21-「現代英語」12/3

12/3 の放送の「現代英語」の放送を聞いて勉強した内容です。

🔴 「現代英語」では、
Lesson ごとのテーマがあり、Part 1 では ニュース英文の理解、そして
Part 2 では学んだ英文の反訳トレーニングをするという構成をとっています。

Lesson 24 Avatar robot cafe opens in Tokyo- Part2

Opening その他で

Hannah Grace さん の部分だけピックアップしました。
● Opening
– Hi, I’m Hannah Grace. Thanks for joining us.

● 反訳トレーニングの後に
– Keep practicing little by little.
You never know what interesting English conversations will be
waiting for you.

● 最後に
– Great job, everyone.

反訳トレーニング

1. not A but B という表現を使った文をつくってみよう

【日本語】
▶︎[どこで]:新しいカフェで / 東京にある
▶︎[誰が – 何する]:客が – 注文する / 彼らの注文を / [でなく] 人に対して
▶︎[何に対して]:[しかし]ロボットに対して

🔶これを日本語に合わせて英語にしていきます

👉 At a new cafe in Tokyo, [誰が – 何する]
👉 customers give their orders not to a person [何に対して]
👉 but to a robot.

※東京のある新しいカフェでは、客が注文するのは人にではなくて、ロボットにです。

At a new cafe in Tokyo, 
👉 customers give their orders not to a person,
👉 but to a person.

🔴 not A but B:A ではなくて B

※ give their orders で「注文をする」

◎テキストと少し日本語の表現を変えています。

2 . have difficulty 〜ing という表現を使った文をつくってみよう

【日本語】
▶︎[何が – しかしながら – どうなる ]
:その機械は – しかしながら – 操作されている / 遠隔で   ※受動態
▶︎[誰によって]:〜によって / 人々[〜が困難である / 外出することが]   ※関係代名詞
▶︎[何のために]:〜のために / 障害

🔶これを日本語に合わせて英語にしていきます。

👉 The machines, however, are controlled remotely [誰によって]
👉 by people who have difficulty in going outside [何のために]
👉 due to disabilities.

※その機械は、しかしながら、遠隔で操作されています、外出することが
難しい人たちによって、障害のために。

The machines, however, are controlled remotely
👉 by people who have difficulty going outside
👉 due to disabilities.

🔴 have difficulty 〜 ing:〜するのに困難がある、〜することが難しい

※「障害のために」は、due to disabilities

◎テキストと少し日本語の表現を変えています。

3.  delicious という単語を使った文をつくってみよう

 【日本語】
▶︎[何が]:おいしい – 一杯のコーヒー
▶︎[何をしてる]:〜するでしょう / 待っている / (みなさんを)   ※未来進行形

🔶これを日本語に合わせて英語にしていきます。

👉 A delicious cup of coffee  [何をしてる]
👉 will be waiting for you.

※一杯のおいしいコーヒーが、お待ちしております。

A delicious cup of coffee 👉 will be waiting for you.

🔴 delicious:[とても]おいしい

※「一杯のコーヒー」は、a cup of coffee
– それに「おいしい」がついて、a delicious cup of coffee

◎テキストと少し日本語の表現を変えています。

Let’s Try! 

🟠「反訳トレーニング」のような「日本語」の並びにしてみました。

1. not A but B を使って

【日本語】

▶︎[何が – 〜です] :[あなたが必要なもの]は – 〜です
▶︎[A ではなく B]:〜ではなく[より多くのお金] しかし[より少ない仕事]
(もっと稼ぐことではなく、仕事を減らすことが必要です。)

👉 What you need is not more money, but less work.

※「あなたが必要なもの」は、what you need

2. have difficulty 〜ing を使って

【日本語】
▶︎[いつ] :寒い冬の日に
▶︎[誰が – どうだ] :私は – 〜するのが困難だ
▶︎[困難なこと]:起きること / 朝に
(寒い冬には、私は朝起きるのが難しいです。)

👉 On cold winter days, I have difficulty getting up in the morning,

 

 

 

Discussion – チェックした表現

🔴 Not only does it give job opportunities to people limited mobility,
but it also gives customers a fun new dining experience.
▶︎ not only A but also 「A のみならず、Bも」の構文です。
[ A の部分]
– it gives job opportunities to people limited mobility.
※ people limited mobility「身体の不自由な人々」
[ B の部分]
– it gives customers a fun new dining experience.
※ a fun new dining experience「楽しく新しい食事体験」

🔴 It is already becoming more common for restaurants and cafes
to take orders remotely with a touchscreen at the table.
▶︎ it は形式主語で、to take orders remotely a touchscreen at the table
のことを指します。
・becoming more common で「一般的になりつつある」

言葉の心 – media は、middleにあってつないでくれる「媒体」

🔴 media はもともと medium (手段、媒体)の複数形
新聞など「メディア」の意味では複数形 media が「集合的に」使われる
▶︎ medium は …
「何かと何かの middle (中間)にあって2つをつなぐもの」
▶︎ mass media, news media とは
⇨ 新聞やテレビなどの「大衆へ伝達する媒体」を意味しますが、
それは、人々と出来事 (ニュース)の中間にあって情報を伝えれてくれる
「媒体 – medium」だからです。
▶︎ mass media, news media を簡単に言ったものが – the media
・報道機関(会社)
・報道記者
・ジャーナリスト
– もすべて媒体なので the mediaです。

🔵 似たような言葉に the press がありますが…
▶︎ press の原義は「印刷プレス機」のため、本来は新聞などの紙媒体のみを指す。

これで、
Lesson 24 Part 2 は終了です。

中学校英語の基礎固め用のブログを作りました!
ブログ「5問で復習-中学校英語の基礎」

このブログは、
中学生を対象としたものです。
英語の基礎固めを目的として、
毎回のテーマに合わせた問題が
5問出題され、
次のページでそれに対する
解答・詳しい解説がなされる、
という構成になっています。
興味がある方は、
どうぞ訪問してみてください。

ラジオ講座21年度 現代英語
スポンサーリンク
keiをフォローする
英語の素 eigonomoto.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました