21-ラジオ英会話 12/21

今日の「ラジオ英会話」の勉強内容です。
tweet で発信してきたものを、
ブログで、まとめたものです。
(基本的に、テキストに書かれているものは省略しています)

「時表現」の学習

▶︎ 11月号からは「時表現」の学習が始まりました。

lesson 学習内容
11月 Lesson 141 〜 143 過去形
Lesson 144 〜 148 現在形
Lesson 149 〜 153 進行形
Lesson 154 〜 158 現在完了形
Lesson 159 現在完了進行形
12月 Lesson 161 〜 163 過去完了、未来完了、助動詞+完了
Lesson 164 〜 167 未来表現
Lesson 168 〜 175 仮定法

👉12月号のテーマは「時表現を極める②」。
時表現」は「指定ルール」に従って使われます。今週も先週に引き続き、仮定法 の勉強です。

Lesson 177  仮定法⑧:仮定法を用いたさまざまな表現

Opening で

Chris
▶︎ Chris McVay here. That’s way before my time, I’m afraid so.
No memory of that!

Roza
▶︎ Hey, everyone. Akino Roza here. Let’s get started.

※ way before my time
👉私が生まれるはるか前(に)

Dialogue で

sequence
👉語源的には「後に来るもの」そこから「順序・手順」という
意味が生まれているんです。

 What’s going on?
👉 go on「進んでいく」そこから「どうした事態が進んで行くのか」
というですが、もう理屈は結構です。まとめて覚えてください。

③ I have visual contact.
👉 visual は「視覚の」-「視覚的コンタクトを持ちました」という
意味になります。

Which country is it from □?
👉 which country という大きな wh語を用いています。
そして、その後ろは普通の wh語と同じように、疑問文 – is it (from)? と
なっています。もちろん、質問のターゲットは、from の後ろ – ここが
空所(□)になっています。ここを、which country が聞いている – という
わけです。

What do you mean?
👉これは「真意をたずねる」表現です。まとめて覚えてください。

 

 

 

 

Practice with Roza

▶︎ OK, guys. So the point here is to have the feeling of
“if only” as like a wishing feeling.
– If only「〜ならいいのになあ」.  Got it?

OK! Great!
So let’s practice the key sentence with that feeling.

If only Arnold Sylvester were here.
If only Arnold Sylvester were here.

Did you feel that wishing, wishing?
Great!

Ending

Onishi
▶︎ If only Chris were here.

Roza
▶︎ What are you talking about? HE IS HERE!

Chris
▶︎ And it’s time we said goodbye.

Words and Phrases

① before one’s time
👉〜の生まれる前(に)
② way
👉ずっと、はるか (強調する言葉)
③ in orbit
👉軌道上
④ Mission Control
👉管制センター
⑤ be open to 
👉聞く耳をもつ、受け入れやすい、寛容な

 

これで、
Lesson 177 は終了!

中学校英語の基礎固め用のブログを作りました!
ブログ「5問で復習-中学校英語の基礎」

このブログは、
中学生を対象としたものです。
英語の基礎固めを目的として、
毎回のテーマに合わせた問題が
5問出題され、
次のページでそれに対する
解答・詳しい解説がなされる、
という構成になっています。
興味がある方は、
どうぞ訪問してみてください。

ラジオ講座21年度ラジオ英会話
スポンサーリンク
keiをフォローする
英語の素 eigonomoto.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました