入試センター試験2018⑬第4問B

今回は、第4問のBに入ります。

先に配点・内容を再確認です。

第4問の配点・配点40

第4問では、はグラフと説明文では広告文を題材としています。

は、説明文の内容と合う英文を選ぶ問題・・・4問各5点=計20点
は、広告文の内容と合う英文を選ぶ問題・・・4問各5点=計20点

今回も、第4問Aのように
選択肢、問題文を一気に扱いますので、記事そのものが長くなってしまいますが、
お許しください。

B【37】~【40】:広告文の内容と合う英文を選ぶ問題

B 次のページの料理教室に関する広告を読み、次の問い(問1~4)の【37】~【40】に入れるのに最も適当なものを、それぞれ下の①~④のうちから一つずつ選び

問1 What inspired Ralph Bearison to start Papa Bear Cooking School? 【37】
① He knew his family and friends were jealous of his cooking skills.
② He knew that fathers were not interested enough in cooking.
③ He wanted to give fathers opportunities to become professional cooks.
④ He wanted to teach fathers to cook quick, delicious, and healthy meals.

問2 Tony is going to participate in the French Course and use the discount coupon provided. He will also buy an apron-and-towel set from the school. How much will he pay in total?  【38】
① $270  ② $275  ③ $285  ④ $300

問3 Ed hopes to expand the variety of food he can cook for his family. He has no free time on weekends or mornings.Which cooking course would he most likely take?
【39】
① Chinese
② Italian
③ Japanese
④ Sunday Family Breakfast

問4 The advertisement suggests that 【40】.
① 12-year-old children can participate in the Sunday course at no cost
② Cooking Courses for Fathers will last longer than three months
③ Papa Bear Cooking School requires students to bring ingredients to classes
④ students at Papa Bear Cooking School can eat the food they cook

Papa Bear Cooking Schools
Cooking Courses for Fathers

Papa Bear Cooking School was established in 1992 by Ralph Bearison. He recognized that many fathers liked to cook but often didn’t have enough time to prepare meals. He hoped to share his interest in cooking meals in a short time that can learn to create a variety of meals under the guidance of professional cooks, making you the envy of your family and friends. The following cooking courses start in the first week of May.

Cooking Course Day Time Course Fee
Italian Tuesday 10:00 ~ 12:00 $150
French Wednesday 9:00 ~ 12:00 $250
Japanese Thursday 15:00 ~ 18:00 $250
Chinese Saturday 17:00 ~ 19:00 $200
Sunday Family Breakfast※ Sunday 8:00 ~ 10:00 $150

※Children aged 10 to 15 are welcome to join their fathers in the Sudany Family Breakfast Course for $100 per child.

➢ All courses are 10 weeks long.
➢   Fees include all ingredients.
➢   Cooking knives, silverware, such as forks and spoons, and plates will be provided by the school.

What to Bring
➢   An apron and towels (You can rent an apron-and-towel set for $6 per week or purchase a new set at our store for $50)
➢   An empty stomach!

10%off
Course Fee
Papre Bear
Cooking School

Check out our Papa Bear Cooking School website for details of our facilities and other cooking courses.

第4問B【37】~【40】の解答・・・各5点計20点

・Bには【37】~【40】の4問がありますが、それぞれの解答は下記の通りです。

【37】ー【38】ー【39】ー【40】ー

それでは順番通りに先に問題の選択肢を見て行きましょう。

各問題 問1【37】~問4【40】の読み取り

問1【37】・・・料理教室を始めた理由

問1 What inspired Ralph Bearison to start Papa Bear Cooking School? 【37】
① He knew his family and friends were jealous of his cooking skills.
② He knew that fathers were not interested enough in cooking.
③ He wanted to give fathers opportunities to become professional cooks.
④ He wanted to teach fathers to cook quick, delicious, and healthy meals.

・問題からおそらく Ralph Bearison という人が Papa Bear Cooking School の創始者であることが予想できます。
【料理教室名】Papa Bear Cooking School
【オーナー名】Ralph Bearison
→ 質問は、「何が、Rajph Bearison に Papa Bear Cooking School を始めさせたのですか」というように、創設した「理由」を聞いています。

選択肢は下記のような内容です。
① 彼は自分の家族や友達が自分の料理の腕前をうらやましく思っていることを知っていた。
② 彼はお父さんたちがあまり料理に興味を持っていないことを知っていた。
③ 彼はお父さんたちにプロの料理人になる機会を与えたかった。
④ 彼はお父さんたちに、すぐできて、おいしく、健康的な食事を作るように教えたかった。

問2【38】 ・・・トニーの参加費は?

問2 Tony is going to participate in the French Course and use the discount coupon provided. He will also buy an apron-and-towel set from the school. How much will he pay in total? 【38】
① $270 ② $275 ③ $285 ④ $300

・問題文から Tony の料理教室の参加費を答える問題であることがわかります。
・経費に関する記述は3つの赤字の部分です。
[1] the French Course・・・フレンチ料理のコース
[2] use the discount coupon ・・・クーポン券利用で割引
[3] buy an apron-and-towel set・・・エプロンとタオルのセット代

・後は「広告文」を読んで参加費を計算しましょう。選択肢は下記の通りです。
① $270 ② $275 ③ $285 ④ $300

問3【39】・・・エドが参加できるコースは?

問3 Ed hopes to expand the variety of food he can cook for his family. He has no free time on weekends or mornings.Which cooking course would he most likely take?
【39】
① Chinese
② Italian
③ Japanese
④ Sunday Family Breakfast

・Ed が参加できるコースを選ぶ問題です。
・条件は赤字の2つです。( no free time on weekends or mornings )
[1] 週末は時間がない
[2] 午前中も時間がない

・後は問題文を読んで、Ed が参加できるコールを選びましょう。選択肢は下記の通りです。
① Chinese
② Italian
③ Japanese
④ Sunday Family Breakfast

問4【40】・・・広告からわかること

問4 The advertisement suggests that 【40】.
① 12-year-old children can participate in the Sunday course at no cost
② Cooking Courses for Fathers will last longer than three months
③ Papa Bear Cooking School requires students to bring ingredients to classes
④ students at Papa Bear Cooking School can eat the food they cook

・「広告からわかること」が問題なので、選択肢もしっかりと読み込みましょう。

・選択肢の内容は下記の通りです。
① 12歳の子どもはただで日曜日のコースに参加できる
② お父さんのための料理コースは3か月以上かかる予定である
③ Papa Bear Cooking School は生徒たちに料理の材料を持って来ることを要求してる
④ Papa Bear Cookig School の生徒たちは自分たちがつくった料理を食べることができる

これらを押さえた上で、広告文を見てみましょう。

広告文の読みとりと解説

Papa Bear Cooking Schools
Cooking Courses for Fathers

Papa Bear Cooking School was established in 1992 by Ralph Bearison. He recognized that many fathers liked to cook but often didn’t have enough time to prepare meals. 【37】He hoped to share his interest in cooking meals in a short time that would tasete good and be good for their families.  At Papa Bear Cooking School, you can learn to create a variety of meals under the guidance of professional cooks, making you the envy of your family and friends. The following cooking courses start in the first week of May.

Cooking Course Day Time Course Fee
Italian Tuesday 10:00 ~ 12:00 $150
French Wednesday 9:00 ~ 12:00 $250
Japanese Thursday 15:00 ~ 18:00 $250
Chinese Saturday 17:00 ~ 19:00 $200
Sunday Family Breakfast※ Sunday 8:00 ~ 10:00 $150

※Children aged 10 to 15 are welcome to join their fathers in the Sudany Family Breakfast Course for $100 per child.

➢ All courses are 10 weeks long.
➢ Fees include all ingredients.
➢ Cooking knives, silverware, such as forks and spoons, and plates will be provided by the school.

What to Bring
➢ An apron and towels (You can rent an apron-and-towel set for $6 per week or purchase a new set at our store for $50)
➢ An empty stomach!

10%off
Course Fee
Papa Bear
Cooking School

Check out our Papa Bear Cooking School website for details of our facilities and other cooking courses.

①広告文の最初

・広告文の最初は、Papa Bear Cooking School が「いつ」「だれによって」「どうのような経緯」ではじまったか、が簡単に記されてています。
【37】の部分は、【37】の解答に直接関係する部分です。

内容は以下の通り。センテンスごとに示しています。
【タイトル】パパ・ベア・クッキング・スクール
・・・・・・お父さんたちのための料理コース

・パパ・ベア・クッキング・スクールはラルフ・ベアリゾンによって1982年に創立された。
・彼はたくさんのお父さん方が料理は好きだが、食事を用意する十分な時間がないことがよくあることを分かっていた。
・【37】彼は短時間でおいしく、家族にとってよい食事をつくることへの興味をシェアすることを願っていた。
・パパ・ベア・クッキング・スクールでは、みなさんはプロの料理人の指導のもとで、家族や友達をうらやましがらせるような、様々な食事を創ることを学べます。
・下の料理コースは5月の第1週から始まります。

【37】の解答は・・・

・上記の「問1【37】・・・料理教室を始めた理由」と、意味から考えて、
解答に一番ふさわしのは。

彼はお父さんたちに、すぐできて、おいしく、健康的な食事を作るように教えたかった。
( He wanted to teach fathers to cook quick, delicious, and healthy meals.)

となります。

②表の内容を確認すると

・表には、それぞれのコースの説明が書かれています。
確認すると【コース名 / 曜日 / 時間 / 費用】の順に下記の通りになっています。

・イタリアンコース / 火曜日 / 10:00 ~ 12:00 / 150ドル
・フレンチコース / 水曜日 / 9:00 ~ 12:00 / 250ドル
・日本食コース / 木曜日 / 15:00 ~ 18:00 / 250ドル
・中華コース / 土曜日 / 17:00 ~ 19:00 / 200ドル
・日曜日家族の朝食コース ※/ 日曜日 / 8:00 ~ 10:00 / 150ドル
※10歳から15歳までの子どもたちは1人あたり100ドルで「日曜家族の朝食コース」のお父さんと一緒の参加を歓迎いたします。

このコースの内容から、【39】の解答が分かります。

(ひとつ飛んで)【39】の解答は・・・

・【39】は、エドが参加できるコースを見つける問題です。
・問題から、エドは「週末と午前中」には時間がないと記されているので、
その条件に合うのは、③ Japanese となります。

正解は、

日本食のコース( Japanese :木曜日 15:00 ~ 18:00 ) 
となります。

③表の下からの内容

・コース説明の下には、それ以外の補足説明が書かれています。
その内容は下記の通りです。

➢ すべてのコースは、10週間のコースです。
➢ 費用(料金)は、すべての材料代を含みます。
➢ 料理のナイフや、フォーク、スプーン、皿のような食器類は料理教室で用意されます。

持参物
➢ エプロンとタオル(週6ドルで「エプロンとタオルのセット」をレンタルできますし、50ドルを出すとお店で新しいセットを購入できます。)
➢ 空腹のおなか!

【10%off のクーポン】

他のコースや詳細については私たちの「パパ・ベア・クッキング・スクール」のウェブサイトをチェックしてください。

【38】の解答は・・・

・【38】は、トニーの参加費を求める問題です。コースや補足の説明を読んで確認します。

・フレンチコース・・・250ドル
・10%オフのクーポン使用…250×0.1=25ドル
・・・250 – 25 = 225ドル
・エプロンとタオルセット購入・・・50ドル

すなわち 225 +50 = 275ドルが正解です。

275ドル

【40】の解答は・・・

・それぞれの内容を確認すると

① 12歳の子どもはただで日曜日のコースに参加できる
→補足説明から、「10~15歳のこども」は参加するのに100ドルかかるとあるので、間違い

② お父さんのための料理コースは3か月以上かかる予定である
→補足説明から、10週間のコースであることがわかるので、間違い

③ Papa Bear Cooking School は生徒たちに料理の材料を持って来ることを要求してる
→補足説明から、材料は料理教室で用意されることが明示されているので、間違い

Papa Bear Cookig School の生徒たちは自分たちがつくった料理を食べることができる
→補足説明から、持参物に “An empty stomach” と書かれているので、
「自分たちがつくった料理を食べることができる」ようです、正解

となります。

今回はここまで。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする