5つの成分~番外編:助動詞

前回まで、5回にわたって
英語の5つの成分
(①主語 ②動詞 ③動詞を補足するもの ④場所 ⑤時)
についてお話してきましたが、今回は、
番外編として、②の前に位置する助動詞
取り扱います。



②動詞の前に位置する「助動詞」について

助動詞は、字のごとく
「動詞を助けて、表現を豊かにするもの」です。

そこで、まず最初に助動詞を使うときの
基本的な4つのポイントを押さえましょう。

助動詞の4つのポイント

<4つのポイント>
1) すぐ後ろに動詞の原形(元の形)がやってくる。

2) 否定文を作るときには
助動詞の後ろに not を置く。

3) 疑問文を作るときには
助動詞を一番前に持ってくる。

4) 2つの助動詞はそのままの形で並べられない。
具体的には・・・
・will can ではなくて → will be able to +動詞の原形
・will must ではなくて  → will have to +動詞の原形
※4)に関しては、中学生レベルでは、この2つを覚えておけば、
大丈夫です。おそらく will の方が「力」が強いんですね。

基本的な助動詞の使い方

can = be able to 「~ができる」能力・可能を示します
ex. Paul can play the shamisen.
( Paul is able to play the shamisen.)

・must = have/has to 「~しなければいけない」義務を示します
ex. I must write a report by tomorrow.
( I have to write a report by tomorrow.)

・will = be going to 「~するでしょう」未来・意思を示します
ex. You will visit Nara next year.
( You are going to visit Nara next year.)
※注意:will not の短縮形は won’t となります。

・may 「~かもしれない」可能性を示します
ex. It may rain tomorrow.

よく使われる疑問文の形

許可を求める言い方「~していいですか」2つの表現

Can I use your pen?
→答え方:Yes, of course (please). / Sure. / OK.
[断る場合] I’m sorry, you can’t. / I’m afraid not.
May I help you ?
→答え方:Yes, of course (please). / Sure. / OK.
[断る場合] I’m afraid not.
※ May I ~ ? の方が丁寧な聞き方です。

相手に依頼する言い方「~してくれませんか」2つの表現

Can you close the door?
→答え方:All right. / OK. / Certainly.
[断る場合] Sorry, I can’t.
(No, I can’t. は少しぶっきらぼうな言い方)
Will you tell me the way to the staion?
→答え方:All right. / OK. / Sure. / Certainly.
[断る場合] Sorry, I won’t.
(No, I won’t. は少しぶっきらぼうな言い方)
Can, Will の過去形( Could, Would) を用いるとより丁寧になります。

自分から進んで「~しましょうか」 Shall I 〜?

ex. Shall I carry your bag?
→答え方:Yes, please. / No, thank you.

みんなで「~しましょうか」Shall we 〜?

ex. Shall we dance?
※ Let’s dance. とほぼ同じ意味です。
→答え方:Yes, let’s.  / No, let’s not.

過去の表現で気を付けるもの

・「~しなければならなかった」
→ must には過去形がないので、
have to を過去形にして、had to を用います。
ex. You had to study hard last year.

否定文の意味に注意するもの

・must not (=mustn’t) 「~してはいけない」
ex. You must not run in this park.
※ Don’t run in this park. (禁止の命令文) とほぼ同じ意味です。

・don’t have to 「~する必要はない」
ex. You don’t have to take off your shoes here.

以上、ポイント・例文だけを羅列しましたが、
助動詞が「表現を豊かにする」という役割をしている分、
表現の仕方も多様です。一つ一つの意味を例文とともに
理解し、確認しながら、繰り返し定着させましょう。

 

「5つの成分」の記事はこの他に5つの成分(記事)があります。
どうぞお読みになりたい記事をクリックしてみてください。
5つの成分〜主語について
5つの成分〜動詞について
5つの成分〜動詞を補足するもの
5つの成分〜場所
5つの成分〜時

中学校英語の基礎固め用のブログを作りました!
ブログ「5問で復習-中学校英語の基礎」

このブログは、
中学生を対象としたものです。
英語の基礎固めを目的として、
毎回のテーマに合わせた問題が
5問出題され、
次のページでそれに対する
解答・詳しい解説がなされる、
という構成になっています。
興味がある方は、
どうぞ訪問してみてください。

5つの成分語順
スポンサーリンク
keiをフォローする
英語の素 eigonomoto.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました