22-ラジオ英会話「語順」の Review ②

1週間の「ラジオ英会話」の文法内容を復習として
「語順」の Review をします。

 

それでは第2週 ( 4月 Week 2 )の復習です。
※第2週の復習を、「Reveiw ②」とします。

Week 2 の「語順」review

・ 最初の週 Week 2 は、基本動詞の make と have について学習しました。
【基本動詞とは…】

日常頻繁に使われる動詞のこと。

【基本動詞の学習は…】

シンプルなイメージ(中核となる意味・ニュアンス)をつかみ、それがどういった状況に
使われるのかを具に理解し頭に入れることが必要

Lesson 6 make のとるさまざまな形③

🔴 make の基本イメージ 👉「力を加えて作り上げる」
🔵 make は「目的語説明型」でも使うことができる:make+目的語+説明語句
👉「説明語句」に動詞原型を使った形
– この形で make が
 使われると「〜される」と訳されるため 使役動詞 と呼ばれる
※やはりここでも「力を加え [強制的に]〜という状況を作りあげる」ニュアンス

[Key] You can’t make her [love] you.
※あなたは彼女にあなたを愛するようにさせることはできません。
▶︎ここでは、「 her = love you という状態を make する」ということ。
make は、ここでも「力を加え [強制的に]彼女が自分を愛する状況を作りあげる」
ニュアンスで使われているのです。

① Don’t make me laugh.
※笑わせないでください。
▶︎「 me = laugh という状況を make する」
② No one can make me change my mind.
※誰も私の気持ちを変えることはできません。
▶︎「 me = change my mind するのを make できない」
③ What makes you feel really proud?
※何があなたをとても誇らしく感じさせますか?
▶︎what を主語にした wh疑問文は、make の目的語説明型と相性のいい形です。 
– 何が「 you = feel really proud という状況を make する」のか

 Lesson 7  have の基本イメージ

🔴 have の基本イメージ👉「周りにある」 – 位置を表す、動きのない静的なイメージ
※ have の表す位置は「周り・内部」を含む

[Key] He will have blond hair and green eyes.
※彼はブロンドの髪と緑の目をもつことになります。
▶︎この文では、髪と目が「have が持っている位置関係(周り・内部)」に
あることを示しています。

have two windows / have a brother
※2つの窓がある / 兄弟がいる
▶︎どちらも「周りいにある」です。
have a lot of rain
※たくさん雨が降る
▶︎「雨が周りにある」という位置関係を表している
have an accident / a party / a checkup
※事故にあう / パーティをする / 健康診断を受ける
▶︎「出来事」が「周り」で起こっていることを表しています。
have a headache / a doubt
※頭痛がする / 疑っている
▶︎ a cold, a stomach といった疾病にかかる (体の内部に
▶︎ an idea などを「心に抱いている」もhave

 Lesson 8  have の「権利・影響力」

🔴 have の基本イメージ👉「周りにある」 – 位置を表す、動きのない静的なイメージ
※ have の表す位置は「周り・内部」を含む
🔵 have の「周りにある」は…
👉その範囲にあるものに【権利・影響力】が及んでいることにつながる

[Key] We have a new piano in our house.
※私たちは家に新しいピアノを持っています!
▶︎ have のもつ【権利・影響力】の1つが、「所有」
ここでは We の所有権が a new piano に及んでいることを表しています。
◎ have a dog など、ペットを「飼う」も表す

 

 

 

 

have a driver’s license on 〜 / a pen on
※運転免許証 / ペンを身につけている
▶︎「接触の on」が加えられ、単に所有しているだけではなく「身につけている」
have a say / a choice
※発言権がある / 選択権がある
▶︎「言う」「選択する」権利が手元にあるということ
have the authority to 〜
※〜する権限がある
▶︎行使する権限があるということ
have an effect [influence] on 〜
※〜に効果[影響]がある
▶︎影響力が及ぶことを示しています。

 Lesson 9  have の表す行為

🔴 have の基本イメージ👉「周りにある」 – 位置を表す、動きのない静的なイメージ
※ have の表す位置は「周り・内部」を含む
🔵 have は、その「位置関係」から間接的に類推される「行為」も表現する

[Key] You can have my camera.
※私のカメラをあなたにあげます。
▶︎この文では…
「あなたは have してもいい ⇨ あなたにあげる」と、「行為」の意味となってます。
◎ Can I have 〜?は「〜をもらえますか」- やはり「行為」

have tea / dinner / a call
※お茶を飲む / 夕食をとる / 電話をもらう
▶︎お茶や食事、電話が「周りにある」から間接的に行為を表します。
have a bath / a drink / a fight / a try / a talk
※風呂に入る / 一杯やる / けんかする / やってみる / 話をする
▶︎動作を表す名詞とともに使われる行為を表します。
③ be had
※だまされる
▶︎コントロールできる「周り」に置かれるということ
④ can’t / won’t have such behavior
※そのようなふるまいを許さない
▶︎「周りに置いておく⇨許す・大目に見る」can’t / won’t 〜なので「許さない」

 

これで、
Week 2 の「語順」review は終了!

中学校英語の基礎固め用のブログを作りました!
ブログ「5問で復習-中学校英語の基礎」

このブログは、
中学生を対象としたものです。
英語の基礎固めを目的として、
毎回のテーマに合わせた問題が
5問出題され、
次のページでそれに対する
解答・詳しい解説がなされる、
という構成になっています。
興味がある方は、
どうぞ訪問してみてください。

22年度ラジオ英会話語順のreview
スポンサーリンク
keiをフォローする
英語の素 eigonomoto.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました