関係代名詞について~which主格③

which主格の3回目です。

1回目では、関係代名詞 which 主格の特徴
2回目では、2つの英文を1つにする役割
についてお話してきましたが、

今回は、「関係代名詞」を用いた英作文について取り挙げます。

英作文をする時は、
First step:「文の種類」を確認
Second step:「5つの成分」を確認
をするところから始まるのですが、
このことについては、前回の「関係代名詞について~who主格③」で
お話したので、簡単な確認だけとします。

英作文のポイント1:「文の種類」を確認!

・英文には大きく分けて、5種類の文の種類があります。

①肯定文:「~である」と物事を事実であると認める文
②否定文:「~でない」と物事を事実でないと認める文
③疑問文:相手に答えを求めるためにたずねる文
④命令文:相手に何かをするように / しないように指示する文
⑤感嘆文:物事を感動、驚きをもって強調して表現する文

まずは、自分がこれから「英作文」しようとする文が、
この「5つの種類の文」の何であるかを確認するのが、
第1段階です。

英作文のポイント2:「5つの成分」を確認!

・「文の種類」を確認したら、次は「日本文」を読んで、それぞれの部分が
英語の「5つの成分」のどれなのかを確認する必要があります。

①主語(「~は」にあたる部分。文の主体)
②動詞(主語の動作や状態などを表す。)
③動詞を補足するもの
(目的語や補語、形容詞・副詞なども含みます。この③の部分がない場合もあります。)
④場所
⑤時

・英作文が苦手だという人は、
ここの部分を理解するのに困難さを感じる人が多いようです。

やはり最後は「国語力(日本語力」がポイントになるのです。

それでは、英作文に挑戦しましょう。

英作文に挑戦①

まず、日本文を示すので、手順に合わせて英語にしてみましょう。

この図書館には無料で使えるコンピュータある。」

①「文の種類」の確認
→「~がある。」と終わっているので、肯定文です。

②「5つの成分」の確認
主語「この図書館には」
動詞「ある(※ここでは「所有する」の意味です。)
動詞を補足するものコンピュータ」➡【しっぽのある名詞】
※「コンピュータ」の説明➡【しっぽ】
コンピュータ」+「無料で使える

主語動詞動詞を補足するもの の部分を英語にする
This library has computers.

動詞を補足するもの computers説明を加える
・computers が「もの」なので、関係代名詞 which を使います。
・computers が「無料で使える」ので、which は主格です。
→ which can be used for free を computers に加えます。(※for free で「無料で」)
computers which can be used for free

③と④で英文が完成です!
This library has computers which can be used for free.

英作文に挑戦②

次の日本文を見てみましょう。

あの丘に立っている家は私のおじの家です。」

①「文の種類」の確認
→「~です。」で終わっているので、肯定文です。
②「5つの成分」の確認
主語「家は」➡【しっぽのある名詞】
※「家」の説明➡【しっぽ】
」+「あの丘に立っている
動詞「~です。」
※この場合は、「家」=「私のおじの家」なので、「=」動詞である be動詞を使います。
動詞を補足するもの「私のおじの家」
※主語で house が出てくるので、「私のおじの家」は「私のおじのもの」と表現します。

主語動詞動詞を補足するもの の部分を英語にする
The house is my uncle’s.

主語 the house説明を加える
・the house が「もの」なので、関係代名詞 which を使います。
・the house が「あの丘に立っている」ので、which は主格です。
which stands on that hillthe house に加えます。
(「立っている」は状態を表しているので進行形ではありません。また、【しっぽ】の動詞
stands は、「現在」の文で「主語」が the house なので3単現になり、-s がつきます。)
the house which stands on that hill

⑤④でできた「主語」をそのまま「主語」の位置に置いて完成!
The house which stands on that hill is my uncle’s.

英作文に挑戦③

最後の挑戦です。

駅に行くあのバス見て!」

①「文の種類」の確認
→「主語」がなく「指示」を出しているので、命令文です。

②「5つの成分」の確認
主語 なし
動詞「見て(見る)」
動詞を補足するもの「あのバス」➡【しっぽのある名詞】
(動詞から推測する。「見て」→何を?→「あのバス」を)
※「あのバス」の説明➡【しっぽ】
あのバス」+「駅に行く

③命令文なので・・・動詞の原形動詞を補足するもの の部分を英語にする
Look at that bus.

④動詞を補足するもの that bus に説明を加える
・that bus が「もの」なので、関係代名詞 which を使います。
・that bus が「駅に行く」ので、which は主格です。
→ which goes to the station を that bus に加えます。
(【しっぽ】の動詞 goes は、「現在」の文で「主語」が that bus で3単現になり、-es がつきます。)
→ that bus which goes to the station

③と④で英文が完成です。
Look at that bus which goes to the station.

これで、関係代名詞 which 主格については終わりです。

「関係代名詞について〜which主格」は「①」から「③」まで
あります。下記にリストアップしてますので、興味のある方は
どうぞクリックしてお読みください。
which主格①基礎編
which主格②2つの文を1つにする

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする