22-ラジオ英会話 形容詞・副詞のReview ②

1週間の「ラジオ英会話」の文法内容を復習として
 Review をします。

それでは第 30 週 ( 11月 Week 2 )の復習です。
※形容詞・副詞学習の2週目なので、形容詞・副詞の Review ②とします。

形容詞・副詞の Review ②

・ Week 30 は、形容詞 close、難易度を表す・可能性を表す形容詞、そして、
形容詞+ to 不定詞 の使い方を学習しました。

【形容詞・副詞】も、基本動詞・前置詞のように

イメージ(表現の中核的意味)をとらえることが大切

Lesson 146  close の感触 

🔴 close の感触 ▶︎対象物がグッと体に迫ってくる感覚を伴う – 比喩的な広がり
※ near:単に2点間の近さを表す

[Key] They seem very close.
※彼らはとても親密に見えます。
▶︎この文では、「親密さ・仲の良さ」を表している

① close は「客観的な」近さも示す – near より「近い」感触
※ I live close to my office. / I live near my office.
② close のそれぞれのニュアンス
※ take a close look at / pay close attention
▶︎「そばで・つぶさに」というニュアンス
Come close to me. – [すぐそばに来る ・come near よりも体が触れそう]
③心理的な近さも表す
close friend [親しい友達] / close relationship [親密な関係]
close game – ギリギリ感が漂う [接戦]
④間一髪難を逃れた場合の決まり文句
That was close. [ギリギリだったね]

Lesson 147  難易度を表す形容詞

🔴 主語+be+[難易度を表す形容詞]+to 動詞句 □ . ▶︎主語と□が一致
※ easy / hard / difficult / impossible / tough など

[Key] He’s easy to talk with □.
※彼は話しやすいです。
▶︎この文では、with の後ろに目的語がなく□になっていることに注意!
この□は、主語 He と一致し、talk with him という意味関係を結んでいます。
– 文全体で「彼は(彼と)一緒に話すのが簡単だ」ということ。to 以下の□と主語を
結びつけて理解することが必要です。

①ダイアログの例
He‘s often hard to please .
→ □は、主語 He と一致し、please him という意味関係を結ぶ
② fool の目的語が□
She‘s difficult to fool .
→ □は、主語 She と一致し、fool her という意味関係を結ぶ
③ impossible も難易形容詞
Ken‘s impossible to work with .
→ □は、主語 Ken と一致し、work with him という意味関係を結ぶ
④ tough は「難しい」
Lucy is tough to get close to .
→ □は、主語 Lucy と一致し、get close to her という意味関係を結ぶ

Lesson 148  可能性を表す形容詞

🔴 可能性を表す形容詞▶︎to 不定詞との相性が良い
※ to のイメージが「矢印(→)」であるので
to 不定詞には「これから・進む」のニュアンスが漂う – 「可能性」と相性が良い

[Key] You’re likely to win a prize.
※あなたは賞を獲得することができそうです。
▶︎この文は、likely(〜しそう・ありそう・起こりそう) と to 不定詞のコンビネーション

① likely の逆は unlikely 
※ It’s likely to rain. / She’s unlikely to win.
※ She seems likely to win. / She looks likely to win.
– be動詞文だけでなく、説明型オーバーラッピングの形も可能
② sure のイメージは「揺るぎない」- 「確かに・きっと」のニュアンスに
※ She is sure to succeed.
③ certain は「確実に・必ず」- sure よりも客観的な確実性
※ David is certain to come.
※ I’m almost certain you will. / I’m almost sure you will.
– sure と certain はリピート文も得意とする

Lesson 149  形容詞+to 不定詞

🔴「これから・進む」感のある to 不定詞と相性の良い形容詞
※ eager / ready / careful / happy / sorry / willing / inclined / liable

[Key] We are eager to meet you soon.
※あなた方と近々会いたいと私たちは思っています。
▶︎ eager は「切望して・したがっていて」うずうずして我慢ができないことを表す
– 何らかの行為に「これから進む」ことを切望する形容詞

① ready も careful も「これから」感の to 不定詞と相性が良い
※ I’m ready to go. [ 準備ができて ]
※ Be careful not to get too tired. [ 注意して ]
② happy, sorry, willing も相性が良い
※ I’m happy to inform you that 〜. [ (これから〜するのが)うれしい ]
※ I’m sorry to inform you that 〜. [ (これから〜するのが)残念だ ]
※ I’m willing to give you another chance.  
– willing は happy と違い、「求められれば – してもいい」
③「傾向」を表す形容詞も to不定詞と強固に結びつく
※ He’s inclined to waste money.
– inclined は「傾いた」イメージ。心がそちらに傾くから「〜したい」という使い方もあり
※ People are liable to gossip.
– liable は「縛られている」- 必ずそちらに進ことが感じられ、「傾向」や「法的責任」を表す

 

 

 

 

形容詞・副詞の Review ② は終了!

中学校英語の基礎固め用のブログを作りました!
ブログ「5問で復習-中学校英語の基礎」

このブログは、
中学生を対象としたものです。
英語の基礎固めを目的として、
毎回のテーマに合わせた問題が
5問出題され、
次のページでそれに対する
解答・詳しい解説がなされる、
という構成になっています。
興味がある方は、
どうぞ訪問してみてください。

語順のreview22年度ラジオ英会話
スポンサーリンク
keiをフォローする
英語の素 eigonomoto.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました