23-ラジオ英会話 発言タイプ Review ⑩

1週間の「ラジオ英会話」の会話の原則の復習として
 Review をします。

それでは第 12 週 ( 6月 Week 4 )の復習です。
※6
月号の「タイトル」は、「動かす①」となっていて、
5月同様「発言タイプ」の学習をするので、
発言タイプ Review ⑩ とします。

発言タイプ Review ⑩

・ Week 12 は、発言のタイプ:アドバイスする⓷、約束する①〜③ を
学習しました。

◎今年度は「感謝したい」「頼み事をしたい」といった、発言のタイプ別
おすすめ表現を多数学びます。
※学んだ表現を上手に会話に生かすには、そもそも会話はどういった原則に
沿って行われるかの理解が欠かせません。
▶︎そこで、今月も「発言タイプ」について -「動かす」をテーマとしてます。

Lesson 56 発言タイプ:アドバイスする③ 意外な表現

アドバイスする③ アドバイスに使える意外な表現
▶︎今回は、少々意外な表現を学びましょう。
 [Key] Have you ever thought of becoming a history professor?
※あなたはこれまでに歴史学の教授になろうと思ったことがありますか。
👉「〜しようと思ったことがありますか」- アドバイスに使える表現です。
▶︎相手に想像させることで、間接的にそちらに向かうことをすすめています。
◎この後は、「仮定法」を用いた、上手なアドバイスを練習しましょう。
 
①「あなたの立場なら」とアドバイス
If I were in your shoes, I’d consider majoring in history in college.

If I were in your place, I’d consider majoring in history in college.
②「私があなたなら」とアドバイス – 肯定・否定どちらにも慣れましょう
If I were you, I’d be more frugal.
If I were you, I wouldn’t eat out all the time.
③相手の直面した状況を it で示し、仮定法でアドバイス
If it were me, I’d find another job,
If it were me, I’d get a bigger house.
If it were me, I’d ask more questions.

 

 

 

 

Lesson 57  発言タイプ:約束する① 約束の基本表現

約束する① 約束の基本表現
▶︎日常頻繁に使われる「約束」表現を学びましょう。

[Key] This will not happen again.
※こうしたことは二度と起こりません。
👉約束の決まり文句の一つ。
「起こりません→起こしません」と、「約束」になっています。
◎さまざまな表現を覚えましょう。

①最も簡単に「約束」を表すことができる will
I will be yours forever.
I’ll never leave you.
I’ll never do it again.
I’ll pay you back double.
– will の「未来はこうなります・未来にこうしたことをします」が「約束」に
② promise も、もちろん使えます。
I promise.
– I promise you that 〜. の形にも慣れましょう。
③大人ならの言い回し – 過度の期待を避ける表現
※ I’ll see what I can do, but I can’t promise anything.
※ I’ll see what I can do, but I’m not making any promises.

Lesson 58  発言タイプ:約束する② 固い約束

約束する② 固い約束
▶︎約束は約束でも、今回は「固い」約束の表現です。

[Key] You have my word.
※約束します。
👉この表現は、シリアスな響きを持つ「約束します」- promise より「固い」
▶︎「約束」は word によってなされるもの、それを相手に託す(have) ことから
強力な「契約関係」が生まれています。
◎その他の表現も学びましょう。

① give と word を使った「固い」約束
I give you my word.
– <約束を守る人だ> [He/She] is a [man/woman] of [his/her] word.
②「誓う」- swear, vow は、promise より「固い」
I swear I won’t tell anyone your secret.
I swear to be honest with you. / I vow to be honest with you.
– swear を使ったその他の表現:swear on [my honor / my grave / the Bible]
③「神に懸けて」cross my heart を使った表現
I cross my hear and hope to die. 
– hope to die は「約束をたがえた場合の代償」
I cross my heart.

Lesson 59  発言タイプ:約束する③ 保証する

約束する③ 保証する
▶︎発言内容が正しいことを「約束」する、保証に関わる表現を学びましょう。

[Key] Take my word for it.
※私が保証します。
👉 take my word は「私の言葉を take してください」for は「範囲」を表す使い方で、
for it は「そのkポトに関して」。全体で「信じてください・請け合います」と「保証」
を表します。
◎「保証しますよ」のいろんな表現を学びましょう。

① guarantee を使った表現。tee を強めて発音
I guarantee you that you won’t find a better deal.
– It is guaranteed that 〜. もよく使われる形。
② sure を用いて「保証」する表現
For sure we’ll arrive by nightfall.
I can assure you. – assure は「sure にする」ということ。
I assure you. 
③ その他の表現。動詞を覚えてよう!
※ The mailman comes every day at 10:15.
– You can bank on it.
▶︎ bank は「銀行にお金を預けることができる」ように、頼りにしていいということ。
– You can count on it.
– You can depend on it.
– You can rely on it.

 

発言タイプ Review ⑩ は終了!

中学校英語の基礎固め用のブログを作りました!
ブログ「5問で復習-中学校英語の基礎」

このブログは、
中学生を対象としたものです。
英語の基礎固めを目的として、
毎回のテーマに合わせた問題が
5問出題され、
次のページでそれに対する
解答・詳しい解説がなされる、
という構成になっています。
興味がある方は、
どうぞ訪問してみてください。

23年度ラジオ英会話23-語順のreivew
スポンサーリンク
keiをフォローする
英語の素 eigonomoto.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました