助動詞の復習問題〜can③

今回は、助動詞 can について3回目です。

can には「能力・可能性」を示す意味もありますが、
「許可」を表す意味もあります。

今回は、
この「許可」を示す can について確認していきます。

確認しよう~「許可」を表す can

can には、
①「~してもよい」という許可を表す意味 もあります。

・ここから、
②「~してはいけない」という不許可を表現するときは、
☞ can’t / cannot を用います。

・また、中学校の教科書で必ず扱われる
③「~してもいいですか」という許可を求める言い方は、
☞ Can I ~? です。
【答え方】
許可する場合・・・・Yes, of course (you can). Yes, please. Sure.
許可をしない場合・・I’m afraid you can’t. I’m sorry, you can’t.

※「能力・可能」を示す「~ができる」との違いは、「文脈」の中で判断します。
また、「許可」を示す助動詞には、may もありますが、can は may より「口語的」な表現です。

今回の5問です。

may を用いないで、①~⑤の日本語を(  )内の条件に合うように英語にしなさい。

①必要なら<あなたは>私の自転車を使ってもいいです。
( it を用いて9語で)

②ここでは窓を開けてはいけません。
( you を用いて6語で)

③今このウサギに触ってもいいですよ。
( you を用いて6語で)

④あなたに質問してもいいですか。
(6語で)

⑤※④の答えとしてー「ええもちろん」
(3語で)

ここから、「今回の5問」の「解答編」と「解説編」に入ります。
どうぞ、問題に挑戦してからご覧ください。

can③ の解答です。

① You can use my bike if you need it.
(または、If you need it, you can use my bike.)

② You can’t open the window(s) here.
can’tcannot でもOK

③ You can touch this rabbit now.

Can I ask you a question?

⑤※④の答えとして
Yes, of course. / Yes, you can.

各問題のチェックポイントです。

①のチェックポイント
・主語は you で、動詞の部分は「使ってもいい」なので can use (my bike) です。
・「もし~ならば」は、接続詞 if を使って、if 主語+動詞~ の形になります。
☞ if you need it または、文の最初に持ってくると If you need my bike となります。

②のチェックポイント
・主語は条件から you で、動詞の部分は「開けてはいけません」の不許可なので、
can’t (cannot) open となります。ここで「窓」の数は想定できないので、the window で複数形の the windows でもOKです。
・最後に場所を示す here を置きます。

③のチェックポイント
・主語は条件から you で、動詞の部分は「触ってもいい」で許可を示すので、can touch this rabbit となります。
・最後に時を示す now を置きます。

④のチェックポイント
・「~してもいいですか」と許可を求める言い方なので、Can I ~?の表現を使います。
・「あなたに質問する」は「あなたに質問をたずねる」と考え、ask you a question とします。※ ask は「ask +人+もの」のように目的語を2つとる動詞です。
・最後にクエスチョン・マークを忘れずに。

⑤のチェックポイント
・④に対する答えで「3語」なので、Yes, of course. または Yes, you can. などの答えになります。( Yes, please do. でもOK)

今回はここまで。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする