22-ラジオ英会話 11/8

昨日の「ラジオ英会話」の勉強内容です。
tweet で発信してきたものを、
ブログで、まとめたものです。
(基本的に、テキストに書かれているものは省略しています)

11月のテーマは形容詞・副詞

👉11月からは、形容詞・副詞について勉強をします。

Lesson 147  難易度を表す形容詞

👉 主語+be+[難易度を表す形容詞]+to 動詞句+□.
▶︎この□は主語と一致して、そのことが[難しい・簡単だ]ということを表す

Opening で

Roza
▶︎ Hey, everyone. Akino Roza here. 

Chris
▶︎ Chris McVay here. Nothing to add to that.

Dialogue で

 

 

 

 

How’s everything going?
👉さあ、ここの How’s everything going? この go というのは
その状況が進んでいくというわけですね。そうした流れを感じてください。
そうすれば、「調子はどうかな?」という、その訳がピッタリくるはずです。

② I like everybody, especially Mr. McAvoy.
👉 especially – これは何か非常に特徴的なものをつまみ上げて例示する、
そうした感触のある表現ですね。

③ He’s very strict with me.
👉さあ、strict という単語が出てきました。「厳しい・厳格な」という単語ですね。
そして「私と一緒にいて、そうした態度だ」というわけです。つまり、
「〜に厳しい・厳格な」be strict with – しっかりと覚えておきましょう。

④ I’ve noticed that.
👉さあ、ここで I’ve noticed – notice という単語が出てきましたけれども、
これは「気づく」という表現です。「あっ」と言って、自分の感覚が何かを
捉えるという感触がある – そうした「気づく」です。
「私はそうしたことに気づいていますよ」だから現在完了形です。

⑤ I need to be more efficient.
👉 efficient これは「手際・効率が良い・効率的な」という形容詞です。
しっかりと覚えておきましょう。

Practice 

.Chris
▶︎ OK, guys. Are you ready to practice?
Today it’s a bit tough, but I’m sure you can do well.
You just have to catch the rhythm, catch the rhythm and the order 
of the sentences. 

Roza
▶︎ And remember! Think in English.

Chris
▶︎  OK. Here we go!
・He’s often hard to please.
The gap takes us back to the subject. That’s the point here.
So get used to that. We’ll try this one more time.
・He’s often hard to please.

Roza
▶︎ Continuing on. It’s the same idea here.
・She’s difficult to fool. 
One more time.
・She’s difficult to fool.

Chris
▶︎ OK. Are you gradually getting the rhythm?
・Ken is impossible to work with. ×2

Roza
▶︎ And the last one.
・Lucy is tough to get close to.
One more time.
・Lucy is tough to get close to.

Chris
▶︎ Great! We think you’re easy to work with, guys.

Roza
▶︎ And you did a great job.

Ending 

Onishi
▶︎ Hi, guys. I have a question. What is the difference between “he’s easy
to work with” and “it’s easy to work with him”?

Chris
▶︎ Well, if you say, he’s easy to work with, the focus is strongly on 
the person, “he.” The personal character, personality. 
Whereas if you say, it’s easy to work with him, the focus is not on the person,
but the event, the actual talking.

Roza
▶︎ And also because in the first example, you’re saying, he’s easy to work
with, you’re focusing on him. This is also a lot closer in distance.
Because you’re putting emphasis on the person.

Words and Phrases

① add 
👉加える
② raise one’s voice at 〜
👉〜に向かって声を荒げる
③ gradually
👉段々
④ put emphasis on 〜
👉〜を強調する

 

これで、
Lesson 147 は終了!

中学校英語の基礎固め用のブログを作りました!
ブログ「5問で復習-中学校英語の基礎」

このブログは、
中学生を対象としたものです。
英語の基礎固めを目的として、
毎回のテーマに合わせた問題が
5問出題され、
次のページでそれに対する
解答・詳しい解説がなされる、
という構成になっています。
興味がある方は、
どうぞ訪問してみてください。

22年度ラジオ英会話ラジオ講座
スポンサーリンク
keiをフォローする
英語の素 eigonomoto.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました