21-ラジオ英会話 5/10

今日の「ラジオ英会話」の勉強内容です。
tweet で発信してきたものを、
ブログで、まとめたものです。
(基本的に、テキストに書かれているものは省略しています)

Lesson 26 基本文型 説明型⑤:wh節を説明語句

▶︎英語は「配置の言葉」
– 語順は「基本文型」と「修飾語順規則」によって決まる。
– Lesson 1 から 9 までは「修飾語順規則」を扱いました。

▶︎Lesson 11 からは「基本文型」を扱っています。
– 英語文中の表現配置の中で最も大切なのが、
文の設計図である「基本文型

👉今週も、「説明型」で今回は5回目になります。

Opening で

そうだよね。それを[サケ]ないとだめ
だよね。秋乃ろーざです。

Chris McVay here. Those openings
are unique[ウニーク].

 

 

 

 

Dialogue で

① I’m glad it’s still here.
👉 I’m glad を it’s still here という後ろに置かれた節が
説明するリポート文の形。一息で、無意識に言えるように。

② How romantic, Dad!
👉 How + [形容詞 あるいは 副詞] +主語+動詞!
ここでは主語と動詞が省略されています。
– 感嘆文の基本的なパターン

③ even more
👉「さらにもっと」という意味

④ You know what’s even more romantic? 
👉ここでは、”what’s even more romantic” という wh節です。
what を用いて「何がはるかにロマンティックなのか」という
「文の部品」となっています。

⑤ pop the question について

Why do you use “pop” here?

One explanation is the actual word “pop.”
(Pong!) It’s something that happens as a
surprise suddenly.
– So, huh! Will you marry me?

– And Roza, you have another image, right?

Yes, for me,  the “pop” refers to the sound
that the engagement ring box opens when
you open it. “Pop!”

After the dialogue

 You know what’s even more romantic
 than popping the question? 
 – Our textbook!

Ending 

Hey, Chris. Tell me.
Where did you pop the question?

Well, my answer is not very romantic,
‘cause I can’t remember. But, but, but,
but, but, my excuse is it was over
forty-five years ago, OK? 

Right. What about you, Sensei?

I don’t remember either.

Words and Phrases

① unique
👉ユニークな
② pop the question
👉プロポーズする
③ double-check
👉再点検する・二重に確認する
④ excuse
👉言い訳

 

これで、
Lesson 26 は終了!

中学校英語の基礎固め用のブログを作りました!
ブログ「5問で復習-中学校英語の基礎」

このブログは、
中学生を対象としたものです。
英語の基礎固めを目的として、
毎回のテーマに合わせた問題が
5問出題され、
次のページでそれに対する
解答・詳しい解説がなされる、
という構成になっています。
興味がある方は、
どうぞ訪問してみてください。

ラジオ講座21年度ラジオ英会話
スポンサーリンク
keiをフォローする
英語の素 eigonomoto.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました