23-ラジオ英会話 発言タイプ Review (32)

1週間の「ラジオ英会話」の会話の原則の復習として
 Review をします。 

それでは第 34 週 ( 12月 Week 3 )の復習です。
※12
月号の「タイトル」は、11月同様「判断を表現する」となっていて、
同様に「発言タイプ」の学習をするので、
発言タイプ Review (32) とします。

発言タイプ Review (32)

・ Week 34 は、評価①②、これから①② を学習しました。

◎今年度は「感謝したい」「頼み事をしたい」といった、発言のタイプ別
おすすめ表現を多数学びます。
※学んだ表現を上手に会話に生かすには、そもそも会話はどういった原則に
沿って行われるかの理解が欠かせません。
▶︎そこで、今月も「発言タイプ」について -「判断を表現する」を
テーマとしてます。

Lesson 166  発言タイプ:評価① 評価する

評価① 評価する
▶︎今回は「評価」にまつわる表現を学びましょう。
 [Key] Don’t underestimate the power of the human mind,
※人間精神の力を過小評価してはいけません。
👉 underestimate は、estimate に under が加わって「過小評価する」。
 「過大評価する」は、overestimate。
◎評価に関わるそのほかの表現も覚えましょう。
① overrate「過大評価をする」を用いた表現
※ That restaurant is overrated nowadays.
– rate は「割合・料金・評価」rating「格付け・評価」は日本語になりつつあります。
 I give it five stars. は「よくやった・上出来です」
② judge「判断する」evaluate「評価・査定する」を用いた表現
※ You can’t judge a book by its cover.  – 外見・見かけで価値を判断する
Evaluate yourself on a scale from one to ten,
– Don’t undervalue hard work. 「見くびる」- undervalue
③ appreciate「価値を認める、正しく高く評価する」を用いた表現
※ I appreciate the importance of English education.
※ His music is widely appreciated.
– I appreciate it. 「ありがとう」- 行為などを高く評価するから

Lesson 167  発言タイプ:評価② 問題点を伝える

評価② 問題点を伝える
▶︎今回は、「問題は〜だ」という表現を学んでいきましょう。

[Key] My only issue is this closet.
※私の唯一の問題はこのクローゼットです。
👉  issue は「検討・議論を要する問題(点)」- issue のイメージは外に出る。目の前にぶら下がる、
 解決を要する問題だということです。

◎問題点を伝える表現をいくつか見ておきましょう。

①「問題は〜だ」という表現
The trouble is that time is very limited. – trouble「困ったこと・やっかい事」
The problem is that time is very limited. – problem は「問題」
The issue is that time is very limited.
② concern「関心事・懸念・心配」worry「心配・悩み」を用いた表現
My biggest concern is that there won’t be enough time.
My biggest worry is that there won’t be enough time.
There’s serious concern about crime.
③ problem[trouble] +動詞 -ing形 を用いた表現「〜に問題を抱えている・困っている」
※ I have a health problem.
※ I have a problem sleeping.
※ I have trouble remembering names.
What’s the problem?

Lesson 168  発言タイプ:これから① 目標・希望を伝える

これから① 目標・希望を伝える
▶︎未来に対する見込み・希望を述べる表現を学びましょう。

[Key] It is my goal that people recognize we are connected to the past.
※私の目標は、私たちが過去とつながっていることに、人々が気づくことです。
👉 goal を用いた将来の目標を述べる表現

※そのほかの目標を述べる表現を学びましょう。

 

 

 

 

① goal, aim を用いた表現
My goal is to eliminate poverty.
My aim is to eliminate poverty. – aim は「標的を狙うイメージ」
② 助動詞等を用いた表現
※ I will become an astronaut. – will「〜するよ」
※ I am going to become an astronaut. – be going to「〜するつもり」
※ I want to become an astronaut. – want to「〜したい」
※ I would like to become an astronaut. – would like to「〜したい」
③ endgame を用いた表現
※ What’s your endgame?
※ My endgame is to open my own restaurant.
– endgame はゲームの最終局面。そこから「目標」のニュアンスが生まれます。

Lesson 169  発言タイプ:これから② 決める1

これから② 決める1ー「決定・決心」の基本表現
▶︎「決定」にまつわるさまざまな基本表現を学びましょう。

[Key] I’ve decided to do something totally different. 
※私はまったく違うことをすることに決めました。
👉 I’ve decided to 〜 は「私は〜することに決めました」は決定・決心を伝える便利な表現。
 現在完了形が、現在のその心積りを示しています。

◎「決定・決心」にまつわるさまざまな表現を学びましょう。

① make a decision を用いたさまざまなバリエーション
※ I made a quick decision to 〜. / I made a snap decision to 〜. 
※ I made a difficult decision to 〜.
※ I made a big decision to 〜.
※ I made a tough decision to 〜.
※ I made a poor decision to 〜,
② reach, come to を用いた表現
※ I’ve reached a decision to 〜.
※ I’ve come to a decision to 〜.
③「(典型的には2者間の)決定・選択」の call を用いた表現
That was a tough call.
④相手に決定権を委ねる表現
It’s your call.
That’s for you to decide.
It’s up to you.

 

 

これで
発言タイプ Review (32) 終了。

中学校英語の基礎固め用のブログを作りました!
ブログ「5問で復習-中学校英語の基礎」

このブログは、
中学生を対象としたものです。
英語の基礎固めを目的として、
毎回のテーマに合わせた問題が
5問出題され、
次のページでそれに対する
解答・詳しい解説がなされる、
という構成になっています。
興味がある方は、
どうぞ訪問してみてください。

23年度ラジオ英会話23-語順のreivew
スポンサーリンク
keiをフォローする
英語の素 eigonomoto.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました