21-「現代英語」7/29 The Wonderful Wizard of Oz

7/29 の『高校生から始める「現代英語」』の放送を聞いての勉強内容です。

🔴 今回の「現代英語」では、特別企画 – Summer Special として
2週間 – 4回にわたり( Day 1, Day 2, Day 3, Day 4 ) The Wonderful Wizard of Oz
(オズの魔法使い)を取り上げます。
※現代のファンタジー文学の源流の1つとなった名作を味わいましょう。

Day 1 – There’s a cyclone coming!

Opening その他で

Hannah Grace の部分だけピックアップしました。
● Opening
– Hi, I’m Hannah Grace. Thanks for joining us.

● The Wonderful Wizard of Oz について一言
– I’ve loved this story ever since I was a little girl.
I’m so excited to enjoy it with our listeners.

● The Wonderful Wizard of Oz の前説
– The story begins on a small farm in Kansas.
The little girl Dorothy and her uncle Henry are resting on the front porch.

● 最後に
– Thanks for joining us.
And tune in next time to see what happens to Dorothy next.

Words and Phrases

① wizard
👉(男性の)魔法使い, witchの男性版
▶︎witch「魔女」

② cyclone
👉熱帯低気圧、竜巻、サイクロン
▶︎一般的には台風のようなものを指すが、
アメリカの中央部では「竜巻」を指す言葉

③ stock
👉「在庫、ストック – ここでは家畜(livestock)」

④ cellar
👉「地下室、セラー」
▶︎竜巻から避難するために「地下に掘った穴」「シェルター」です。
竜巻が頻発するアメリカ中央部では、このような設備を持つ家が
多い。

⑤ trap-door
👉「跳ね上げ戸」
▶︎床にドアが作ってあり持ち上げると地下室へ入れる
ようになっている戸。落とし穴があるように見えるので、
トラップを連想する言葉です。

解説の中でチェック! 

🟠 the shreds where [the cows and horses] were kept
👉物語の地の文で、「過去形」で語られているので、
「乳牛と馬が飼われてい[る]小屋に向かって走った」とした方が
日本語らしい。
▶︎shreds と複数形になっているので、「牛小屋(the cows)」と
「馬小屋(horses)」のそれそれがあるかもしれません。

🟠 One glance told her of the danger 〜.
👉 無生物主語 (One glance) の文
▶︎「一度チラリと見ることが」- 「彼女に〜について語った」
※ここの of は「〜について(about)」

🟠 halfway across the room
👉
halfway は、どこかへ行く – 「(道の)半分のところに」「中間地点に」
▶︎「部屋を横切って半分のところで」

🟠 as if she were  going up in a balloon
👉 as if +仮定法過去「まるで〜であるかのように」
● – 過去形 (were) を使って、現実とは異なる仮定の話である
ことを示しています。
※ be動詞の場合は、was ではなく were を使うのが基本

The Wonderful Wizard of Oz について

作者 ボーム (L. Frank Baum) は『オズ』の続編を書き続けた

□作者のライマン・フランク・ボーム (1856 – 1919) は
・ニューヨーク生まれ
・さまざまな職業に就きながら全米を旅
・40代で童話作家として成功

□ The Wonderful Wizard of Oz は
・大ベストセラー
▶︎読書から続編の要望が殺到
⇨以後、ボームは亡くなるまで続編を書き続け、
『オズ』シリーズは計14巻に達しました。

反訳トレーニング

Step 1 

【日本語】
▶︎[何が]:奇妙なことが
▶︎[いつ]:それから
▶︎[どうした]:起こった。

🔴これを日本語に合わせて英語にしていきます。

👉 A strange thing [いつ]
👉 then [どうした]
👉 happened.

A strange thing 👉 then 👉 happened.

※「奇妙なことがそれから起こった。」

◎テキストとかなり日本語の並びを変えています。

Step 2 と Step 3

【日本語】
▶︎[何がどうした]:家が – ぐるぐる回った
▶︎[どのぐらい]:2, 3回
▶︎そして
▶︎[どうした]:昇った
▶︎[どのように]:ゆっくりと
▶︎[どこを]:空中を

🔴これを日本語に合わせて英語にしていきます。

👉 The house whirled [どのぐらい]
👉 two or three times
👉 and [どうした]
👉 rose [どのように]
👉 slowly [どこを]
👉 through the air

The house whirled 👉 two or three times 👉 and 👉 rose 👉 slowly
👉 through the air.

※「家が2、3回ぐるぐる回った、そしてゆっくりと空中を昇った」

◎テキストとかなり日本語の並びを変えています。

 

 

 

 

 

これで、
The Wonderful Wizard of OZ  Day 1 は終了です。

中学校英語の基礎固め用のブログを作りました!
ブログ「5問で復習-中学校英語の基礎」

このブログは、
中学生を対象としたものです。
英語の基礎固めを目的として、
毎回のテーマに合わせた問題が
5問出題され、
次のページでそれに対する
解答・詳しい解説がなされる、
という構成になっています。
興味がある方は、
どうぞ訪問してみてください。

ラジオ講座21年度 現代英語
スポンサーリンク
keiをフォローする
英語の素 eigonomoto.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました