ing形について~用語の整理

今回から、ing形のお話をしていきたいと思います。

みなさん、一度は思ったことがありませんか?

ing形、現在分詞、動名詞の違いは?

・・・・と。

ing形、現在分詞、動名詞はどれも
形は、”~ing” で同じなので、意味が違うようだし、
先生は、同じ形なのに、「これが現在分詞で、
こっちは動名詞」「このing形は・・・・」などと区別して
言っているようだが、自分の頭の中は、「?????」

例えば・・・・
① I like taking a picture.
② Look at the swimming dog.
③ Ken is listening to music now.
④ Do you know the boys playing catch there?
Finishing this homework is difficult.
であれば、それぞれの ing形(赤い文字の部分)は、
①は、動名詞
②は、現在分詞
③は、現在分詞
④は、現在分詞
⑤は、動名詞 なんですが、

その違いが分かりますか?

今回はそのような区別が基本的にできる
ように整理してみようと思います。

形が同じなんだから、何か共通する点はあるの?

・どれも同じ形だというのは、
当然何かしらその根底に同じものがあるので、
それが形に現れていると考えるのが普通でしょう。

でも、
それはおそらく教科書や普通の文法書では
表記されていません。

だって、それは Native Speaker の意識の中にある
共通項、共通な感覚だからです。

それは、

どの使い方でも -ingは常に「生き生きとした躍動感」をあらわします。
引用元:一億人の英文法 著者:大西泰斗 ポール・マクベイ
(東進ブックス)

という部分です。

それぞれの使われ方によって、
日本語は、「~している・・・・」とか
「~すること」や「~している」というような訳になるのですが、
同じなのは「躍動感」なのです。

この部分はしっかり覚えておきましょう。

現在分詞ってなに?

・それでは、現在分詞ってなに?ということになります。

先に答えを言ってしまいましょう。

現在分詞とは、
形容詞の役割をする ing 形のことです。

形容詞の役割をするとは下記の例文のようなことです。
(形容詞とは、名詞に説明を加えるものだと理解しましょう。)

① a) Look at the swimming dog. / b) Look at the big dog.
※a) は「泳いでいる犬」 b) は「大きな犬」と言う意味で、
swimming が big と同じように dog(という名詞)に説明を加える
形容詞の役割をしています。

② Do you know the boys playing catch there?
※今度は①と場所が違いますが、「そこでキャッチボールをしている」
という playing が導く playing catch there が後ろから、the boys
(という名詞)に説明を加える形容詞の役割をしています。
→ 中3で学ぶ、現在分詞の後置修飾という表現方法です。

③ a) Ken is listening to music now. /  b)  Ken is kind.
※a) では「音楽を聴いている」という状態、b)では「やさしい」という
ケン(という固有名詞)について説明している形容詞の役割をしています。

このように、現在分詞とは、
ingの形を用いて名詞に説明を付け加えるもののことなのです。

それでは、

動名詞ってなに?

ということになります。

賢明なみなさんはもうお気づきでしょうか。
だって、「動名詞」という言葉の中にもうキーワードが
入っていますからね。

そうです、

動名詞とは、
名詞の役割をする ing形のことです。

現在分詞の時と同じように例文をあげて解説しましょう。

① a) I like taking a picture.  / b) I like pizza.
※a) は「写真を撮ること」 b) は「ピザ」というように
like の後ろに来て(目的語の位置です) 好きなもの・こと(名詞)を
述べています。

② a) Finishing this homework is difficult. / b) Math is difficult.
※a) は「この宿題を終えること」 b) は「数学」というように
主語の位置にきて、難しいこと(名詞)を述べています。

それでは、次の ing形は現在分詞でしょうか?動名詞でしょうか?

Q: My hobby is listening to music.

※これはよく中学生が間違う問題です。
結局、「名詞なのか、形容詞なのか」を考えればいいのですから、
listening to music は「何かに説明を加えているだろうか?」と
考えればすぐわかります。
解答は次回に。

それでは、ing形についてまとめてみましょう。

ing形についてのまとめ

・まず、ing形については
何も説明しませんでしたが、これは一番便利な言葉で、
その名前通り「~ing のかたちをしているものすべて」を
示します。すなわち、現在分詞も動名詞もその中に入ります

・そこを押さえるとこんな形になると思います。

~ing 形:「生き生きとした躍動感」~
①現在分詞(形容詞の役割をするもの、進行形含む)
②動名詞(名詞の役割をするもの、主語、目的語・補語の位置にくる)

とまとめたものの、
これがテストに出ることはまずないと思いますので、
頭の中が文法用語で混乱した時に使うぐらいの
ものでいいと思います。

さて、次回からは
このing形<生き生きとした躍動感>について
もっと詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする