「 3学期 」一覧

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2学年の3学期に押さえたいポイント③

2学年の3学期に押さえたいポイント、第3回目。今回は、「最上級」についてです。-est がついた最上級、長い単語の場合の最上級、不規則な変化をする最上級、または最上級を強調する言い方、注意するべき表現などを網羅しています。どうぞお読みになって、参考にしてくだされば大変うれしいです。

2学年の3学期に押さえたいポイント②

2学年の3学期に押さえたいポイント、第2回目。今回は、「比較級」についてです。-er がついた比較級、長い単語の場合の比較級、または2者の差を表現する言い方、注意するべき表現などを網羅しています。どうぞお読みになって、参考にしてくだされば大変うれしいです。

2学年の3学期に押さえたいポイント①

2学年の3学期に押さえたいポイント、第1回目です。2学年の3学期では、どの教科書でも「比較」を学ぶようで、特に重要な表現です。今回は、そのうちの「同程度」を表現する as 〜 as を取り扱っています。また、as 〜 as を用いた注意するべき表現についても説明していますので、どうぞお読みください。

1学年の3学期に押さえたいポイント③

1学年の3学期に押さえたいポイントの3回目。今回のテーマは、「過去形」なのですが、その前に中1でどのように英語で表現が広がり、豊かになったかについて簡潔に述べています。過去形については、「規則動詞」の過去形に限定して、肯定文・否定文・疑問文とその答え方について説明しています。

1学年の3学期に押さえたいポイント②

1学年の3学期に押さえたいポイント、第2回目。今回は、現在進行形がメインテーマなのですが、それにからんで、英語における「時」表現の全体像を簡単に説明してます。そして、その中で、「現在進行形」とは、どのような「時」を表現するのに用いる形なのかを考察しています。どうぞお読みください。

3学年の3学期に押さえたいポイント⑤

3学年の3学期に押さえたいポイント、5回目です。今回は、教科書の有機的な活用の仕方、というテーマで話を進めて行きます。特に3年生の後半はプリント学習が中心になりがちですが、それを教科書の付録の読み物を効果的に活用することにより受験対策もできるのでは?というお話です。

3学年の3学期に押さえたいポイント④

3学年の3学期に押さえたいポイントの4回目。今回は間接疑問文です。間接疑問文とは、その名前通り間接的な疑問文のことなのですが、もっとわかりやすく言うと「疑問文」が他の文の一部となってしまった文のことです。日本語だけではわかりにくいので、詳しくは記事の例文とその説明をお読みください。

3学年の3学期に押さえたいポイント③

3学年の3学期に押さえたいポイント、3回目。前回は「主格」でしたが、今回は関係代名詞の「目的格」に焦点を絞っています。「目的格」とは、その関係代名詞が「説明文」の中で「目的語」の働きをするという意味で which と that がありますが、そのことについて具体的な例文を示して説明してます。

3学年の3学期に押さえたいポイント②

3学年の3学期に押さえたいポイント、2回目です。今回は、次回に続き、関係代名詞を扱っていますが、そのうちの「主格」に焦点を絞っています。「主格」とは、その関係代名詞が「説明文」の中で「主語」の働きをするという意味なのですが、そのことについて具体的な例文を示して説明してます。