詞を用いたwhoの疑問文

be動詞の疑問文については以前もお話しましたが、

be動詞の疑問文は、
be動詞が文頭を移動してきます。

ですから、
WH疑問詞 + be動詞 + 主語 + ~?

が基本形となります。

それでは、具体例を示しましょう。

①That boy is Kentaro.
※下線部をたずねる文をつくりなさい。
→ 下線部 “Kentaro” は「人」なので、「人」を
たずねるWH疑問詞 who を使います。
→ 仮に Kentaro の部分に who を置きます。
That boy is who.  (仮の形)
→ 疑問文をつくります。
Is that boy who?  (仮の形)
→ who を一番前に移動させます。
Q:Who is that boy?
(あの少年は誰ですか。)

※上記の英文に答えなさい。
→ 主語は that boy なので、代名詞は he になります。
→ 動詞は、そのまま be動詞 is を使います。
→ 新しい情報は “Kentaro” なので、“is” の後に置きます。
A:He is (He’s) Kentaro.
(複数形であっても同じです。例えば、
Who are those boys? They are Ken and Bob.
などのようになります。)

②I am looking for my aunt now.
※下線部をたずねる英文をつくりなさい。
→ 下線部 “my aunt” は「人」なので、「人」を
たずねるWH疑問詞 who を使います。
→ 仮に my aunt の部分に who を置きます。
I am looking for who now. (仮の形)
→ I を you、それに応じて am を are に代えて疑問文を作ります。
Are you looking for who now? (仮の形)
→ who を一番前に移動させます。
Q:Who are you looking for now?
(あなたは今誰を探していますか。)

※上記の英文に答えなさい。
→ 主語を you から、I に代えます。
→ be動詞は、主語に合わせて am になります。
I am looking for ~.
→ 新しい情報は、“my aunt” なので、for の後に置きます。
A:I am (I’m) looking for my aunt (now).
(私は<今>おばさんを探しています。)

 

今回はここまで。

 

「WH疑問文について〜who」は「①」から「④」まであります。
下記にリストアップしますので、興味のある方はクリックして
お読みください。
who②一般動詞編
who③whoが主語の場合
who④注意すべき表現とレビュー

中学校英語の基礎固め用のブログを作りました!
ブログ「5問で復習-中学校英語の基礎」

このブログは、
中学生を対象としたものです。
英語の基礎固めを目的として、
毎回のテーマに合わせた問題が
5問出題され、
次のページでそれに対する
解答・詳しい解説がなされる、
という構成になっています。
興味がある方は、
どうぞ訪問してみてください。

whoWH疑問文
スポンサーリンク
keiをフォローする
英語の素 eigonomoto.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました