22-ラジオ英会話「語順」の Review ⑦

1週間の「ラジオ英会話」の文法内容を復習として
「語順」の Review をします。

それでは第 7 週 ( 5月 Week 3 )の復習です。
※第 7 週の復習を、「Reveiw ⑦」とします。

Week 7 の「語順」review

・ Week 7 は、基本動詞の come, go, be動詞, give について学習しています。
【基本動詞とは…】

日常頻繁に使われる動詞のこと。

【基本動詞の学習は…】

シンプルなイメージ(中核となる意味・ニュアンス)をつかみ、それがどういった状況に
使われるのかを具に理解し頭に入れることが必要

Lesson 31 come の方向・go の方向

🔴 come の基本イメージ👉「やってくる」
🔵 英語では、「会話で焦点が当たっている場所」を基準に go – come を選ぶ
※日本語は、「発言者の位置」を基準に go – come を選ぶ

[Key] I’ll come and pick you up at the station.
※私は駅まであなたを迎えに行きます。
▶︎この文では、「相手がいる場所(駅)」が基準となり、そこに近づくため come が選ばれています。

① Dinner’s ready. – OK! I’m coming. – 1階のダイニングに親、2階に子供
※話題の中心はダイニングルーム、そこの近づく動きだから come を選ぶ
② What time can you come to the restaurant? – 友達とレストランに行く予定
– I can come about six. Is that OK?

※話題の中心は the restaurant – だから両者とも come を使っている

 Lesson 32  go の変化・come の変化

🔴 com の基本イメージ👉「やってくる」
🔵 go も come も「移動を表す表現」⇨「状態の移行(変化)」を表す
go ▶︎「元の・本来の・あるべき状態」から離れる動き=「悪い変化」
come ▶︎「元の・本来の・あるべき状態」に近づく動き=「良い変化」

[Key] Our love’s gone sour.
※私たちの愛はダメになってしまいました。
▶︎この文は説明型オーバーラッピングの形。
基本は、our love = sour ですが、変化の go が使われているので
「 our love = sour になる」となります。
◎ sour は「酸っぱい」食品が腐敗すると酸っぱくなるところから「ダメになる」

go には「あるべき状態」「元の状態」から逸脱していく変化を表す
go wrong / go bad / go mad / go berserk / go gray / go bald / go rotten
come は「望んだ・あるべき状態」に近づく動きを表す
・Everything will come good.
come right / come into blossom
③ May your dream come true!
come true を用いた定番表現
Come on !
※こうした「相手を鼓舞」する表現にも come は使われる

 Lesson 33  be動詞

🔴 be動詞👉実質的な意味を持たない単なる「つなぎ(=)」
※そのため I’m / He’s / We’re などの短縮形が頻繁に使われる

[Key] (Is) Everything OK?
※何も問題はありませんか。
▶︎この文では、be動詞が省略されています。
be動詞がこのように時折省略されることが、その特殊性を物語っています。

① We‘re happy.
※be動詞はほぼ「説明型」で使われる。「主語」=「説明語句」
② He was sad.
※過去の be動詞は短縮しない – 「過去」という意味を担うから。
③ be動詞が日本語で様々に訳されるのは「日本語の都合」-英語では「=」
・Chris is in the garage.
・The party will be on Saturday.
・I’ll be there by ten.

 Lesson 34  give のイメージ

🔴 give のイメージ👉単に何かから何らかのものが「出てくる」状況一般を表す

[Key] This place gives me a strange feeling.
※ここにいると、私は奇妙な気分になります。
▶︎この文は、「この場所」から「妙な気分」が伝わってきた、ということ。

give me coffee /  give me a chance
※ give できるのは「モノ」だけではなく「抽象的なもの」も。
Give me a break. [いいかげんにしてくれ – break(休憩)させてくれから]
② He’s giving a presentation.
※この give は「パフォーマンスを出す」
give a party / give a lecture / give a class / give a lesson / give a speech 
give me a shock / give me satisfaction / give a cold / give me a headache
※感情やかぜなど抽象的なものも give でOK
④ give には、その行為がその人から「出てくる」感触がある
give me a sigh / give me a smile / give me a hug / give a kiss / give a ride

 

 

 

 

これで、
Week 7 の「語順」review は終了!

中学校英語の基礎固め用のブログを作りました!
ブログ「5問で復習-中学校英語の基礎」

このブログは、
中学生を対象としたものです。
英語の基礎固めを目的として、
毎回のテーマに合わせた問題が
5問出題され、
次のページでそれに対する
解答・詳しい解説がなされる、
という構成になっています。
興味がある方は、
どうぞ訪問してみてください。

22年度ラジオ英会話語順のreview
スポンサーリンク
keiをフォローする
英語の素 eigonomoto.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました