「 2017年07月05日 」一覧

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1学年の1学期に押さえたいポイント②

1学年1学期のポイントの2回目。前回に引き続き、ポイント3として「be動詞の意味と働き」、ポイント4として「一般動詞の意味と働き」をあげました。英語は、日本語と違い、「動詞の部分」に様々な情報が集中しています(「時」が何であるか、目的語を取るか、主語が単数か複数かなど)。だからこそ、入門期にbe動詞と一般動詞の意味と働きを繰り返し指導する必要があるのです。