関係代名詞について~who主格③

今回は、関係代名詞 who の主格の最後、3回目です。

1回目では、関係代名詞 who 主格の特徴
2回目では、2つの英文を1つにする関係代名詞
についてお話してきましたが、

今回は、「関係代名詞」を用いた英作文のポイント
取り上げます。

関係代名詞を含む英作文のポイント

まずは、一般的な英作文のポイントを確認しましょう。

今回は最初なので、
少し細かくお話します。

まず最初に確認しなければいけないことは、「文の種類」です。

「文の種類」を確認!

・英文には大きく分けて、5種類の文の種類があります。

①肯定文:「~である」と物事を事実であると認める文
②否定文:「~でない」と物事を事実ではないと認める文
③疑問文:相手に答えを求めるためにたずねる文
④命令文:相手に何かをするように / しないように指示する文
⑤感嘆文:物事を感動、驚きをもって強調して表現する文

自分が「英作文」しようとする文が、
この5つの種類の文の何の文なのかをまず読み取ることが、
英作文の第1歩です。

「文の種類」についてさらに詳しい情報は、
当ブログの
ーカテゴリー「文の種類」を参考にしてください。

「文の種類」が確定したら、
今度は、その文の「5つの成分」を確認することです。

「5つの成分」を確認!

・英文は、主に「5つの成分」で構成されています。

①主語(「~は」にあたる部分。文の主体)
②動詞(主語の動作や状態などを表す。)
③動詞を補足するもの
(目的語や補語、形容詞・副詞なども含みます。「③がない」時もあります。)
④場所
⑤時

「文の種類」が確定できたら、
「日本文」を読んで、その構成要素をこの英文の5つの種類のどれに当たるのか読み取りましょう。実はここの部分が授業ではあまり扱われていないため、英作文に苦手意識をもつ生徒が多いのです。
特に大事なのは、
やはり「主語」と「動詞」の2つです。
この2つの「成分」を確認できれば、ほぼ「英文」ができたのと同じです。

「5つの成分」についてさらに詳しい情報は、
当ブログの
ーカテゴリー「語順」を参考にしてください。

これらのポイントを土台として
関係代名詞を含む英作文に挑戦してみましょう。

英作文に挑戦①

まず、日本文を提示します。英語にしてみましょう。

私たちは英語を上手に話せる友達必要だ。」

①「文の種類」の確認
→「~だ。」で終わっているので、肯定文です。
②「5つの成分」の確認
主語「私たちは」
動詞「必要だ」
動詞を補足するもの友達」➡【しっぽのある名詞】
(動詞から推測する。「必要だ」→何が?→「友達」)
※「友達」の説明➡【しっぽ】
友達」+「英語を上手に話せる

主語動詞動詞を補足するもの の部分を英語にする
We need a friend.

動詞を補足するもの a friend説明を加える
・a friend が人なので、関係代名詞 who を使います。
・a friend が「英語を上手に話せる」ので、who は主格です。
who can speak English wella friend に加えます。
a friend who can speak Engish well

③と④で英文が完成です!
We need a friend who can speak English well.

英作文に挑戦②

次の日本文です。英作文に挑戦しましょう。

バイオリンを弾いているあの少女はメイです。」

①「文の種類」の確認
→「~です。」で終わっているので、肯定文です。
②「5つの成分」の確認
主語「あの少女は」➡【しっぽのある名詞】
※「あの少女」の説明➡【しっぽ】
あの少女」+「バイオリンを弾いている
動詞「~です。」
※この場合は、「あの少女」=「メイ」なので、「=」動詞である be動詞を使います。
動詞を補足するもの「メイ」

主語動詞動詞を補足するもの の部分を英語にする
That girl is May.

主語 that girl説明を加える
・that girl が人なので、関係代名詞 who を使います。
・that girl が「バイオリンを弾いている」ので、who は主格です。
→現在進行形を用いて who is playing the violinとなり、that girl に加えます。
that girl who is playing the violin

⑤④でできた「主語」をそのまま「主語」の位置に置いて完成!
That girl who is playing the violin is May.

 

英作文に挑戦③

最後の挑戦です。

この写真を撮ったあなたは知っていますか。」

①「文の種類」の確認
→「~いますか。」で終わっているので、疑問文です。

②「5つの成分」の確認
主語「あなたは」
動詞「知っている」
※「あなたは~を知っています」の疑問文になります。一般動詞 know を使って、
現在の疑問文なので、Do you know ~? の形になります。
動詞を補足するもの「➡【しっぽのある名詞】
(動詞から推測する。「知っている」→何を?→「人」)
※「人」の説明➡【しっぽ】
」+「この写真を撮った

主語動詞動詞を補足するもの の部分を英語にする
You know the man.
→疑問文にする:Do you know the man ?

動詞を補足するもの the man説明を加える
・the man が人なので、関係代名詞 who を使います。
・the man が「この写真を撮った」ので、 who は主格です。
who took this picturethe man に加えます。
the man who took this picture

③と④で英文が完成です!
Do you know the man who took this picture?

 

これで、関係代名詞 who 主格については終わりです。

 

「関係代名詞について〜who主格」は「①」から「③」まで
あります。下記にリストアップしてますので、興味のある方は
どうぞクリックしてお読みください。
who主格①基礎編
who主格②2つの文を1つにする

中学校英語の基礎固め用のブログを作りました!
ブログ「5問で復習-中学校英語の基礎」

このブログは、
中学生を対象としたものです。
英語の基礎固めを目的として、
毎回のテーマに合わせた問題が
5問出題され、
次のページでそれに対する
解答・詳しい解説がなされる、
という構成になっています。
興味がある方は、
どうぞ訪問してみてください。

who 主格関係代名詞
スポンサーリンク
keiをフォローする
英語の素 eigonomoto.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました