比較〜基礎編

今回から、
「比較」について取り上げます。

英語で「比較」と言えば、
すぐに、
as ….. as、
比較級、
最上級
と思い出す人も多いかと思いますが、
まず、最初は
形容詞、副詞の話から。


比較って、何を「比較」するのか?

比較とは、
2つ以上のものを「比較」する時に使われる表現全体
を指すのですが、一体「何」を比較しているのでしょうか?

例えば、こんな英文がありますよね。
① Ken is as old as Emi.
② Tom can run faster than Bob.

それぞれの英文を解説すると

①は「トムはエミと同じくらいのとしです。」
という意味で、as 〜 as の間には old という
形容詞があり、「年齢の度合い」を比較しています。

②は「トムはボブより速く走ることができる。」
という意味で、fast という副詞が、faster という
形に変わって(比較級)「速さの度合い」を
比較しています。

このように、
よく考えると当たり前なのですが、
英語の「比較」というのは、
①形容詞(名詞を説明/修飾する言葉)
②副詞(名詞以外を説明/修飾する言葉)
を「比較」している形のことを言うのでです。

「比較」は、形容詞副詞に特有の表現方法です。

 

それでは、
この「比較」という表現は特別な文の形を必要とするのでしょうか?

「比較」の時の文の形(語順)は変わるの?

英語は「語順(文の形)」で「意味」が決まる言語ですが、
この「比較」の表現をする時、何か特別な語順があるのでしょうか?

例文を挙げます。

③ Your computer is newer than mine.
「あなたのコンピュータは私のものより新しい。」
④ Iguazu Falls is the widest waterfall in the world.
「イグアスの滝は世界で一番広い滝です。」
⑤ May got up the earliest in her family yesterday.
「メイは昨日家族の中で一番早く起きた。」

それぞれ分析しましょう。
③の英文は、もともとは

Your computer is new. で
それに「比較する相手」加えて、
Your computer is newer than mine.

となっただけで、基本の文の形(語順)は変わっていません。

④の英文は、もともとは

Iguazu Falls is a wide waterfall. で
それに「世界で一番」という意味を加えて
Iguazu Falls is the widest waterfall in the world.

となっただけで、基本の文の形(語順)は変わっていません。

⑤の英文も、もともとは

May got up early yesterday.で
それに「家族で一番」という意味を加えて
May got up the earliest in her family yesterday.

となっただけで、基本の文の形(語順)は変わってません。
※黄色いマーカーの部分:形容詞、副詞が変わった部分
※青字の部分:付け加えらた表現

 

このように「比較」表現をする場合は、
語順はそのままで、形容詞、副詞がそれぞれの「比較」に応じた形に
変化するだけである、ということも押さえておきましょう。

「比較」の表現は、特別な語順を必要としない。
形容詞、副詞だけがその「比較」に応じた形に変化するだけ。

「比較」する時に必要な「形」とは?

「比較」の表現をする時には、
形容詞・副詞の3つの形を覚えておかなくていけません。
その形とは、

原級ー比較級ー最上級 の3つです。

それぞれの形は次の表現の場合使います。
原 級:2者を比べて同程度の表現(〜と同じくらい)使われる形
👉
ex.1  I am as busy as Ken.
「私はケンと同じくらい忙しい。」

比較級:2者を比べて差がある場合(より〜だ)使われる形
👉
ex.2  I am busier than you.
「私はあなたより忙しい。」

最上級:3者以上を比べて「一番〜だ」と表現する場合使われる形
👉
ex.3  I am the busiest in my family.
「私は家族の中で一番忙しい。」

このように
「忙しい:busy」という形容詞を用いて「比較」する場合は、

busy(原級)busier(比較級)busiest(最上級)

というように変化させて、使うわけです。

それぞれの形について、少し確認しましょう。

原級って、どんな形?

◎「原級」とは、形容詞・副詞のもとの形、語形変化していない形
のことです。

「美しい(形容詞)」であれば、beautiful
「一生懸命に(副詞)」であれば、hard
のように、そのままの形を「原級」と言います。

▶︎「比較」では
「〜と同じくらい」という意味で、
as 形容詞・副詞の原級 as という表現を使います。

比較級って、どんな形?

◎「比較級」とは、2者を比較して
差があり「より〜だ」という意味になる形容詞・副詞の形です。

▶︎この「比較級」に2種類の変化の仕方があります。
①普通(短い単語)の場合は、 -er で終わるように変化します。
old →比較級 older / young → 比較級 younger
hard → 比較級 harder / early → 比較級 earlier

②長い単語の場合は、形容詞・副詞の前に more を置きます。
careful → 比較級 more careful / famous → 比較級 more famous
useful → 比較級 more useful / quickly → 比較級 more quickly
※「長い単語」とは、
正確に言うと、「2音節および3音節以上の語」と「語尾が -ly で
終わるもの( early だけは例外)」となります。

ただ、「音節」そのものの説明も難しいので、
中学生であれば、下記のような単語が「長い単語」だと
覚えてしまった方が早いと思います。

【中学生が覚えるべき「長い単語(形容詞・副詞)」】
◎形容詞編
・beautiful(美しい)
・delicious(おいしい)
・difficult(難しい)
・exciting(ワクワクする)
・expensive(高価な)
・famous(有名な)
・important(重要な)
・interested(興味のある)
・interesting(おもしろい)
・necessary(必要な)
・popular(人気のある)
・surprised(びっくりした)
・tired(疲れた)
・useful(役に立つ)
・wonderful(素晴らしい)
◎副詞編
・easily(簡単に)
・quickly(素早く)
・slowly(遅く)

最上級って、どんな形?

◎「最上級」とは、3者以上を比較して
「一番〜だ / に」という意味になる形容詞・副詞の形です。

▶︎この「最上級」にも2種類の変化の仕方があります。
①普通(短い単語)の場合は、 -est で終わるように変化します。
※せっかくので「上」の「比較級」の部分で取り上げた単語の最上級を示します。
old →比較級 older → 最上級 (the)oldest
young → younger → 最上級 (the)youngest
hard → 比較級 harder → 最上級 (the)hardest
early → 比較級 earlier → 最上級 (the)earliest

②長い単語の場合は、形容詞・副詞の前に most を置きます。
careful → 比較級 more careful → 最上級 (the) most careful
famous → 比較級 more famous → 最上級(the)most famous
useful → 比較級 more useful → 最上級(the)most useful
quickly → 比較級 more quickly → 最上級(the)most quickly
※1どちらにも最上級に(the)がついているのは、
基本的に最上級は the をつけて表現するためです。
※2「長い単語」については、上記の「比較級」のところで
説明しています。

しかし、これだけではないんです。
なんと、不規則な変化をするものもあります。

不規則な変化をする形容詞・副詞

不規則変化するものは、下記の6つを覚えてしまえば、
中学校では大丈夫です。

【不規則な変化をする形容詞・副詞】
bad(悪い)ー worse ー(the)worst
good(良い)ー better ー(the) best
well(上手に)ー better ー(the)best
little(少ない)ー less ー(the)least
many(<数が>多い)ー more ー (the)most
much(<量が>多い)ー more ー(the)most

 

このような部分を押さえた上で、
次回から具体的な「比較」の表現にして解説していきます。

 

「比較」については、他に3つの記事があります。
下記にリストアップしますので、どうぞクリックして
ご覧ください。
as….as の表現
比較級
最上級

中学校英語の基礎固め用のブログを作りました!
ブログ「5問で復習-中学校英語の基礎」

このブログは、
中学生を対象としたものです。
英語の基礎固めを目的として、
毎回のテーマに合わせた問題が
5問出題され、
次のページでそれに対する
解答・詳しい解説がなされる、
という構成になっています。
興味がある方は、
どうぞ訪問してみてください。

比較
スポンサーリンク
keiをフォローする
英語の素 eigonomoto.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました