23-ラジオ英会話 12/11

昨日の「ラジオ英会話」の勉強内容です。
tweet で発信してきたものを、
ブログで、まとめたものです。
(基本的に、テキストに書かれているものは省略しています)

12月のテーマも、判断を表現する

👉今年度は…
「感謝したい」「頼み事をしたい」といった、
発言のタイプ別おすすめ表現を多数学びます。
などへとゆっくり進めていきます。

◎12月は
▶︎先月に引き続き「発言タイプ」ー【判断を表現する】を勉強します。
 「失敗」「成功」「類似・同一・相違」や「決定」「決意表明」「相手の都合を尋ねる」など
 「これから」に関わる表現を学んでいきましょう。

Lesson 166  発言タイプ:評価① 評価する

👉評価① 評価する
▶︎今回は、「値踏み・評価」にまつわる表現を学びましょう。

会話の場面

登場人物

・ゼイトクス (Zaytox) と マサミ (Masami) 

状況

・ゼイトクスとマサミが将棋クラブの部室で話しています。さて、ゼイトクスは AIソフトと
 対決したようですが …..

Opening で

Onishi
▶︎ Christmas is overrated.

Roza
▶︎ Akino Roza here.

David
▶︎ And I’m David Evans. Just be careful, Sensei. Santa brings coal to bad boys.

Dialogue で

① You beat the Big West AI shogi program . 【 beat の過去形 】
👉さあ、beat – これは過去形で、ここでは使われていますよね。
 「打ち勝った」というわけです。

② But no human being has ever won against it. 【 ever のイメージ
👉さあ、ここでは ever という単語が出てきました。この単語は、at any time という
 イメージです。「いつの時を取っても」というわけですね。つまり、「今まで勝った人が
 いなかった」というわけです。

③ I doubt they have. 【 doubt の意味 】
👉さあ、I doubt – この doubt というのは「そうは思わない」という意味合いを持っています。

④ Our intelligence must seem limited to you. 【 limited が持つ意味
👉この limited という単語。limited というのは、基本的に「限られた」という話なんですが、
 「膨大にあって、でも限られていますよ」というわけではないです。
▶︎基本的に「乏しい」とか「ない」

You humans need to have more confidence. 【同格
👉さあ、you humans 2つの単語が並んでいますよね。同格です。「あなた方、人間」
 というわけです。

Practice 

David
▶︎ OK. It’s time for today’s practice. The core word in common with all these phrases
 is “value.” We only have a few. So let’s go slow. Take our time, and master them together.

Roza
▶︎ Let’s begin.

David
▶︎ Here’s our first.
・That restaurant is overrated nowadays.

Roza
▶︎ Let’s continue.
・You can’t judge a book by its cover.
 Next example.
・Evaluate yourself on a scale from one to ten.

David
▶︎ All right. And let’s try two more.
 ・I appreciate the importance of English education.
 ・His music is widely appreciated.

Roza
▶︎ Hey, guys. I appreciate how hard you work during the practice section.

David
▶︎ On a scale from one to ten, I give you “eleven”!

Ending

Onishi
▶︎ Hey, guys. Do you own any kiriko glasses?

David
▶︎ Oh, not me. They’re too rich for my blood.

Onishi
▶︎ How about you, Roza?

Roza
▶︎ I own one, really good one. And It’s really incredible how they’re made.
 if you get the one that’s made by a craft man, it’s just a universe in a glass.

0nishi
▶︎ Oh, that will be a Christmas present for me, right.

 

 

 

 

Words and Phrases

① Santa brings coal to bad boys.
👉サンタは悪い子に「炭」を持ってくるという言い伝えがある。
② too rich for one’s blood
👉自分には高すぎる、良すぎる
③ lose / win a case
👉(裁判で)敗訴する / 勝訴する
④ hype
👉メディア・広告での評判・盛り上がり

 

これで、
Lesson 166 は終了!

中学校英語の基礎固め用のブログを作りました!
ブログ「5問で復習-中学校英語の基礎」

このブログは、
中学生を対象としたものです。
英語の基礎固めを目的として、
毎回のテーマに合わせた問題が
5問出題され、
次のページでそれに対する
解答・詳しい解説がなされる、
という構成になっています。
興味がある方は、
どうぞ訪問してみてください。

ラジオ講座23年度ラジオ英会話
スポンサーリンク
keiをフォローする
英語の素 eigonomoto.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました