21-「現代英語」9/2

9/2 の『高校生から始める「現代英語」』を聞いての勉強内容です。

🔴 「現代英語」では、
Lesson ごとのテーマがあり、Part 1 では ニュース英文の理解、そして
Part 2 では学んだ英文の反訳トレーニングをするという構成をとっています。

Lesson 15 Suez Canal reopened, hundreds of ships pass through – Part 1

Opening その他で

Hannah Grace の部分だけピックアップしました。
● Opening
– Hi, I’m Hannah Grace. Thanks for joining us.

● News の英語を聞く
– Let’s listen to today’s news.

● 解説が終わり、もう一度 news を聞く
– Now let’s listen to the news again.

● 最後に
– Thanks for joining us today.

Words and Phrases

① run aground
👉(船が)走って地面の上に至る、座礁する
“after a massive container ship ran aground 〜”
※ massive:巨大な

② oversee
👉上から見る、監督する、監視する
“a company overseeing shipping in the waterway”
※ shipping:船で運ぶこと、船舶輸送、海運

③ get stuck
👉 stick が突き刺さったかのように動けなくなる、立ち往生する
“why it got stuck in the waterway 〜”

見出し  Sues Canal reopened, hundreds of ships pass through

🔴普通の文にすると

The Suez Canal has been reopened, and hundreds of ships have passed through (it).
◎スエズ運河が再開されました、そして何百もの船が通貨しました。

【ポイント】
①見出しでの「過去形」▶︎実は「受動態」であることが多い
②見出しでのコンマは and を省略したものと考えることができる

 

 

 

解説の中でチェック! 

🟠 be open to traffic
👉
「traffic に対して開かれている」▶︎「開通している」
※ニュースの文脈から「運河の通航が再開された」
“the world’s busiest waterway is now open to traffic.”

🟠 This comes after a massive container ship ran aground 〜
👉
ここでの come は「起きる」
※(災害などが)起こる、生じる、(事が)結果として起こる

🟠 all 422 ships blocked by the Ever Given
👉 the Ever Given は座礁した船舶の名前

【 the Ever Given に関する情報】
・the 400-meter-long container ship ▶︎NY のエンパイアステートビルに匹敵する長さ
・owned by a Japanese company [所有者]
・operated by a Taiwanese firm [運航者]

🟠 Built in the 1860s, 〜
👉
「1860年代に建設されて」
▶︎本来は、”Having been” built in the 1860s, …. [受け身の完了形で、分詞構文]

【 the Suez Canal に関する情報】
・built in the 1860s
・a major shortcut for shops between Asia and Europe

Things You Should Know

「英語は同じ単語の繰り返しを嫌う」ことを復習しよう

👉なぜ?
・同じ単語や表現を繰り返し使うと、音声も外見も単調になりがち。
▶︎ボキャブラリーが貧弱で、稚拙な文章であるという印象を与えるから

👉「言い換え」のために、
・英語圏ではその表現をリストアップした類義語辞典 (thesaurus)が発達

👉「言い換えられた」表現は、
厳密には、それぞれのニュアンスは異なりますが….
▶︎「言い換えられた」場合は、そのニュアンスに関係なく、ほぼ同じ意味になる

👉「言い換え」が多いのは、
・「話し言葉」よりも、「書き言葉」、
・そして「複雑な長文」になるほど、「言い換え」が増えます。

【今回の記事での言い換え例】
・canal [運河] – waterway – channel 
・pass through [通過する] – go through
・ship [船] – vessel
・company [会社] – firm

現代の言葉   container ship 

▶︎ container ship「コンテナ船」
◎ container は
何かを「contain(含める)もの」つまり「容器」なので
⇨スチール製などの大きな箱型容器に入れて貨物を運ぶ船

・コンテナのサイズなどは国際的に標準化されている
※トラックから船へ、そして貨物列車などへ、そのまま積み替えられるように。

 

これで、
Lesson 15 Part 1 は終了です。

中学校英語の基礎固め用のブログを作りました!
ブログ「5問で復習-中学校英語の基礎」

このブログは、
中学生を対象としたものです。
英語の基礎固めを目的として、
毎回のテーマに合わせた問題が
5問出題され、
次のページでそれに対する
解答・詳しい解説がなされる、
という構成になっています。
興味がある方は、
どうぞ訪問してみてください。

ラジオ講座21年度 現代英語
スポンサーリンク
keiをフォローする
英語の素 eigonomoto.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました