助動詞③〜must について

助動詞の3つ目は、must を取り上げます。

must は、
中学校の教科書では、2年生時に
「〜しなければなりません」と表現する時の助動詞として登場します。

この must を詳しくしてみましょう。

must がもつ基本的なニュアンス

例えば、こんな風に
教科書では must は登場してきたはずです。

Ken must go shopping.
「ケンは買い物しに行かなければなりません。」

We have to do our homework now.
「私たちは今宿題をしなければなりません。」

このように、
▶︎must は have(has) to は(ほぼ)同じ意味で
「〜しなければなりません」という意味です、と
簡単に説明されていたと思います。

しかし、
これだけでは 助動詞 must のことを理解することは
できません。

そこで、can, will  と同じように
must にも「土台となるニュアンス」があるので、
それを最初に確認していきたいと思います。

must が有する「圧力を加える」というニュアンス

・助動詞 must には
「圧力を加える」という基本的なニュアンスがあり、
そこから、様々な must の使い方が出てくるのです。

must の基本ニュアンス「圧力を加える」

  ⬇️

①義務 ②禁止 ③強い確信 ※④強いお勧め
▶︎人に対して「〜しなければならない」と圧力を加える ▶︎否定形で「〜してはいけない」と圧力を加える ▶︎相手に対して「〜に違いない」と強い確信で圧力を加える ▶︎ You must の形で「ぜひ〜してね」と強いお勧めで圧力を加える

※④は中学校の教科書では扱われていませんが、説明をしていきます。

◎このそれぞれについて
詳しく例文を挙げて解説していきます。

must の基本的な4つの使い方

①義務(〜しなければならない)

・一番最初は、義務を表す must の使い方です。
この使い方は、一番 must の基本ニュアンスがわかりやすく
※「〜しなければならない」という意味で
主語の行動に対して「強い圧力」を与え、義務を表現することが
できます。
👉ここから、you が主語である時は、「相手に対して強い圧力をかける」
ことになるので、ほぼ「命令文」と同じニュアンスにもなります。

例文を挙げます。

ex.1  Bob must finish reading this book by tomorrow.
「ボブは明日までにこの本を読み終えなければならない。」
▶︎「ボブ」が「明日までこの本を読む」という行為に対して強い圧力

ex.2   You must go to bed now.
「あなたは今寝なければならない。」
▶︎相手に対して「今寝る」という行為に対して強い圧力
👉主語You なので、命令文にして Go to bed now. とも言えます

②禁止(否定文:〜してはいけません)

・must は「圧力を加える」というニュアンスがあるので、
それを否定形にすると
▶︎当然「〜してはいけません」と高圧的な禁止を意味する表現になります。
👉 ここから、①義務でも示したように、
主語が You の場合は、ほぼ「禁止の命令文」と同じニュアンスになります。

例文を挙げます。

ex.4  We must not[ mustn’t ] swim in this river.
「この川で泳いではいけません。」
▶︎「私たち」が「この川で泳ぐこと」を高圧的に禁止
※must not の短縮形 mustn’t に注意。

ex.5 You must not [ mustn’t ] touch this pot.
「このツボを触ってはいけません。」
▶︎相手に対して「このツボを触ること」を高圧的に禁止
👉主語You なので、禁止の命令文にして、Don’t touch this pot. とも言えます

③強い確信(〜に違いない)

must「その状況」が「その通りである」と
強い圧力をかけ、確信を表現する場合もあります。
👉「確信」を表現するのに「形容詞」が使われることが多いので、
be 動詞とともに使われる (must be) ことが多いようです。

今回は先に、例文を挙げます。

ex.6  This present must be expensive.
「このプレゼントは高価に違いない。」
▶︎「このプレゼントが高価」であることに強い確信

ex.7  This story must be true.
「この物語は真実に違いない。」
▶︎「この物語が真実」であることに強い確信

※④強いお勧め(ぜひ〜してね)

・場合によって must は、
▶︎その「強い圧力」が「おすすめ」することにかかってくることがあります。
※この表現は親しい人に対して使われるようです。(Forest から)

例文を挙げます。

ex.8  You must go and see Hirosaki Cherry Blossom Festival when you come to Aomori.
「青森に来たら、ぜひ弘前さくら祭りを見に行ってくださいね。」
▶︎「弘前さくら祭りを見に行くこと」を相手に強く勧めている

ex.9  You must come and visit me.
「ぜひ私のところに遊びに来てくださいね。」
▶︎『「自分」の家を訪れること』を相手に強く勧めている

must と have to

・中学校では、
must =have to と学び、
どちらも「〜しなければならない」と「日本語」は同じですが
▶︎ニュアンスは違います
※基本的に表現する「形」が違うということは、そこに何らかの
ニュアンスの違いは生じているのです。だから、「別な表現」をしているのですから。ー違いは下記の通りです。

◎must の「〜しなければならない」
=「話し手の考え」から生じる「強い圧力」(内発的要因)
◎have to の「〜しなければならない」
=「外的な理由や状況」が原因による「強い圧力」(外発的要因)
▶︎「(〜だから)・・・せざるを得ない」のようなニュアンスになります。

👉 must は、「自分で考え、〜しなければならない」
have to は、「いろんな状況や理由によって、〜せざるを得ない」のような違いに
なるわけです。

・I must get up early every day.
「私は毎日早く起きなければならない。」
▶︎「自分」で考えて「早く起床すること」に対して強い圧力をかける
・You have to get up early because of tomorrow’s meeting.
「あなたは明日の会議のため早く起きなければならない。」
▶︎「明日の会議」という「外的な理由」により 「早く起床すること」に対して強い圧力をかける

※このような違いもできれば、押さえるようにしておきましょう。

have to の使い方

have to のニュアンスについては、上記の部分をしっかり押さえて、
その他に気をつけて欲しい部分を列記していきます。

[1] have to は、3単現の時は、has to +動詞の原形となる。

a. You have to study English hard.
▶︎ You を She に変えると
b. She has to study English hard. となります。

[2] a. b. を否定文、疑問文にすると do / does が出てきます。

a. の否定文:You don’t have to study English hard.
a. の疑問文:Do you have to study English hard?
▶︎ Yes, I do. / No, I don’t.

b. の否定文:She doesn’t have to study English hard.
b. の疑問文:Does she have to study English hard?
▶︎ Yes, she does. / No, she doesn’t.

[3] have to の否定文の意味に注意!

・must の否定文( must not ) は、「〜してはいけません」と言う「禁止」を
意味します。
▶︎一方、have to は「外的な要因」による「してはいけません」なので、それを否定文にすると「外的な要因」がなくなり、「〜する必要がない」という意味になるので注意。

・must not (mustn’t):〜してはいけません
・don’t / doesn’t have to:〜する必要はない

👉ここから、a. b. の否定文の意味は下記のようになります。
a. の否定文
You don’t have to study English very hard.
「あなたは一生懸命に英語を勉強する必要はありません。」
b. の否定文
She doesn’t have to study English very hard.
「彼女は一生懸命に英語を勉強する必要はありません。」

[4] have to も「〜に違いない」(強い確信)を意味する

・must にも「強い確信」を意味する「〜に違いない」という意味がありますが、
have to にも同じ意味があります。

・He has to be the kindest in my class.
「彼は私のクラスで一番やさしいに違いない。」

・She has to be a dancer.
「彼女はダンサーに違いない。」

※細かい部分の話をすると、
どちらの英文とも、「彼、彼女の様子(外的な状況)」を見て、判断したという
ニュアンスがあります。

[5] have to の未来の表現

・助動詞はそのままの形で「2つ並ぶ」ことはありません。
ただ、have to は「助動詞 must」と同じような働きをしますが、
助動詞ではありません。
▶︎ここから、have to の未来の表現は、will have to +動詞の原形 となります。

・I will have to see a doctor tomorrow.
「私は明日医師に診てもらわなければならないだろう。」

[6] have to の過去の表現

have to の過去の表現は、
次で詳しく解説しますが、have を過去形にして
had to +動詞の原形 で「〜しなければならなかった。」となります。

・They had to cancel their trip.
「彼らは旅行をキャンセルしなければならなかった。」
▶︎否定文
・They didn’t have to cancel their trip.
「彼らは旅行をキャンセルする必要はなかった。」
※意味に注意! have to の否定文は「〜する必要ない」です。
▶︎疑問文
Did they have to cancel their trip? ーYes, they did. / No, they didn’t.
「彼らは旅行をキャンセルしなければならなかったのですか。」

must には過去形がない!

・can の過去形 は could です。
・will の過去形 は would です。
その他に、中学校では出てきませんが、may の過去形もあります。
※should は shall の過去形です。

👉ところが、
must には、その過去形がありません。

なぜなのでしょう?

それは、やはり must の持つ特徴からくるものです。
「①義務」の部分で述べた
ーYou must の文は、「命令文」とほぼ同じ意味になるーとありますが、
そこからもわかります。
▶︎「命令文」とは、「今、その場で相手に命令する(圧力をかける)」文のことで、
そのため、動詞も「現在」や「過去」を示す形ではなく「原形」が用いられています。この命令文の「今、その場での圧力」が must と共通するので、言い換えることができるのです。
▶︎すなわち、must には「今、この場での強い圧力」という特徴があるため、
過去形」を持つことができなかったのです。

must には「今、この場での圧力」のニュアンスがある

👉そのため、
「〜しなければならなかった」と表現したい場合は、
have to を過去にして、 had to +動詞の原形 で表現することになるのです。

・Ken had to call their mother every night.
「ケンは毎晩母に電話しなければならなかった。」

これで、助動詞 must については終了です。

その他の助動詞 についても確認したい方は下記をクリックしてお読みください。
👉助動詞 can
👉助動詞 will
👉助動詞 may

 

なお助動詞の基本的な役割、使い方を確認したい方は
下記をクリックしてお読みください。


中学校英語の基礎固め用のブログを作りました!
ブログ「5問で復習-中学校英語の基礎」

このブログは、
中学生を対象としたものです。
英語の基礎固めを目的として、
毎回のテーマに合わせた問題が
5問出題され、
次のページでそれに対する
解答・詳しい解説がなされる、
という構成になっています。
興味がある方は、
どうぞ訪問してみてください。

can / will / must / may助動詞
スポンサーリンク
keiをフォローする
英語の素 eigonomoto.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました