文の種類~感嘆文

文の種類についての最後です。

今回は、感嘆文についてです。

まずは、「感嘆文」とはどんな文なのでしょうか。


感嘆文って?

・「感嘆文」とは、名前のとおり「物事を感動、驚きをもって強調して表現する」文のことです。日本語では「なんて~なんでしょう!」というような意味になります。

感嘆文=何かに感動、強い印象・驚きをもって、相手に「そのことを強調して表現する」文

・何かの「様子」を強調する文なので、
→様子を伝える「形容詞」と「副詞」を強調して表現する言い方になります。
形容詞名詞説明を付け加える言葉 a girl → a kind girlやさしい女の子
副 詞動詞説明を付け加える言葉   run    run fast速く走る

「感嘆文」は、
「感動・驚き」の部分に名詞が入っていれば・・・・what の感嘆文
「感動・驚き」の部分に名詞がない(=副詞か形容詞だけ)のであれば・・・how の感嘆文
という2種類に分かれます。

<形容詞+名詞>の感嘆文!What<形容詞+名詞>~!

・<形容詞+名詞>の形を強調して、感嘆文をつくる時は、what を使います。
※<名詞>が入っている部分に注目です。

まずは、whatの「感嘆文」がどのようにできるかを説明しましょう。

what の「感嘆文」の作り方

・Mt. Fuji is a very beautiful mountain. という文を使って説明します。

◎ Mt. Fuji is a very beautiful mountain. を感嘆文にしなさい。

→この文で「強調している」部分は、very がついている a very beautiful mountain です

Mt. Fuji is a very beautiful mountain.

→「強調している」部分に mountain という「名詞」があるので、what を使った感嘆文にします。

Mt. Fuji is what a very beautiful mountain.  (仮の形)

→ what ですでに「強調している」ので、very をカットします。

Mt. Fuji is what a very beautiful mountain (→ what a beautiful mountain). (仮の形)

→ 黄色いマーカーの文をさらに強調して、そのまま文頭に移動させます。

What a beautiful mountain Mt. Fuji is.  (仮の形)

→ 「感嘆文」は、文末に「エクスクラメーション・マーク( !)」を置きます。

What a beautiful mountain Mt. Fuji is !
(富士山はなんて美しい山なんでしょう!)

→ これで完成です。

What の感嘆文の語順

上記の「作り方」から、What の感嘆文の語順は、基本的に

What a/an +形容詞+名詞の単数形主語+動詞 となります。
※ただし、扱う「名詞」が「数えられない名詞」や「複数形」の場合は
a/an は入れません

例文をいくつか挙げます。

ex.1  What a difficult problem this is!
(これはなんて難しい問題だろう!)

ex.2  What big eyes Megumi has!
(メグミは、なんて大きな目をしているのでしょう!)・・・複数形の例文

ex. 3  What pure air and water this area has!
(この地域にはなんてきれいな空気と水があるのでしょう!)・・・数えられない名詞の例文

「主語+動詞」の部分の省略

・「感嘆文」では、「主語+動詞」の部分が省略される場合もあります。
上記の ex.1 ~ ex. 3 を使って例を示します。
※各例文の「黄色いマーカー」の部分が「主語+動詞」の部分です。

ex.1 What a difficult problem this is!   →  What a difficult problem!

ex.2 What big eyes Megumi has!  →  What big eyes!

ex.3 What pure air and water this area has!  → What pure air and water!

 

形容詞・副詞の感嘆文!How 副詞~!How 形容詞~!

・<形容詞>または<副詞>だけを強調して、感嘆文をつくる時は、how を使います。
※<名詞>が入っていないことに注目です。

まずは、how の「感嘆文」どのようにできるかを説明しましょう。

how の「感嘆文」の作り方

・Mt. Fuij is very beautiful. という文を使って説明します。

◎ Mt. Fuji is very beautiful. を感嘆文にしなさい。

→この文で「強調している」部分は、very がついている very beautiful です

Mt. Fuji is very beautiful.

→「強調している」部分に「名詞」がなく、beautiful という「形容詞」があるのでhow を使った感嘆文にします。

Mt. Fuji is how very beautiful.  (仮の形)

→ how ですでに「強調している」ので、very をカットします。

Mt. Fuji is how very beautiful  (→ how beautiful ). (仮の形)

→ 黄色いマーカーの文をさらに強調して、そのまま文頭に移動させます。

How beautiful Mt. Fuji is.  (仮の形)

→ 「感嘆文」は、文末に「エクスクラメーション・マーク( !)」を置きます。

How beautiful Mt. Fuji is !
(富士山はなんて美しいのでしょう!)

→ これで完成です。

How の感嘆文の語順

上記の「作り方」から、How の感嘆文の語順は、

How +形容詞 / 副詞主語+動詞 となります。

例文をいくつか挙げます。

ex.1  How fast you run!
(あなたはなんて速く走るのでしょう!)・・・副詞の例文

ex.2  How young she looks!
(彼女はなんて若く見えるのでしょう!)・・・形容詞の例文

「主語+動詞」の部分の省略

・What と同じように How の「感嘆文」でも、「主語+動詞」の部分が省略される場合もあります。上記の ex.1 ~ ex. 3 を使って例を示します。
※各例文の「黄色いマーカー」の部分が「主語+動詞」の部分です。

ex.1  How fast you run!  →  How fast!

ex.2  How young she looks!  → How young!・・・不適切な例文
※ex.2 の例文は「~のように見える」という文なので、「主語+動詞」を省略すると、正しく意味が相手に伝わりません。ですから、このような場合は省略しません。

ex.3  How young she is!  →  How young!
※ex.2 でなく、ex.3 であれば省略してもOKです。

 

文の種類についてはこれで終了です。

 

「文の種類」には5種類あります。
下記にリストアップしてますので、興味があるものがありましたら
クリックしてください。
👉肯定文
👉否定文
👉疑問文
👉命令文

中学校英語の基礎固め用のブログを作りました!
ブログ「5問で復習-中学校英語の基礎」

このブログは、
中学生を対象としたものです。
英語の基礎固めを目的として、
毎回のテーマに合わせた問題が
5問出題され、
次のページでそれに対する
解答・詳しい解説がなされる、
という構成になっています。
興味がある方は、
どうぞ訪問してみてください。

5種類の文文の種類
スポンサーリンク
keiをフォローする
英語の素 eigonomoto.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました