冠詞と名詞〜⑤数えられない名詞の使い方

冠詞と名詞の5回目。

今回は、
「数えられない名詞ー不可算名詞」の使い方に
ついて確認して行きましょう。

不可算名詞の数え方

・不可算名詞は、
「数えられない」ので、「不可算」名詞と言います。

「数えられない」名詞の特徴は、
「具体的で決まった形」がないことで
「カテゴリー」や「連続体」を意味するものです。

この「不可算名詞」も、
「具体的で決まった形」が見えるように「ある枠」に入れると
数えられるようになります

よく使われる表現を見てみましょう。

よく使われる表現

a glass (two glasses) of water / milk
👉冷たい飲み物に対して使われる表現
「コップ1杯(2杯)の水、牛乳」

a cup (two cups) of coffee / tea / soup
👉温かい飲み物に対して使われる表現
「カップ1杯(2杯)のコーヒー、お茶、スープ」

a sheet (two sheets) of paper
👉紙に類するものに対して使われる表現
「1枚(2枚)の紙」

a piece (two pieces) of cake / cheese
👉全体(まとまり)から切り出されたものに対して使われる表現
「1切れ(2切れ)のケーキ、チーズ」

・赤い線の部分が、「ある枠」で
・黄色いマーカーの単語が「不可算名詞」です。

◎中学校では、
上記の①から④までの表現をしっかりと使えるように
なれば、ほとんど大丈夫です。

でも、この「ある枠」は、
とても応用が利くので、「見た目」でいろんな表現ができます。
a box of chocolate
👉チョコレートが「箱」の中に入っているんですね
「チョコレート1箱」
a bottle of juice
👉ジュースがボトルに入っていますね
「ボトル1本のジュース」

このように、
「不可算名詞」でも

「ある枠( 〜 of)」+「不可算名詞」

の形で、数えることができるようになります。

不可算名詞にも a / an がつくことがある

・上級編となりますが、
不可算名詞でも a/an がつくことがあります。
▶︎中学校でおそらくよく出てくるのは、
「食事」と「スポーツ」に関する不可算名詞の扱いです。

【食事編】

・基本的に breakfast, lunch, dinner は数えられない名詞で、a / an や the をつけないのですが、例外が2つあります。

①食事を示す語のに、形容詞があるときは a/ an とつけます。

ex.1 We had wonderful lunch in this restaurant.
ー私たちは、このレストランで素晴らしい昼食を食べました。
👉 wonderful という形容詞が付いているので、a がつきます。

ex.2  I had heavy breakfast at 6 a.m.
ー私は朝の6時に重い(量の多い)朝食をとった。
👉 heavy という形容詞が付いているので、a がつきます。

②食事を示す語のに、修飾する節があるときは the をつけます。

ex.3  The breakfast she cooked this morning was good.
ー彼女が今朝作った朝食は良かった。
👉 she cooked this morning という節があるので、the がつきます。

ex.4  We didn’t like the dinner  we were served yesterday.
ー私たちは昨日出された夕食が好きではありませんでした。
👉 we were served yesterday という節があるので、the がつきます。

【スポーツ編】

・baseball を含むスポーツも、場合によってはa / an, the がつく場合もありますが、
それは、かなり特別な意味を持つようです。

例えば、コミックの「黒子のバスケ」の英語タイトルは

”The baseketball which Kuroko plays” となっていて
これは「黒子くんがプレイする特別なバスケ」というニュアンスを含むので
the が付いているようです。

また、スポーツ名の単語には「形容詞(〜の)」という意味もあるので、
その場合は、普通に a / an などもつきます。

a baseball game(野球の試合)
my baseball team (私の野球チーム)
a tennis player (一人のテニス選手)

このように、

不可算名詞でも、形容詞など、説明を加えることにより
「具体的で決まった形(可算名詞のポイント)」が見えてくると
a/an, the をつけることも可能となるのです。

※可算名詞、不可算名詞については、
まだまだ深い部分があるのですが、中学校の段階であれば
ここまでの内容を理解できれば十分だと思います。

これで、一旦「冠詞と名詞」については終了します。

中学校英語の基礎固め用のブログを作りました!
ブログ「5問で復習-中学校英語の基礎」

このブログは、
中学生を対象としたものです。
英語の基礎固めを目的として、
毎回のテーマに合わせた問題が
5問出題され、
次のページでそれに対する
解答・詳しい解説がなされる、
という構成になっています。
興味がある方は、
どうぞ訪問してみてください。

中学校冠詞と名詞
スポンサーリンク
keiをフォローする
英語の素 eigonomoto.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました