比較〜比較級

比較表現の3回目、今回は比較級を解説します。


2者を比べて「差がある表現」・・・比較級

まずは、「比較級」について簡単にまとめると
だいたい次の通りになるでしょうか。

「比較級」とは

・2つのもの・人を比べて、「差がある場合」
→「Bより~だ」という表現になります。
→その時に英語で用いる形を「比較級」と言います。

・「比較級」とは、
基本的に、「形容詞」や「副詞」の語尾に -er がついた形です。
比較級形容詞 / 副詞+er
・また「Bより~だ」の「:比較する対象」を表現する場合は、 than を用いて
than と表現します。

2つのもの・人を比べて「差がある場合」・・・「比較級」を用いて

比較級形容詞 / 副詞+ er】than B 「Bよりも~だ」

これが、
「比較級」の基本的な使い方ですが、
「基礎編」でも扱ったようように、
比較級」には、
① -er の比較級(基本)
② 長い単語の比較級(more 〜)
③ 不規則変化する比較級の
3種類があります。

①-er の比較級の例文

・基本的に、比較級は、「形容詞・副詞+er」の形です。
※少し気をつけるものもあるのでチェックしましょう。
<気をつける -er の比較級>
big(大きい) ー bigger  /  hot(暑い) ー hotter
busy(忙しい) ー busier / easy(簡単な) ー easier / early(早く) ー earlier

・-er の例文をいくつかあげます。

ex.1  Ken is older than Tom. (ケンはトムより年上です。)
→ Ken と Tom の年齢を比べて差がある場合の表現
◎ old という【形容詞】を用いて → older

ex.2  Emi swims faster than I. (エミは私より速く泳ぎます。)
→ Emi と I の泳ぐ速さを比べて差がある場合の表現
◎ fast という【副詞】を用いて → faster

②長い単語の「比較級」とは

「比較級」は基本的には、語尾に -er をつけるのですが、
長い単語」には -er をつけると「さらに長い単語」になってしまうので、
代わりに「比較級」だとわかる単語を前につけます。
※これも「基礎編」で詳しく扱っています。

more +「長い単語(原級)」than B 
※原級とは、「そのままの形」という意味です。

中学校では、「長い単語」としてよく出題されるのは以下のものです。
・形容詞として:careful, important, difficult, beautiful, useful, popular, famous 
・副詞として:slowly, qucikly, easily

ex.1  Basketball is more popular than soccer in my class.
(私の学級ではバスケットボールはサッカーより人気があります。)

ex.2  Please speak more slowly.
(どうかもっとゆっくり話してください。)
than now が省略されています。

 

不規則な変化をする比較級の中では、
一番よく中学校で使われる better をしっかり覚えましょう。

③不規則な変化をする比較級 ~ better

・better は、「3つ」の単語の「比較級」になっています。
① good(形容詞:よい)→ 比較級 better
② well(副詞:上手に・うまく)→ 比較級 better
③ very much(副詞:とても)→ 比較級 better
③の very much は、I like dogs very much. の very much の使い方です。

ex.1  This PC is better than that one.
(このPCは、あのものより良い。)
→ this PC と that one の良さを比べて差がある場合の表現
◎ good という【形容詞】を用いて → better

ex.2  Ken can speak English better than Emi.
(ケンはエミより上手に英語を話せる。)
→ Ken と Emi の英語の話し方の「うまさ」を比べて差がある場合の表現
◎ well という【副詞】を用いて → better

ex.3  I like dogs better than cats.
(私は猫より犬の方が好きです。)
→ dogs と cats に対する「好き」の度合いを比べて差がある場合の表現
◎ very much という【副詞】を用いて → better

 

差が大きいこと、小さいこと、差を具体的に示す表現

「比較級」の基本を確認したら、
今度は、それを強調したりする表現もチェックしましょう。

①差が大きく、比較級を強調する言葉・・・much

・This house is larger than that one.(この家は、あの家より大きい)
→この英文を強調して、
「あの家よりずっと<はるかに>大きい」という場合は、
☞ This house is much larger than that one.  となります。
比較級を強める言葉は very でなく、much である

②差が小さく、「~よりも少し・・・」という言葉・・・a little

・His bike is newer than mine.(彼の自転車は、私のものより新しい。)
→この文章を「差を小さくして」、
「私のものより少し新しい」という場合は、
☞ His bike is a little newer than mine.  となります。

③差を具体的に示す場合・・・年齢の場合

・John is younger than Tom. (ジョンはトムより若い。)
→この文章に、
具体的に「2歳若い」という場合は、
☞ John is two years younger than Tom.  となります。
具体的な差( two years )を比較級の前に置くとよい

→この表現は、もう1つの別な表現もできます。
☞ John is younger than Tom by two years.
by をつけて具体的な差( two years ) を文末に加えるとよい

 

比較級を用いた覚えておくべき表現

比較級を用いた表現としては、次の2つをチェックしたいところです。

①「どちらが好きですか。」という表現

「AとBではどちらが好きですか。」という表現の場合・・・
Which do you like better, A or B?
それに対する答え方は、
I like A better ( than B ). 「私はAの方が好きです。」

ex.  Which do you like better, judo or kendo?
「柔道と剣道ではどちらが好きですか。」
ー I like judo better ( than kendo ).
「柔道の方が好きです。」
※Which の部分は、人が比較対象であれば、
Who を使うこともできます。

② who や which を主語として、比較級を用いるたずね方

Who +動詞+比較級、 A or B ?
→「AとBでは、だれが~ですか。」

Which +動詞+比較級、A or B ?
→「AとBでは、どちらが~ですか。」

ex.1 Who is taller, Ken or Tom?
ー Tom is.
(ケンとトムでは、だれがより背が高いですか。)
(トムです。)

ex.2 Who runs faster, Emi or May?
ー May does.
(エミとメイでは、だれがより速く走りますか。)
(メイです。)

ex.3 Which computer is better, this or that?
ー This is.
(こちらとあちらでは、どのコンピュータがよりよいですか。)
(こちらです。)

 

今回はここまで。

 

「比較」については、他に3つの記事があります。
下記にリストアップしますので、どうぞクリックして
ご覧ください。
基礎編
as….as の表現
最上級

中学校英語の基礎固め用のブログを作りました!
ブログ「5問で復習-中学校英語の基礎」

このブログは、
中学生を対象としたものです。
英語の基礎固めを目的として、
毎回のテーマに合わせた問題が
5問出題され、
次のページでそれに対する
解答・詳しい解説がなされる、
という構成になっています。
興味がある方は、
どうぞ訪問してみてください。

比較
スポンサーリンク
keiをフォローする
英語の素 eigonomoto.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました