There is 構文①基礎編

今回は、
There is / are 〜. の文を解説します。

There is/ are 〜. の文の形は
中学校で学ぶ文型ですが、意外と応用的な形でも出てくる頻出文型です。

1回目の今回は「基礎編」として
その基本的な形、ニュアンスを説明していきましょう。

There is / are 〜. を使う場面

次の英文の意味を考えてみましょう。

① Tom is in the library.
👉❌ There is Tom in the library.

② There is a cat on the table.
👉❓ A cat is on the table.
👉⭕️ My cat is on the table.

①の英文について

①の英文は、どちらも
「トムは図書館にいます。」という意味を表現しようとしたものですが、
❌ がついた “There is Tom in the library.” は、正しくない表現です。

◎ There is / are 〜. の文は、
共有していない情報」すなわち「新情報」を、話題の中に引っ張り込む時
使われる表現です。

▶︎”Tom” という固有名詞は、それだけ「誰であるのか」が分かっている状態で使われる
もので、「新情報」ではありません。だから、There is Tom in the library.  は
不適切な表現(❌)となるわけです。
▶︎もし、「誰もわからない、名前がわからない少年」で、「新情報」であれば、
There is a boy in the library. となるのです。

②の英文について

②の最初の There is a cat on the table. は
▶︎ ” a cat” が「新情報(誰も知らない、初めて見た猫1匹)」なので、There is 〜.
の文の形を用いていて、適切な表現です。
▶︎ ❓がついている A cat is on the table. は、
決して「間違い」とは言えませんが、「唐突感」が生じます。それは、”a” は、
「特定のものに決まらない1つ」を意味するので、「猫という1匹の生物が、テーブル
にいる」というニュアンスになるからです。
⇨この場合であれば、指示代名詞の that や this を用いて、that cat / this cat とする
と「その場で情報を共有」し合っていることになるので、「新情報」でなくなるので、
適切です。
▶︎⭕️ の My cat is on the table. は、
“My cat” という表現が、my がつくことによって、「誰の猫でわかり合っている」
ことになり、「新情報」ではありません。そのため、適切な表現です。

There is / are  〜. は「新情報」を話題の中に引き込む表現

このように、
There is / are 〜. は、会話や物語に中で、
「共有していない情報」-「新情報」を話題の中に引き込む表現であるということが
わかりました。

「共有していない情報」-「新情報」を示す表現

👉それでは、
新情報」を示す場合は、どんな表現を使うのでしょう?

・There is an apple in the box. 「箱にリンゴが1個あります。」
・There were some people in the park.「公園に何人か人がいました。」
・There was much water in the bottle.「ボトルにたくさんの水が入ってました。」
・There are five pencils in my pencil case.「私の筆箱に5本の鉛筆があります。」

🔵このように、「共有していない新情報」には
a/an, some. any, many, much, a lot of ~, 数詞などを用いることが多いです。
※「共有されていない」ため、「特定できない – 1つに決まらない」というニュアンス
をもつ、a/an, や some, any, many などの単語とコンビネーションを組みやすいの
です。

「共有していない新情報」:a/an, some, any, many, much, a lot of, 数詞など
それでは、
「共有している情報」はどのような表現をするのでしょう?
 

「共有している情報」を示す表現

👉「共有している情報」とは、
別な言い方をすると「それ1つと特定される」表現だということです。

・This is the cat called Tama.「これはタマと呼ばれる猫です。」
That car is Emi’s.「あの車は、絵美のです。」
Aomori is famous for its apples. 「青森はリンゴで有名です。」
・This is his bike.「これは彼の自転車です。」

🔵このように「共有している情報」とは、「1つに特定されるもの」なので、
固有名詞はもちろん、その他に、the や this (these) / that (those) などの
指示代名詞や所有格とのコンビネーションで示されます。

「共有している情報」:固有名詞、the, this (these) / that (those), 所有格など

There is 〜. の文の語順

There is 〜. の文の there は、
「そこに・そこで」という副詞ではありません。
There is / are 〜. という形で、
👉【「新情報」を、話題に引っ張り込む文型】と押さえましょう。
この文型は、次のような語順で表現します。
 There is / are  [共有していない]新情報  「場所」を表す言葉 「時」を表す言葉

There is / are の is / are は、
[共有していない]新情報が、「単数」か「複数」かで決まります。
(新情報が、実質的な主語なのです。)
There is an egg in the box.
「箱に卵が1個あります。」
▶︎”an egg” が「単数」なので、”There is” と is になります。
There are a lot of people there today.
「今日そこにたくさんの人がいます。」
▶︎”a lot of people” が「複数」なので、”There are” と are になります。
▶︎下線の there は「場所を表す言葉」の there で「そこに」という意味です。

There is / are 〜. の be動詞 ( is / are ) は、
次に来る「新情報(主語)」の「単数」か「複数」で決まる

There is 〜. 文の否定文、疑問文

この文の基本形では、
be動詞 ( is, are / was, were )が用いられるので、
否定文、疑問文も be動詞の文と同じように作ります。

否定文:be動詞の後ろに not を置く

👉 be動詞の否定文は、その後ろに not を置くことによって、
「〜ではない」という文を作ることができます。

・There is an apple in the box.
▶︎【否定文】There is not (isn’t) an apple in the box.
「箱にリンゴはありません。」

・There are five pencils in my pencil case.
▶︎【否定文】There are not (aren’t)  five pencils in my pencil case.
「私の筆箱には5本の鉛筆はありません。」

疑問文:be動詞を文頭に持ってくる

👉 be動詞の疑問文は、be動詞を文頭に持ってくることによって
「〜ですか」という文を作ることができます。

・There is an egg in the box.
▶︎【疑問文】Is there an egg in the box?
▶︎【答え方】Yes, there is. / No, there isn’t.
「箱の中に卵がありますか。」-「はい、あります。/ いいえ、ありません。」

 

 

 

 

・There are a lot of people there.
▶︎【疑問文】Are there a lot of people there?
▶︎【答え方】Yes, there are. / No, there aren’t.
「そこにたくさんの人がいますか。」- 「はい、います。/ いいえ、いません。」

◎「答え方」について。
be動詞が文頭に来るので、
Be動詞+ there 〜? の形になります。
答える時は、この Be動詞+there の部分の順番をひっくり返して、
Yes, there +be動詞. / No, there +be動詞 not. の形になります。

 

基本編はここまで。

中学校英語の基礎固め用のブログを作りました!
ブログ「5問で復習-中学校英語の基礎」

このブログは、
中学生を対象としたものです。
英語の基礎固めを目的として、
毎回のテーマに合わせた問題が
5問出題され、
次のページでそれに対する
解答・詳しい解説がなされる、
という構成になっています。
興味がある方は、
どうぞ訪問してみてください。

There is 構文中学校
スポンサーリンク
keiをフォローする
英語の素 eigonomoto.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました