「 文の種類 」一覧

スポンサーリンク
スポンサーリンク

文の種類~感嘆文

文の種類、最後は感嘆文についてです。感嘆文とは、何かに感動、強い印象・驚きをもって、相手に「そのことを強調して表現する」文のことで、「まあなんて〜!」のような意味になります。さて、感嘆文には what で始めるものと how で始まるものがありますが、その違いがわかるでしょうか。

文の種類~命令文②

文の種類、命令文の2回目です。前回は、命令文の基本を扱いましたが、今回は、命令文に何かを加えた表現を説明しています。Let's と命令文、please と命令文 などの表現について解説をしています。例文を示して、できるだけわかりやすく説明していますので、どうぞお読みください。

文の種類~命令文①

文の種類、今回から命令文に入ります。命令文は、相手に何かの行動をすることを強いる文のことで、「〜しなさい」否定形であれば「〜するな」のような意味になります。ここでは、どうして命令文は動詞の原形から始まるのか、否定の命令文の作り方、それを強調した表現などを説明しています。

文の種類~疑問文⑥付加疑問文

文の種類、今回は疑問文の最後で、「付加疑問文」についてです。付加疑問文は、前にある文に、疑問形を付け加えて、「〜ですね」と相手の同意や確認を求める文のことです。前にある文が、肯定文か否定文で、付加疑問文の作り方も違うので気をつけましょう。

文の種類〜疑問文➄選択疑問文

文の種類、今回は選択疑問文についてです。選択疑問文とは、複数あるうちのどれか1つを答えとして求める文のことです。例えば、「あなたは犬が好きですか、それとも猫が好きですか。」のような文のことです。この選択疑問文は、イントネーションが命で、イントネーションが違うと意味も変わります。

文の種類〜疑問文④否定疑問文

文の種類、今回は否定疑問文を扱います。否定疑問文とは、基本的には「〜ではないのですか」と否定形を用いて相手にたずねる文のことです。ここでは、否定疑問文がもつニュアンスや、生徒が日本語につられてよく間違える答え方においてもポイントを示して、わかりやすく説明しています。

文の種類~疑問文③基本疑問文3

文の種類、基本疑問文の3回目です。今回は、現在完了の基本疑問文とその答え方を取り上げました。 「現在完了」として注意すべき表現や、チェックしておきたい動詞の変化も明記していますので、確認してみましょう。現在完了に関してはこれとは別な部分で扱っていますので、そちらをお読みください。

文の種類~疑問文②基本疑問文2

文の種類、基本疑問文の2回目です。今回は、be動詞と一般動詞の基本疑問文の作り方、とその答え方を扱いました。be動詞と一般動詞の否定文、疑問文の作り方は全く違うので、そこも意識しながら読んでみてください。またできるだけ具体的な説明を例文とともに加えていますので、参考にしてください。

文の種類~疑問文①基本疑問文1

文の種類、今回から疑問文に入ります。疑問文さらに①基本疑問文②否定疑問文③選択疑問文④付加疑問文に分かれます。(WH疑問文については、もう別にブログで扱っていますので省略します。)初回は、「基本疑問文」についてです。まず「基本疑問文」とは何か、という説明から始まります。

文の種類~否定文②

文の種類、否定文についての2回目です。今回は、一般動詞と現在完了の否定文を取り上げました。前回と同じように、短縮形もしっかりと確認しましょう。また、語形変化で特に勘違いしそうなものも明示していますので、チェックしてみてください。時間のある方、どうぞお読みください。