文の種類~疑問文①基本疑問文1

文の種類の3つめ、疑問文について入ります。

今回からは、「疑問文」に入ります。

まずは、「疑問文」とは、どんな文のことか、見てみましょう。

疑問文って?

・「疑問文」とは、「相手にたずねる文」のことです。

疑問文=「~ですか(ではないのですか)」と相手に答えを求めるためにたずねる文

・「疑問文」の基本的な構造は、
【「主語」ー「(隠れている)助動詞 」】の関係を「倒置ー逆に置くことです。

例文1 You are Ken.  ➡疑問文 Are you Ken?
「主語」「助動詞」=”You” – “are“ ➡倒置Are” – “you” ~?
※be動詞は、「助動詞」の役目もします。
参考~

例文2 Ken has money. ➡疑問文 Does Ken have money?
「主語」「(隠れている)助動詞」=”Ken” – “does” ➡倒置Does” – “Ken” ~?
参考~

例文3 Tom can swim.  ➡疑問文 Can Tom swim?
「主語」「助動詞」=”Tom” – “can” ➡倒置Can” – “Tom” ~?

このような基本的な疑問文の性格(倒置する)を理解したうえで、
具体的に疑問文をみましょう。

この疑問文にもいくつかの種類があり、
・基本疑問文:Yes / No で答えられる「~ですか」とたずねる文
・否定疑問文:Yes / No で答えられる「~ではないのですか」とたずねる文
・WH疑問文:WH疑問詞をもちいたたずねる文
・選択疑問文:複数のものを取り上げて、その中から1つを選択させるたずねる文。
・付加疑問文:「~ですね」と相手の同意や確認を求める文

に分けられます。

今回は、そのうち、一番の土台となる
基本疑問文」について見てみましょう。

基本疑問文って?

・「基本疑問文」という言葉そのものは、
中学校ではあまり使われることのないものだと思います。

普通であれば、「疑問文」「普通の疑問文」「Yes / No 疑問文」などと
授業では言われていると思いますが、

「~ではないのですか」という「否定形」の疑問文と区別するため、
「基本疑問文」という表現を使わせてもらいます。
(「肯定疑問文」という言い方もあります。)

なお、基本疑問文と否定疑問文をひとまとめにして、
Yes / No 疑問文( Yes / No question ) と呼ぶ場合もあります。
※どちらも、結局 Yes / No で答える疑問文だからです。

Yes / No 疑問文=基本疑問文+否定疑問文

このような用語も、
頭の中で整理するために
覚えておくようにしましょう。

助動詞を伴う基本疑問文

・助動詞を伴う基本疑問文であれば、基本的には、

助動詞主語動詞の原形~? の形で表現できます。※ Yes / No で答えられます。

・それに対する答え方は、

Yes, 主語の代名詞助動詞. /  No, 主語の代名詞助動詞 not (短縮形). となります。

それでは、基本的な助動詞の基本疑問文の例を、参考として肯定文とともに挙げます。

①-1 will:未来・意思を表す助動詞「~でしょう、~するつもりだ」
肯定:Linda will go shopping tomorrow.
⇓【倒置】
疑問:Will Linda go shopping tomorrow?     Yes, she will. / No, she will not(won’t).
(リンダは明日買い物に行くつもりですか。)

①-2 Will you ~?:依頼する言い方「~してくれませんか」
疑問:Will you tell me the way to the hospital?
(病院までの道を教えてくれませんか。
ー All right. OK. Certainly. / Sorry, I can’t. (No, I won’t. はぶっきらぼうなニュアンス)
※ Would you ~?になるとより丁寧な言い方になります。

②-1 can:能力・可能を表す助動詞「~することができる」
肯定:You can ski very well.
⇓【倒置】
疑問:Can you ski very well?   Yes, I can. / No, I can not(can’t).
(あなたはスキーをとても上手できるのですか。)

②-2 Can I ~? :許可を求める言い方「~してもいいですか」
疑問:Can I ask you some questions?
(あなたに質問してもいいですか。)
ー Yes, please( you can / of course ). Sure. OK. / I’m afraid not. I’m sorry, you can’t.
※ Can I  ~?、May I ~?、Could I ~?の順で丁寧な言い方になります。

②-3 Can you ~?:依頼する言い方「~してくれませんか」
疑問:Can you open the window?
(窓を開けてくれませんか。)
ー All right. OK. Certainly. / Sorry, I can’t.
※ Could you ~?になるとより丁寧な言い方になります。

③must:義務・必要を表す助動詞「~しなければいけない」
肯定:They must go jogging for health.
⇓【倒置】
疑問:Must they go jogging for hearth?  Yes, they must. / No, they don’t have to.
(彼らは健康のためにジョギングしなければならないのですか。)

④-1 may:可能性を表す助動詞「~かもしれない」
肯定:It may rain tomorrow.
⇓【倒置】
疑問:May it rain tomorrow?  Yes, it may. / No, it may not.
(明日雨が降るかもしれないのですか。)
※ May it rain! だと「雨が降りますように。」という祈願する言い方になります。

④-2 May I ~?:許可を求める言い方「~してもいいですか」※Can I~? より丁寧な言い方
疑問:May I use your bathroom?
(トイレを使ってもいいですか。)
ー Yes, of course( please ). Sure. OK. / I’m afraid not.

⑤should:義務・当然を表す助動詞「~すべきである、~した方がよい」
肯定:He should tell the truth.
⇓【倒置】
疑問:Should he tell the truth?  Yes, he should. / No, he should not(shouldn’t).
(彼は真実を告げるべきですか。)

今回はここまで。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする