全国学力・学習状況調査・英語予備調査⑤〜「書くこと」

全国学力・学習状況調査の英語予備調査5回目。

今回から パート3「書くこと」に入ります。
パート3「書くこと」には、問9、問10がありますが、
それぞれを見て行きましょう。

パート3「書くこと」

それでは問9から入ります。
問9には(1)から(3)まであります。

問9(1)

次の①、②について、(  )内に入れるのに最も適切な語を、それぞれ1から4までの中から1つ選びなさい。

① My brother was watching TV (        ) I came home.

1 if          2     when          3 that         4 or

② I can’t drink this tea (        ) it’s too late.

1  so      2 weather      3 because       4  before

問5(1)の解説と解答

①の問題文を見ると

まず① My brother was watching TV (        ) I came home.
となっています。

前半部分は「私の兄がテレビを見ていました。」
後半部分は「私が帰宅した。」
〜となっています。

解答の選択肢を見ると

1 if:もし〜ならば
2 when:〜する時
3 that:それ/あれ、接続詞(〜ということ)
4 or:さもないと
のようになっています。

「前半部分」と「後半部分」のつなげる接続詞を考えると

👉「〜する時」が適切なので、正解は、2となります。
My brother was watching TV when I came home.
私が帰宅した時、兄がテレビを見ていました。」

②の問題文を見ると

② I can’t drink this tea (        ) it’s too hot.
となっています。

前半部分は、「私はこのお茶が飲めません。」
後半部分は、「それが熱すぎる。」※too は「あまりにも〜過ぎる」
〜となっています。

解答の選択肢を見ると

1 so:だから
2 whether:〜かどうか
3 because:なぜなら〜(だから)
4 before:〜の前に
のようになっています。

「前半部分」と「後半部分」をつなげる接続詞を考えると

👉「なぜなら〜だから」が適切なので、正解は、3となります。
I can’t drink this tea because it’s too hot.
あまりにも熱すぎるので私はこのお茶が飲めません。」

次は問9(2)に入ります。

問9(2)

次の①、②について、例を参考にしながら、(  )内の語に必要な語を加えて、それぞれの会話が成り立つように英語を完成させなさい。

(例)<昼休みに教室で>

A:What will you do tomorrow?

B:Well, (    go    ) shopping.

[答え] I will go.

①<休み時間に校庭で>

A:You play soccer well.  (    practice    ) every day.

B:Yes, I do. Playing soccer is a lot of fun.

②<週明けに教室で>

A:Did you have a good weekend?

B:No, (    busy    ) . I had a lot of things to do last weekend.

A:Oh, really?

問9(2)の解説と解答

①の問題文を見ると

場面が<休み時間に校庭で>の会話で、
A と B が会話しています。

この会話をよく見ると、
A が “(    practice    ) every day ?” と質問したら
B が “Yes, I do.” と答えています。

そこから、
A は、”Do you 〜?” の質問だとわかります。
(※ Yes, I do. からわかります。)

サッカーの話をしていて
practice を使っての Do you 〜? の疑問文だとわかります。

👉ここから、正解は、Do you practice soccer (it) every day? となります。
※模範解答例としては、Do you practice every day? となっています。

②の問題文を見ると

場面が<週明けの教室で>の会話で
A と B が会話をしています。

内容を確認すると
A:あなたは良い週末を過ごしましたか。
B:いいえ、「busy」。たくさんすることあったのです。
A:本当?
〜となっています。

そこから、
「週末にたくさんすることがあって、”忙しかった”ので
良い週末ではなかった。」という内容になればいいようです。

▶︎「忙しかった」は過去形を用いて、「私は忙しかった。」と
すればいいので

👉正解は、I was ( very ) busy.  となります。

次は、問9(3)に入ります。

問9(3)

次の表の①から③は、サム(Sam)という男性の現在の情報を示しています。これらの情報を全て用いて、サムを紹介する英文を書きなさい。

①  職業  teacher
②  好きなスポーツ    tennis
③  車の有(◯)無(×)    ×

問9(3)の解説と解答

「サム」の紹介

授業で、「だれか」の紹介文を
英語で作成したことのある人は、すぐに理解できる問題です。

今回の①から③の「情報」を見ると
「過去」に関する情報はないようなので、
基本的に「現在形」を用いて紹介すると良いようです。

「現在」の文で、主語が Sam なので、
さて、何が起こるかわかりますか?

ー答えは、「3単現」です。
(一般動詞の語尾に -es がつく語形変化ですね。)

この3単現に気をつけ、
主語を Sam や he にしてシンブルに英語にして行きます。

情報から、「日本文」にすると

①職業:teacher からすると
「サムは、teacher です。」という英文を作ります。

②好きなスポーツ:tennis からすると
「彼はテニスが好きです。」という英文を作ります。

③車の有無:無し からすると
「彼は車を持っていません・」という英文を作ります。

👉ここから、正解は
① Sam is a teacher.
※サム=先生なので、be動詞を用います。a を忘れずに。
② He likes tennis.
※3単現なので、like が likes になります。
③ He doesn’t have a car.
※3単現の否定文なので、doesn’t +動詞の原形〜 になります。
〜となります。

これで、問9は終了です。

次は、問10に入ります。

問10

初めて日本を訪れる外国人観光客向けに、パンフレットを作ることになりました。あなたは、A GIft from Japan! (日本らしいお土産)の記事を担当します。そこであなたがすすめたいものを1つ決めて、理由とともに30語以上の英語で記事を書きなさい。

※  短縮形(I’m や don’t など)は1語と数え、符号( , や ? )は語数に含めません。

(例) No, I’m not. 【3語】

※ 下の枠は、下書きに使っても構いません。解答は必ず解答用紙に書きなさい。

問10の解説と解答

この問題は、
まず「すすめたいもの」を「思いつくかどうか」がポイントです。

条件は、「外国人観光客にすすめる日本らしいお土産」です。

①例えば、以下のようなものが出てくるかもしれません。

箸(はし)、印鑑、抹茶、浴衣、湯飲み茶碗、うどん、ラーメン、そば

②出てきた中で、できるだけ簡単な説明ができそうなものを選びましょう。
→例えば、ここでは「ラーメン」を選んでみましょう。

👉③「ラーメン」でサンプルを作ってみましょう。
Ramen is Japanese noodles. It is very popular. It has many kinds of ramen, for example, miso-ramen, shio-ramen, shoyu-ramen. I like miso-ramen very much.  Its soup is very delicioius, and its noodles are very good to eat. Please try it.

※基本的に、
「そのものが、どんなものであるのか。」
「どんな種類があるのか。」
【お勧めるする理由】として
ー「日本で人気があるもの。」
ー「自分はそれに対してどうなのかー好きなのか。」
ー「そのものの特徴は何なのか。」
などのことを英語で表現すると、だいたい解答になっていくと
思います。

なお、解答例としては、「抹茶」を取り上げています。
👉 Maccha is popular in Japan. It’s a kind of green tea. Many Japanese people love to drink it. You can use it for cooking, too. You can make maccho cake with it.

今回はここまで。

次は最後の「話すこと」を取り上げます。「全国学力・学習状況調査・英語予備調査」は
「①」から「⑥」まであります。
次の問題は下記をクリックすると
ご覧になれます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする