「 中学校ー問題 」一覧

スポンサーリンク
スポンサーリンク

助動詞の復習問題〜should

助動詞の復習問題の最後、今回は should を取り上げます。should は「〜すべきである、〜した方が良い」という意味で「アドバイス」をするようなニュアンスがあり、よく使われる言葉です。否定文、疑問文での形も、問題を通して確認しましょう。

助動詞の復習問題〜shall

助動詞の復習問題、今回はshall を取り上げました。shall は「相手の意向をたずねる」shall を覚えておきましょう。特に、Shall I 〜?と Shall we 〜?の形で用いられますが、そのニュアンスの違いは、主語が I と we の違いでわかるようになっています。答え方もしっかり確認するようにしましょう。

助動詞の復習問題〜may①

今回から、助動詞 may に入ります。中学校では May I 〜?の表現が一番よく使われることからもわかるように、may には「許可」を表し「〜してよい、〜してさしつかえない」という意味があります。なお、May I 〜?とほぼ同じ意味で Can I 〜?という表現もありますが、may の方が堅苦しい表現です。

助動詞の復習問題〜must③「疑問」

今回は must の疑問文を扱っています。中学校の段階ではあまり must の疑問文はあまり出てきませんが、出てきても 主語が I の疑問文です。それは must が「義務・必要」を示すので、主語が you や she などであれば、主語にものすごい高い「圧力」を加える(強制力の高い)表現になるからだと思います。

助動詞の復習問題〜must②「否定」

助動詞 must は「否定文」の形になると「意味」に注意です。しかも、前回で must は have/has to とほぼ同じ意味だと話しましたが、何と「否定文」にすると意味が変わります。must → 否定形 must not だと「〜してはいけない」という強い禁止を意味しますが、have/has to 〜を否定文にすると・・・

助動詞の復習問題〜must①

今回から 助動詞 must を扱います。must は基本的に「義務・必要」を表す助動詞で、中学校2年生に学ぶことが多いようです。また助動詞は「別な表現」もできるものが多く、must も have/has to +動詞の原形、で書き換えられます。それでは問題に挑戦して must の基本を確認しましょう。

助動詞の復習問題〜will③

助動詞の復習問題、will の3回目です。今回は、依頼を表現する Will you 〜?を取り上げました。Can you 〜?の can を過去形にして Could you 〜?にすると、さらに「丁寧な」依頼を示すのと同じように、Would you 〜?になるとさらに「丁寧な」依頼の表現となります。問題で確認して見ましょう。

助動詞の復習問題〜will②

助動詞の復習問題、will の2回目です。will は「未来」への「思いや考え」を表現する助動詞なので、「思い」の部分が強調されると、それは主語の「意思」を意味することになります。これを専門的な言葉で言うと「意思未来」と呼びます。それではこの使い方のwill の問題で確認していきましょう。

助動詞の復習問題〜will①

助動詞の復習問題、今回からは will を使います。助動詞の基本的な役割は、現実や事実そのものでなく「心や頭の中で思ったことや考えたこと」を表現することなのですが、wil はそれが「現在起こっていない」未来のことを言及します。このように「時制」の表現に関わる助動詞なので、他の助動詞との組み合わせて使われることもあります。

助動詞の復習問題〜can④

助動詞 can の復習問題の4回目。今回は、Can you 〜?を取り上げています。Can you 〜?にはもちろん「〜できますか。」と相手に「能力」を問うこともできますが、文脈によっては別な表現にもなります。それは一体何でしょう?

助動詞の復習問題〜can①

助動詞の復習問題の第1回は、can を扱います。助動詞は現実や事実そのものではなく「頭や心の中で考えたり思ったりすること」を表現できる便利な言葉です。その中でもcan は中学校で一番最初に出てくる助動詞で、「能力・可能」を表し「〜することができる」という意味をもちます。