助動詞の復習問題〜can②

今回は、助動詞 can の2回目です。

cna①では
「能力・可能」を表す:「~ができる」
ーと言う意味をもつ場合の問題に挑戦しました。

can の過去形は

この can には
「過去形」もあります。

・can の過去形
could = was / were able to +動詞の原形:「~できた」

今回は、こちらの表現に関する問題に挑戦しましょう。

今回の5問です。

①~⑤のそれぞれの問いに答えなさい。

①「エミはとても速く泳ぐことができました。」を7語で英語にしなさい。

①の英文を否定文にしなさい。

①の英文を疑問文にしなさい。

③の疑問文に対して、「いいえ」と3語で答えなさい。

①の日本語を別な表現を用いて5語で英語にしなさい。

ここから、「今回の5問」の「解答編」と「解説編」に入ります。
どうぞ、問題に挑戦してからご覧ください。

can② の解答です。

① Emi was able to swim very fast.

② Emi was not (wasn’t) able to swim very fast.
(エミはあまり速く泳げませんでした。)

Was Emi able to swim very fast?
(エミはとても速く泳げましたか。)

④ No, she wasn’t.

⑤ Emi could swim very fast.

各問題のチェックポイントです。

①のチェックポイント
・主語は Emi で、動詞の部分は語数から could ではなく was/were able to を用います。
→主語が3人称単数なので、was を使い was able to swim を使います。
・「とても速く」は、very fast と表現します。

②のチェックポイント
・①の “Emi was able to swim very fast.” を基にしsて考えます。
・be動詞 was の否定文となりますので、was not able to +動詞の原形で表現します。
・was not の短縮形は wasn’t です。

③のチェックポイント
・①の “Emi was able to swim very fast.” を基にして考えます。
・be動詞 was の疑問文になりますから、Was +主語+able to +動詞の原形~?で表現します。
・疑問文ですので、最後はクエスチョン・マークです。

④のチェックポイント
・③の “Was Emi able to swim very fast?” を基にして考えます。
・③に対する答えですから、Emi の代名詞 she と was を用いて答えます。
・「いいえ」で3語なので、短縮形を用いて No, she wasn’t. となります。

⑤のチェックポイント
・① “Emi was able to swim very fast.” の別な表現ですから、was able to を別な表現に変えます。
・can = be able to から、be動詞が過去形の was となっているので、can も過去形にして could を用います。→ could +動詞の原形 となります。

今回はここまで。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする